だいぶ遅れてコロナの結果がわかった

ようやく娘のコロナ検査の結果が出た。

陰性 でした。

ほっ。

子供達の学校では、冬に向けて、確実にコロナ感染が増えて陽性者が学校内で出て、学校閉鎖になることが確実に見込まれるということで、オンライン授業へ向けて着々と準備が進んでいる様子。春のロックダウン(ドイツは半ロックダウンだったけど)中は、オンラインレッスンといっても、課題が渡されただけだったけど、今回はちゃんとした授業をオンラインでも可能にしたいようだ。

近くの学校でも2週間閉鎖しているところがあるし(教師に感染者が出たため)、いつ閉鎖になってもおかしくない。

コロナの話題が収まるのはいつだろう。

母の日

イギリスの母の日は3月だけど、ドイツは日本と同じで今日だった。日本の母には、アマゾンからお花とお菓子のセットを送っていた。土曜には着いて、母が嬉しそうに電話をくれた。

昨日は長男が家の前のスーパーに9週間ぶりに出かけたので、明らかに何か私に買ってくれたんだな、とわかったけど、子供達協力して隠したようで、今朝まで私は全く知らなかった。

9時に末っ子に起こされてリビングに降りると、子供達4人で朝ごはんを作ってくれていた。スクランブルエッグにアボカドディップにトマトの炒め物。私が毎朝のむティーもだ。嬉しい。

そして、リビングのテーブルに見えた大きな大きなバラの花束!これを昨日買ってくれてたんだ!カードや素敵な絵ももらって、幸せな気分。「最高のママ」「世界でいちばんのママ」「ずっと大好きだよ」こんな歯の浮くようなセリフもカードにしてくれるとすっと入ってくる 笑。ありがとう。

ドイツのコロナ規制は明日からまただいぶ緩和される。バーやクラブ以外の飲食店、ジムも再開。老人ホームや病院へのお見舞いも、許可だという。ダンススクールも再開するらしく、私も、ダンスパートナーのおじさんと9週間ぶりに会うことになるかな。学校も始まるということで喜んでいたけど、時間差少人数に分かれての登校で、結局夏休みまでわずか数回しか学校には行かないことが発覚。ほんと、大丈夫なのかな。

これまでは3人以上で会うのは禁止だったけど、明日からは二つの家族が会うことがオッケーに。義父母にも親戚や友達にも家族単位で会うことができるようになるということ。だけど、やっぱりちょっとまだ不安。感染者数が増えたら、すぐに閉鎖、緩和キャンセルになるそうだし、しばらく様子を見る感じかなと思う。

引きこもり生活33日目(水曜)

学校は結局来週再開にはならなかった。5月初旬までは閉鎖。その後も、それぞれの学校の最終学年のみの登校からスタートするらしい。他の学年は、本当にもしかしたらずっと閉鎖のまま夏休みに入るかもしれない。

ネットニュースで成田空港に段ボールベッドが設置されたと知り、びっくり。私たちは夏の飛行機を予約している。成田からの国内線に乗り換える必要もある。今の段階では、私たちは成田空港で足止め。検査の結果が出るまでは、ホテルか空港の段ボールベッドで待機。そして、万が一陽性反応が出れば、成田でそのままホテル隔離だろう。こんな状態じゃ帰れない。高齢の両親に感染させてもダメだし、今年の帰省はできないだろうと思う。私たちの日程の飛行機はまだキャンセルできないけど、どうやら特別措置で、変更キャンセルも可能のようだ。両親も残念がっているけど、こればっかりは仕方ないね、ということで全員納得。それにしても、今もこんな状態で家にいて、夏もどこにも行けなかったら、本当にどうなってしまうんだろう。

お昼ご飯はソーセージとマッシュポテトとベイクドビーンズ(大豆のトマト煮)、私は全く好きじゃないけど、子供達は喜ぶし、簡単なので月に1回くらいは作る。

午後は、子供たちを残して、私は、ドイツ人親友と散歩へ。車で10分運転して、彼女の住む町へ。そんなに離れてないのに、結構な広大な林と畑が広がり、1時間20分ほどゆっくり散歩しながら話すことができた。やっぱり大人との会話に飢えている。会えてよかった。

機嫌よく家に戻ると、長男と長女がサイクリングに行きたいというので、送り出す。次女と末っ子の三女は庭で、庭のおもちゃを大掃除したいという。みんな体が鈍っていて、何かしたいのだろう。

私も庭に出ると、まだまだ日も出ていて暑くなり、夕ご飯はパスタを変更して、冷やし中華に。といっても、麺は普通のスパゲティ。これに重曹を入れて茹でると、少したまご麺っぽくなるのは、海外組の隠れ技だ。ハムと薄切り卵と、きゅうりとトマトに、紅生姜。タレは醤油、砂糖、お酢、ごま油で。これが想像以上に子供達に受けた。私もすごく美味しかった!安上がりだし、これは暑い日にはもってこいだ。

夜、子供達は2階でハリーポッターを見て、私は日本人友達と4人でオンライン飲み会。そのうちの一人は年に数回しか会わないけど、よくしてもらっている、60歳を超えた男性だ。一人で寂しくしているだろうと思って声をかけたら、喜んで参加してくれた。ラインビデオ電話で、写真を加工しながら大笑いで飲み笑い、意見を交換していたら、あっという間に24時。今日は大人にいっぱい喋れて嬉しかった。明日は子供達孝行しよう。

引きこもり生活5日目(水曜)

昨日、まだ店もカフェも空いていて、街は賑わっていると書いたが、日に日に状況が変わっていっていて、あっという間に、全てのお店、レストラン、カフェが閉まることになった。公園、動物園も閉鎖だ。

ガソリンスタンド、スーパー、薬局、銀行のみが営業できる。

本当に、どうなってしまうのだろう。見えないウイルスに怯える日々。

とはいえ、今朝は学校からの宿題を終えたあと、パスタサラダ、アボカドディップ、バゲットなどを自転車に詰めて、近くの芝生までピクニックに出かけた。もしかしたら、こんなこと、もうしたらいけないのかな?と思ったけど、そこまでは制限されていない。思ったより肌寒かったけど、やっぱり、こういうことでもしないと、気が滅入る。

家に戻ってからも、庭仕事をして、友達とひたすらワッツアップ(こっちのラインのようなもの)でやりとりした。みんなコンタクトに餓えている。近々オンラインで飲み会をしようと盛り上がった。本当、会えないって辛い。わたしは、家で大人が一人なので、本当に気が滅入る。

あ。今朝、少しだけスーパーに行ったら「できればカードで支払ってほしい」と言われた。コロナ以来、こちらでは手袋をするレジの人が増えたが、それでも、接触を避けるために、現金のやりとりではなく、カード支払いを推奨する政府の意向らしい。本当に徹底している。

書き忘れていたが、もちろん、ダンススクールも休校。パーティーは延期だと言われたけど、中止になってもおかしくない。先が見えない。おじさんとは時々ワッツアップでメッセージをやりとりしている。告白の返事はしていない。多分、断るだろう。こういう騒動の最中に心が動かない、ということは、わたしはやっぱり好きでは好きではないのだろうから。

長男がわたしに聞いてきた。「ママの小さい時とかにも、こういうことあった?」

「いや、こんな経験本当に初めてのことだよ」

同じ質問を電話で義母にもしていたが、義母も「長く生きてきたけど、こんな経験をしたのは初めてだ」と答えたらしい。

歴史に残るような一大事の真っ只中にいる。亡くなった夫はこのコロナ騒動のことも知らない。夫が知らないことが増えていく。私一人で経験することが増えていく。

引きこもり生活4日目(火曜)

社交を控え、なるべく外出しないで過ごしましょう、と言われて4日目。今日は、まず先日の義母の誕生日に買ったプレゼントを返品しに行った。義母の好きそうな洋服を買っていたのだが、コロナのせいで、高齢者は子供に会うべきではないというわけで、私たちは遠慮して行けなかった週末のささやかな誕生会。そして、どうやら子供を通して私も危ない、と思っているようで、パニックになっている義父母は私とも当分会えないという。電話は毎日かかってくるけど、2週間後に会いましょう、というばかりだ。

万が一プレゼントの服が合わなかったら、返品可能な時期が過ぎてしまうと思い、今のうちに商品券と交換しようと、店に。あっさり替えてもらって、その近くの小さなスーパーに寄った。いつも以上の賑わいで、特にトイレットペーパーはお一人様二つまで、と書き置きされていた。こんなの初めてだ。

その後、給油して家に戻って、子供達と庭で遊んだ。少し風は強かったけど、フレンチトーストとサラダのランチを庭で食べた。そのあとはゆっくりしようかなと思ったけど、体もなまっているし、サイクリングに行くことに。

末っ子はのろのろスピードだけど、街の中心部まできた。街の賑わいは通常ほどではなかったけど、私が想像していた以上の人が普通に街をうろうろしていた(笑)

ただ、店内のお客さんの人数を制限しているようで、(5人以上同じ空間にいるべきではない、と聞いた)いたるところで行列ができていた。

それでも、カフェにはまだまだ普通にお客さんがいたし、芝生に座り込んで喋り込む若者もいっぱいで、まだまだそれほど危機感が街に溢れているとは思えなかった。

とはいえ、帰りに近所の人に会って、しゃべっていたら、彼女は税理士事務所で働いているのだけど、この騒動で、自動車学校も休み、エステやマッサージの人も休みで、彼女の顧客は収入が一気に減って大変な思いをしているという。

夜ご飯は、豚の角煮と野菜炒めにした。ドイツは豚肉が一番美味しい。そして一番安い。だから、我が家の食卓には頻繁に登場する。逆になかなか美味しくないのが牛肉だ。牛はミンチで買うか、たまに奮発してステーキ肉でローストビーフを作るくらいだ。

子供達はネットで送られてくる課題をこなしている。皆文句言わずにやってるが、「新しいことを習っているという感覚がない」と次女が言った。そりゃそうだろう。きっと復習の繰り返しなのだろうし。

「やっぱり学校が恋しいな」と全員一致の夜。アマゾンプライムで「インスタントファミリー 本当の家族見つけました」を見た。

引きこもり生活3日目(月曜)

引き続きコロナのことでみんな混乱。今朝はドイツ人の一番仲良しの女友達と長電話。本当なら、毎週月曜の午前は彼女と会うのだが、コロナで社交が自粛されているので自主的にキャンセル。代わりに長電話した。同じような、もやもやとした混乱、この状況について意見を交わした。

ここからニュースを見ているだけだと、日本はうまくなんとかやっている気がする。症状がある人のみ検査しているのか、感染者数もとても少ない。ドイツはあっという間に2000人を超えた。

イタリアやスペインのように病院がパンクしたり、完全に外出禁止、というような事態にはなって欲しくないけれど、ドイツ人友達と話せば話すほど、こちらでも時間の問題のような気がしてきた。国境を部分的に閉じたとはいえ、こちらは大陸。日本のような島国ではない分、いろんな人が入ってくるし、感染が増えるのだろう。そして、コロナウイルス自体も感染力を強めているのかもしれない。

あくまで素人の私と周りの友達との会話での話だけど。全て。

というわけで、プール、ジム、サウナ、映画館、ショッピングモールが全て閉鎖になる。レストランの営業が制限されるのも時間の問題だろう。

スーパーマーケット、薬局、銀行、ガソリンスタンドだけは閉鎖しません、と報道された。それらが閉まったら、本気で困る。

今日は下の子は、近所のお友達のお宅で遊んだ。次女は友達とサイクリングへ。長男は友達の家にお泊まりだ。まだまだ平和に見えるが、買い物に出かけたら、スーパーからまた色々なものが消えていて唖然とした。トイレットペーパー、小麦粉、パスタ、トマト缶、保存のきくミルクなどなどはもう全くなかった。

我が家は大体備蓄をしている方だし、今日必要ではなかったのでいいのだが、異常事態を痛感した。

こんなことばかりで3日目にして疲労を感じる。

朝寝坊したので、朝と昼は兼用で残り物やトーストで食べ、夜は鶏のモモ肉のチーズ焼き、作り置きのトマトソースを使ってパスタ、そしてサラダにした。

ブリジット・ジョーンズの日記3を見ながらビールを飲む夜。

ドイツでも学校閉鎖

コロナの感染の恐れで、とうとうドイツでも来週から学校と幼稚園の閉鎖が決まりました。州ごとの決定なので、多少差はあるようですが。

春休みもあるので、合計5週間の休み。

スポーツクラブやスイミングクラブも閉鎖。

しかも、高齢者への感染へのリスクを減らすために、子供たちは安易に祖父母に会わないように、という勧めが出され、おじいちゃんおばあちゃんに子守りを頼むこともするべきではない、とのこと。

大変なことになってきました。学校からは大量の学習教材が渡され、とりあえず1週間分の自宅学習は決められているようです。2週目以降はメールで送られてくるらしい。

日が長くなって、せっかく春らしくなってきているのに、本当に残念な雰囲気です。

こちらもトイレットペーパーやパスタやトマト缶などが一時的に不足していたようですが、今は全く普通に日用品は買えます。

せめて、家で過ごす時間を快適に、とお花を買い求める人も多くなったそう。私も庭や家の中を片付ける時間にあてよう。

とはいえ、子供たちとどんな5週間になるんだろう。