紹介の件

友達の日本人ピアニストとバイオリニストが、バツイチのドイツ人バイオリニストを紹介してくれる、という話がとうとう実現して、今日の午後、みんなでお茶をしてきた。

みんなはお互いをもう長いこと知っていて、私もその彼の顔を見たことはあるし、彼もどこかの機会で私のことを見かけたことはあったらしい。

紹介、と聞いてドキドキしていたのだが、とてもカジュアルな雰囲気でみんなで普通の会話をしてきた。彼の第一印象は、フレンドリーなおっちゃんだな、という感じ 笑 素直そうな人だな、とコロコロ変わる表情を見ながら思った。

彼はサルサにハマりまくっていて、週に何度もサルサのイベントに行きまくっているらしい。今は、コロナのために、屋外の小規模なイベントしかないらしいけれど。私は社交ダンスが好きなのだけど、彼は昔初歩コースを取ったのみだという。というのも、音楽家、ということで、夜遅くまでコンサートがあったりして、自由になる時間が22時以降とかで、その時間からできる趣味は限られてしまい、夜遅くまでやっていて、週に何度もイベントのあるサルサに落ち着いた、というのだ。

ドイツのこんな小さな地方都市でサルサイベントがそんなにあることに驚いた。私はサルサは、社交ダンスのコースでパートナーのおじちゃんと数回やった程度。くるくる回るのが目が回るなーという印象くらい。

2時間ほど、みんなで喋って、最後にワッツアップ(こっちでいうラインのようなもの)を交換してバイバイ。

どうなるのかなー 笑。少なくとも、私は彼に対して、好印象を持った。

メッセージとか送ってないけどね。彼からも来てないけどね 笑。

それにしても、この数日、私の街でもコロナが増えて来ている。こんなに増えたのは3月以来だという。ちょっと気が緩んでいたのかも、みんな。もうすぐ2週間の秋休みだけど、どこにも行かないでゆっくりしようと思う。

その彼とお茶くらいまた出来たらいいな。

ダンスコース初日

結果から言えば、ものすごく楽しくて、歌いながら自転車漕いで帰ってきた。あぁ楽しかった。

レッスン10分前に到着して座って周りを観察。20代から50代くらいまでの人が20人以上続々と集まって、みーんなカップル。どうしよう、私は一人で踊るか、先生と踊るんだなと覚悟して、ダンスホールへ入った。と、「君が一人で申し込んだ人?」と話しかけられた。そのおじさん(推定50代後半の紳士)も一人で申し込んだという。

初回のレッスンはフォックストロットとチャチャチャ。おどってみたら、びっくり。明らかにおじさん上手。私たちが際立って上手すぎて、初心者クラスで優越感を感じる。

聞けば、おじさんはもう34年間前から踊っていたという。ここ10年くらい踊ってなくて、久しぶりにやりたいけど、相手がいないなとダンススクールに相談したところ、私が一人で申し込んでることを教えられ、「本当は初心者コースはやりたくないなと思ったけど、とりあえず来てみた」らしい。

今後、二人で少し上のコースに移る可能性もあるけど、私はとりあえずこの初心者コースをやりたいので、とりあえずワッツアップ(ラインみたいなもの)を交換。

聞けば、離婚する前に、奥さんとずっと踊ってたらしい。

兎にも角にも。
女性のダンス人口の方が多いはずだから、おじさんは他にもパートナーを見つけられるだろうけど、私が男性のダンスの相手を見つけるのはなかなか難しいだろうから(いざとなったら新聞やネットで募集するつもりだけど)、おじさんと続けられればいいのだけど。

ラテンよりもモダンが得意なおじさん。私もモダンが好き。いやぁ、気持ちよかった。基本の基本のステップで、おじさんも私も少し物足りなかったけど、リードされて踊るのって本当に気持ちいい。おじさんも、私が初心者ではなかったから、嬉しそうだったし。
純粋に上手になりたくて申し込んだので、思いがけず、上級者リーダー(男性ダンサー)と組めて、とてもラッキーな気分。

ダンスを習いに行くことにした

すっかり肌寒くなったドイツ。朝晩は10度以下になることもあり、コートを着る毎日だ。これから命日や夫の誕生日などが続く苦手な季節がやってくる。子供達が就寝した後は、一人で日本の動画をみたり、本を読んだり、音楽を聴いたりしている。女友達と会う夜もたまにはあるけれど、毎日毎晩泣いているわけではないけれど、寂しさと虚しさで胸が苦しくなる夜が本当に多い。

そんな毎日を変えたくて、思いきってダンスを習いに行くことにした。実は、昔社交ダンスを少しやっていたのだ。老後に夫と習いに行くことが私の夢だったけど、夫はダンスなど全く無関心だったな。

街の老舗の社交ダンスの教室のホームページを数ヶ月前からちょくちょくと覗いていた。子供からかなりの高齢の人まで通っている大きな学校のようだ。ホームページ上の申し込み欄を見てみると、一人でも、パートナーがいなくても申し込めるようだ。私は思いきって申し込むことにした!ドイツで言葉も不自由なのに、社交ダンスを習いに行くなんて、結構私って勇気があって大胆だな、と思う。でも、私は何かしたいのだ!

夜中に申し込みをオンラインで送り、翌朝、子供達に打ち明けた。週一で社交ダンスを習いに行きたいと思っていて、申し込んじゃった。と。

子供達はなんと大賛成してくれた。特に長女と長男は私が社交ダンスが大好きだったことをずっと知っていたので、「いいじゃん、ママいいじゃん!」と本当に喜んでくれた。

心の片隅に、そこで出会いがあればいいな、と思っている。彼氏が欲しいなという気持ちは今も変わらない。一人の寂しさ、人肌の恋しさも常にある。でも、それよりも、趣味ができることの喜び、新しいことを始めることができる喜びの方が大きい。

初心者ではないけれど、初級コース11回という最初のコースを申し込んだ。最初のレッスンが楽しみだ!