引きこもり生活31日目(月曜)

本当にだらけている。上の子は11時過ぎにしか起きてこない。半日パジャマで過ごしても違和感も感じない。もう31日目だ。社交を断って。

ドイツの私の住む州では、明日の会議で来週から学校再開になるのか決まるはずだ。ママ友との間では、受験生が高学年だけ再開するんじゃないか、とか、時間差で学年ごとに再開するのではないかとか、言っているけど、どうなるか分からない。夏まで学校が始まらなくても仕方ないなと、心の何処かで思っている。

昼ごはんはチャーハンだけ作って、あとは昨日のバーベキューの残り物を食べた。ポテトサラダやクスクスも残っていたし、お肉も余っていた。5人十分お腹いっぱいになった。

散歩かサイクリングに行きたいと思ったけど、子供達は皆、「今日はどこにも行きたくない。家でだらだらしたい」と言い張るので、結局私は一人読書をした。英語の本を2冊と日本語の本と1冊同時に読み進めている。

午後遅く、日本の母親に電話した。母は遅くまで起きているので、日本の夜遅い時間帯がちょうどいいのだ。父は早くに寝付くので、夜が母一人の大事な時間。いろいろな習い事がすべて休みになって、散歩くらいしか出かける用事がなく、つまらないと言う。でも、声が元気そうで安心した。

夫の生前は週に3、4回は母親に電話していた。母はどちらかと言うと聞き役なので、私が近況を話しまくって、それを聞いてもらうと言う感じだった。夫がなくなった後は、私の日常がつまらなく、私自身楽しくなく、話すこともないような気がして、母に電話かけることが億劫、というか、気持ちが乗らなくなっている。だから、この数年は月に2、3回しか電話していない。週に何度も、子供達の写真をラインで送ったり、短いメッセージをやりとりしたりはしているけど。

母は何も言わないけど、夫の死後、明らかに激減した私の電話の回数をどう思っているのだろうか?

今は、コロナ情報を交換したり、子供達が全員家にいるので、子供たちと会話させたりして、電話の頻度も少し増えたような気もする。

電話の後、末っ子がパーティーをするから自分の部屋に集合して、というので、みんなで集まった。末っ子の部屋は本当にものがいっぱいでごちゃごちゃしている。上の子供達がいらないものを全部彼女にあげて、それを全部キープしたがるのだから、当然だ。5人で彼女の部屋にいると、息苦しくなるほどなどだが、音楽をかけて踊りまくる末っ子に付き合い、皆それぞれ踊った。(スペースがないので、踊るふりをしただけだが)上の子達からの影響で、今流行っているポップ音楽をよく知っていて、空で歌える末っ子。英語の歌もドイツ語の歌も軽く歌いこなすのを見て、微笑ましく思いながら、ごちゃごちゃの部屋に小一時間。やっぱりこの部屋、もう一回大掃除しなきゃダメだ、先月やったばかりなのに、と心の中で思う。

夜ご飯は、ポテトとネギのスープにパン。やっぱり手抜きだ。

夜はだらだらみんなで「ナルニア」のDVDを見てカードゲームして就寝。

我が家は今日は割と平和だった。

引きこもり生活30日目(日曜 復活祭)

今日はイースター(復活祭)だ。本来だったら、教会に行き、そして、家族親戚で集まる日。ドイツに来てからは、毎年イースターは親戚一同で食事に出かけるのが恒例になっていた。でも、コロナのせいで、今年は、もちろんそんなことはできない。

朝はオンラインで教会の礼拝を聞いて、普通に家事。その後、庭に卵の形のチョコレートを隠して、子供達が探す「エッグハント」をやった。これは、もうイースターのお決まり。大きな庭じゃないけど、鉢植えの植物の枝の上や、滑り台の下などいろいろなところに隠して、みんなで競争で探す。子供達は、隠す役もやりたくなって、交互に隠す役と見つける役をするので、結構な時間がかかる。隠す場所も限られてるから、ほぼ同じところになるのに、それなりに盛り上がる不思議。

お昼ご飯はパンかご飯で適当にそれぞれ済ませることに。だって、今日の夜はバーベキューだから。

末っ子のインラインスケートの練習に付き合った後、みんなでパパのお墓へ。墓地には共用で使えるジョウロがあるのだが、それを私が当たり前のようにとったら、長男が「信じられない、誰が触ったか分からないのに。気をつけてよ、ママ、ゴム手袋してないし」と言う。私は、もう最近ゴム手袋よりも自分で気をつけて手洗いしたほうがマシだと思っているし、いつも買い物などなどで、だいぶ慣れて来たから「ママは気をつけてるから大丈夫」と答えた。夫のお墓へは木曜に行ったばかりなので、お花はまだ綺麗だったので、キャンドルだけを灯して、緑の部分に水をやって、ジョウロを戻した。そしてすぐに手を除菌。これで運転できるでしょう、大丈夫だよ。と長男に説明。

家に戻り、義父母と電話でイースターの挨拶を交わし、バーベキューの準備。今日はイースターだし、少し豪華にいきたい。クスクスサラダにアボカドディップ、ポテトサラダも作って、ガーリックブレッドも用意。お肉も今日は豪華に5種類だ。ほとんどマリネされているので、ソース類はそれほどいらない。

家族だけのこの日々も今日で30日目。兄弟喧嘩もあるし、特に、長女のストレスは大きいようだけど、バーベキューはやっぱり楽しい。外で食べるのは楽しい。結局昔話や笑い話がいっぱい出て、いい夕べになった。

明日もイースターの次の日で祝日。スーパーなども明日も閉まっている。子供たちと仲良く散歩でも出来ればいいな。兄弟喧嘩が減りますように。

引きこもり生活19日目(水曜)

いつもより早く目が覚めたので、午前のうちに色々なことを片付けることができた。さてゆっくりお昼ご飯の準備をしようかと思っていたら、ドイツ人の親友から電話があって、一気に話し込んでしまい、気がついたら1時間。おかげで、ゆっくりお昼ご飯の準備じゃなくて、バタバタで簡単にできるものに変更。だけど、友達と話せて嬉しかった。やっぱり大人との会話に飢えている。来週は、二人で散歩に行こうということになった。もちろん、ハグはなしで、適度な距離をとって、だ。

結局お昼ご飯は、ジャガイモとネギのスープにパン。これ、子供向きじゃないと思うかもしれないけど、末っ子も大好きなメニュー。トロッとしたスープは美味しい。というか、私はスープなら大抵なんでも好きだ。

昼食後、全員でパパのお墓へ。昨日買っておいたお花を植えて、キャンドルを添えた。5人でお墓に行くのはクリスマス以来かもしれない。

そのあとは、一人でじっくり志村けんさんの追悼番組をネットで見た。いしのようこさんの肌が相変わらず綺麗で見入ってしまった。もう50歳超えているはずなのに。美しい。子供ながらに、この二人は仲がいいなぁ、付き合っているんだろうなぁと思っていた記憶がある。8時だよ全員集合の記憶もあるけど、志村けんのだいじょうぶだぁや、カトちゃんけんちゃんテレビの方がどっぷりはまっていたかもしれない。

夜ご飯は、二種類のパスタ。ニョッキはオリーブオイルと塩で炒め焼き。これが美味しい。あとは、買っておいたラビオリを手作りのトマトソースで。これにサラダで満腹。

結構シリアスな映画が見たい気分で、子供達を誘う。トムハンクスのCast Awayを見た。もちろん下の二人は年齢小さすぎるけど、適正年齢は12歳以上となっていたけど、まぁ大丈夫だろう、と思って見ていたら、末っ子はやっぱり怖がってしまった。冗談言いながら、ごまかしごまかし見ていたら、末っ子も気が紛れたようで、まぁ、大丈夫。でも、今夜はお姉ちゃんと一緒に寝るらしい。兄弟の年齢差があるので、こういうとき、ついつい上の子に合わせてしまって、かわいそうな末っ子。この映画の後、ミスタービーンのエピソードを一話だけ見て、大笑いして、ちょっとスリリングだった最初の映画の記憶をチャラにした。はず。

あ。お墓参りの時に気づいたんだけど、マスクをしている人の率が高くなってきました。2割くらい?これまでは私もまだ一回もしてないんだけど、一応我が家もマスクは買っています。でも、念のために、自分でも作ろうと思っています。あしたはまずはマスク作りからスタートかな。

コロナのニュースを見る時間を自分なりに減らしています。ちょっと気持ちが落ち着いてきました。

子供のお泊まり会

ドイツの学校は早く終わるので、家で過ごす時間がとても長い。習い事をそれぞれやっている子供たちだが、何も予定のない日は、お友達と遊ぶ。

ケータイを持っている上の3人の子供達は、自分たちで勝手にやりとりして、遊ぶ時間や場所を決めるが、まだ小さい末っ子は家の固定電話に電話して遊ぶ約束をとりつける。

自分の意見をはっきり言うことを求められることが多いと感じるドイツ。子供でもはっきりハキハキ電話してくる子供が多い。

「もしもし? 〇〇だけど、今日、〇〇(うちの子)と遊びたいの。そして、お泊まりもしたいの」

こういう電話もザラだ。まだ小さいので、ママに代わってもらって、話す。

「いいですよ。うちの子も遊びたがってますし、お泊まりも大丈夫です」

絶対にうちの子が、向こう様に行くのだろうという前提で、私は話している。だって、向こうから電話があったのだから。

向こうのママが言う。「あぁよかったわ。うちの子供も嬉しがってる。じゃあ、どちらの家にする?うち?それともあなたのところ?」

となる 笑。

遊びたい、泊まりたい、と言うことを尋ねられたのであって、どこで遊ぶか、泊まるかは、また別問題なのだ。

最初の方は、結構これにびっくりしたが、いまではすっかり慣れっこだ。

「今日はちょっと他の子供たちの送り迎えなどあって、忙しいから、うちでは無理だから、そちらでお願いします」とあっさりお願いすることが多い。

今夜は、でも、うちに末っ子のお友達が泊りに来ている。しかも、初めてうちに泊まりに来る子だ。

みんなしっかりしてるなーと思う。そして、うちの子供もどんどんたくましくなってるなーと感じる。

子供のお友達が来てる時は、みんな機嫌よく、兄妹喧嘩も減るから、私のストレスも少ない。今夜は一人で映画も一つ見れた。週末のちょっとした贅沢リラックス気分。