アメリカの選挙システムがいまだに分からない(恥)

もういい大人なのに、いつもニュース番組やネットで学ぼうとしているのに、いまだにアメリカの選挙システムが分からない。恥ずかしいことだけど。

今この時点で、まだトランプかバイデンか決まってない。

子供達の学校にはアメリカから転校してきた人たちが数家族いる。もともとドイツ系で、アメリカで生まれ育った保護者の子供達だ。トランプが大統領になって恥ずかしくて、嫌になって、もうドイツにずっと住む。アメリカには戻らない。と公言したファミリーもいる。

でも、蓋を開けてみたらトランプもかなりの数を獲得している。

アメリカは巨大なので、パスポートを持たない、海外に行ったことがない、興味もない人が一定数いるとか、一生のうちで海を見たことがない人が一定数いるとか聞く。自分の州のニュースだけで十分で、世界情勢などほとんど見聞きしない人がいるとも聞く。

アメリカ大陸にまだ一度も行ったことのない私。憧れはあるけど、いつか行く機会はあるのかなー。大好きな従兄弟がアメリカで結婚しているので、夢みたいな話ではないと思うけど。

さぁ、いつになったら大統領が決まるんだろう。

ドイツの小学校生活 マイナスイメージでのスタート

イギリスで小学校を卒業した長女は、ドイツでギムナシウムという中高一貫の学校に入学した。ここに入れることになった過程は、4月25日のブログに書いた。

長男はドイツの小学校2年生になることになった。イギリスでも小学校に通っていたし、社交的な息子なので、それほど心配してなかった。まだ幼いし、スムーズにいくだろうと何となく根拠もなく思っていたのだ。私は本来楽観的なのだ。

が。この私の予想が甘かった。長男のドイツの小学校スタートはかなり厳しいものとなったのだ。まず、ドイツの朝は早い。9時スタートだったイギリスと違って、ドイツの学校は8時前後で始まる。息子の小学校は7時50分からだ!早すぎる。そしてドイツの秋、冬の朝はまだ暗い。

まだ車もなく、下の子供達2人も連れて、ベビーカーを押しながら、息子と7時半には家を出て学校まで子供のスピードで歩く。

イギリスでは毎日学校に持っていくものは、薄っぺらい学校のバッグのみだった。教科書も筆記用具もない。クラスにあるものをその日その日使うだけだ。宿題もない。

ドイツの小学校は細かい。教科書も指定のファイルやノートもある。軽くてカラフルだけど日本のランドセルのような大きなリュックサック(トニスターと呼ばれる)を背負う。筆記用具入れもあるし、ちょっとしたお弁当(朝が早いので、10時ごろにちょっとしたサンドイッチや果物を食べる時間がある)も必要だ。

そしてびっくりしたことがもう一つ。ドイツの学校は始まりも早いけど、終わるのも早くて、12時過ぎには授業が終わってしまうのだ。お昼ご飯は家で食べる。そして、放課後は宿題をして、あとは家でゆっくり過ごしたり、それぞれ習い事に行ったりするのだ。

もちろん、今や働くママも多いので、放課後クラブというようなものに入る子供も多い。その場合は給食も出る。宿題もそこで見てもらえる。イギリスでは9時から15時半まで小学校に行っていたので、息子も、ドイツで放課後クラブに入れることにした。息子が友達を作り、ドイツ語を学び、馴染むのにもいいだろうと思ったからだ。

お迎えは16時。朝7時半には家を出て帰ってくるのは16時過ぎ。これが実は、息子には大変だったのだろう。朝の登校中に、ぐずったり、怒ったり、機嫌が悪くなることが増えた。私も、下の子供たち、末っ子はまだ生後半年にも満たないのに、朝早くからベビーカーに乗せて、雨の日も風の日も送り迎えをすることに疲れを覚える日も多かった。ドイツでは、子供の送り迎えは強制されていない。息子を一人で登校させることもできたのだが、イギリスでは11歳まで子供は一人では道を歩けない、ということにずっと慣れていたので、薄暗く寒い朝、息子を一人で行かせることは気持ち的に、できなかったのだ。

同じく送り迎えをしているママやパパたちも多く、学校の門のところでは、いろいろなママパパたちを見かけた。私は、何となく、誰かから話しかけてもらえて、できればママ友のような人もできるかもしれないと期待していた。

イギリスで、私がそうやって、話しかけられ、話しかけ、友達を作っていたように。

が。ドイツ人とイギリス人ではやっぱり気質が違った。

私に話しかけてくれる人はいなかった。クラスの保護者会があって、英語のできるママが親切にしてくれたが、そのクラス会の前まで、私が誰からも話しかけらない日が1ヶ月近く続いた。

息子の機嫌は悪いし、私にママ友もできそうにもない。朝早く起こされベビーカーに乗せられる末っ子は帰り道に大泣きする。

息子を小学校に入れ、3番目の子供を小学校そばの幼稚園に入れたあと、ベビーカーを押しながら、私は何度となく帰り道に涙を流した。

何で、ドイツに来てしまったんだろう。私はなんてバカなんだろう。何で夫は死んでしまって、私に、こんな思いをさせるんだろう。私の方が先に逝きたかった。こんなの不公平だ。

自分でドイツに来ることを選んだくせに、私は自分の人生を恨んだ。

何事も、最初は厳しい。数度に渡る引越しの経験で分かっていたので、泣く日があっても、その翌日には笑う日が来ると信じて、それでも2年は頑張ろうと思った。私の感情はころころ変わる。

引越しを決める

話が少し前後して申し訳ないが、ドイツに引っ越すことを決めたことを書いておこうと思う。これまでの日記にも書いたが、10年以上暮らし、友達はいっぱいいるけれど、外国人として夫のいないイギリスに残るのか?はたまた、言葉はできないけど、夫の家族や友達のいるドイツに引っ越すべきか?で私の心は揺れていた。

この時点で、不思議なことに、私にも子供達にも日本に行くという選択はなかった。毎年春か夏には日本に帰省していて、私の母親も時々イギリスに来ていて、子供達の日本語は会話はオッケー、私の両親との関係も良好だった。ドイツの方はといえば、一年に一度数日帰省する程度で、子供達のドイツ語はほぼゼロ、私も全くできない状態で、ドイツの家族とは片言のドイツ語と英語でなんとか取り繕っている状態だった。それなのに、日本に行くという選択はなかった。いや、それだから、なかったのかもしれない。

日本の家族や友達と私と子供達の関係は変わらない。これからもずっと。でも、ドイツの家族はどうだろう。夫がいない今、日本やイギリスに住んだら、夫の家族との関係はますます希薄になるだろう。夫がいないからこそ、夫の家族の近くにいたいと思った。夫の影響や存在をずっと感じていたいと思った。そして、生まれてくる赤ちゃんのためにも、父親を全く知らないで生まれてくる子供のためにも、パパの存在をドイツの家族から感じてもらいたいと思った。

お墓の場所も決めなくてはいけない。イギリスにしたら、ドイツの夫の家族や友達はなかなか訪れることができないだろう。ドイツの故郷にするべきだろう。それなら、私たちもお墓の近くにいたいと思った。

イギリスに残るのか、ドイツか日本に引っ越すのかについて、一から考えてみた。

イギリスに残ると、私と子供達の日常生活の変化はそれほどない。友達もいるし、ネットワークもあるし、学校を変わる必要もない。このまま同じ家に住んで、会社からの遺族年金とシングルマザーの福祉で生活できる。日本にもドイツにも今まで同様帰省できるだろう。でも、ドイツの家族との関係が薄くなるだろう。

ドイツに引っ越すとなると、子供の学校の心配、言葉の問題、家探しなどなど不安面がたくさんある。だけど、夫の家族や友達がいる。ドイツはイギリスと同様、子供達の学校はすべて無料、イギリスと違って大学までドイツは無料だ。経済的にも、問題なく生活できるだろう。

日本に引っ越すと、子供達は漢字を学ばなければならない。もう10歳だった長女にはちょっと酷かなと思った。学費もかかるし、私も親の力を借りてフルで働くことになるだろう。そして、ドイツやイギリスに遊びに行くことは、きっと年に1回は無理だろう。何よりも、ハーフの子供たち4人をシングルマザーとして日本で育てていく勇気がなかった。夫の存在が全くなくなってしまうことが怖かった。

死別などの大きな経験をして、心の中が普通の状態ではない時に大きな決断をするべきではない、と色々な人に言われたし、本でも読んだ。少なくとも一年は環境を変えるべきではないと。

でも、私は、死別して辛いからこそ、もっと辛いこと、もっと大変なこと、もっとチャレンジなことを自分に課すかのように、ドイツへの引越しに心が動いていた。

そんな時に起こった、先日の日記にも書いた、泥棒事件。そして、その直後に遊びに行ったドイツでの体験。(長女の学校問題があっさり解決したのだ。それについては後日書く)

数ヶ月すれば、長女がイギリスの小学校を卒業する。そのタイミングでドイツに引っ越そうと決めた。とりあえず2年は住んでみよう。辛くても頑張ろう。そして、2年経ってダメだったら、イギリスに戻ろう。イギリスの持ち家は残しておこう。そういう逃げ道を作って、私と子供達はドイツ移住に向けて準備を始めた。夫が死別してわずか3ヶ月で心の中は決まった。

夫が天国で信じられないと笑っているような気がした。夫を驚かせてやろう。誇りに思ってもらおうと思った。