マスクの話 布マスクなんてアウト!

コロナが猛威をふるうドイツ、今日からバイエルン州では公共交通機関、スーパーマーケット、薬局、病院、食べ物のマーケット、とにかくロックダウン中の今普通の生活をしている中でのほとんど全ての外出において、15歳以上のF F P2マスクの着用が義務化となりました。ごっつい見た目の医療用防護マスクです。サージカルマスク(不織布マスク)でもダメ、布マスクなんてとんでもない!という状態になっています。

私はバイエルン州には住んでいなくて、この3ヶ月くらい、スイスのメーカーのリビングガード というマスクを使用しています。布マスクですが、特許をとっていてF F P2マスクと同様の効果がある、週に1回水洗いすれば10ヶ月程度使えるので、経済的というのが売りです。でも、どうやら、バイエルン州では、このマスクが今後公に認められるかどうかはわからないようです。

私の州でも、きっとF F P2マスクの義務化が進むでしょうから、今日子供達の分も買いこみました。一つ2ユーロ弱。使い捨ては勿体無いので、オーブンで80度で殺菌できるという裏技も、先ほどドイツ人友達から教えてもらいました。

秋までは、家の古い洋服でマスクを手作りして楽しんでいたのに、状況がどんどん悪くなる中、布マスクじゃ怖いな、と自分でも思っていたので、この流れは自然といえば自然です。すでにクリスマス前には、65歳以上の高齢者にはF F P2マスクが確か一人当たり3枚、無料で配られたはずです。

でも、街の中で全員がごっついごっつい防護マスクつけてるって、ほんと、異常事態。すごい時代にいるんだなと感じます。

昨夜、医療に関心を持つ長女が心臓のことを色々聞いてきて、夫の解剖結果を経ての死因について尋ねてきました。あの時のことがまた蘇ってきて、きつかったけど、正直に伝えました。私の中では、死というのは遠いテーマじゃないだけに、この変異型コロナがすごい脅威となってヨーロッパーに広まってくることに恐怖を覚えます。

夫の死後の私の人生は子供を育て上げるため、ある意味、私の半分は夫と一緒に亡くなってて、今の私の人生はある意味ボーナス、っていうような気持ちもあるけど、コロナで重症化にはなりたくない、本当に怖い、という気持ちもあります。

心配性の夫が生きていたら、彼は本当に私以上に気をつけまくって神経質になってるかもなぁと思います。夫の知らないことがどんどん世界で起こっている。月日は確実に立っている。

夫の写真をどう飾るか

夫が亡くなった時、お葬式のパンフレット、と言うかなんて言うんだろう?これって。お葬式に来てくれた人に、式の内容、そして賛美歌の歌詞を書いたパンフレットのような小冊子を配ったのだが、その表紙のために使う夫の写真選びに随分時間をかけた。(夫の死後のことは以前にも書いたが、クリスマスがあったり、解剖があったりして、夫の遺体は長いこと冷凍庫に入れられていたので、お葬式まで2週間以上の時間があったのだ)

今考えたら、あまりのショックでおかしかったのかもしれないとおもう。不思議な精神状態。コンピューターに収まっている数千枚の写真を見返して、夫が一番よく写っているいい写真を必死で探した。涙することもなく、義務感のような責任感のような思いで、まるで仕事のように一番いい写真を探した。イギリスの家ではコンピューターはダイニングテーブルの隣にあった。私が必死で写真を探している様子を、滞在していた義理の両親と義理の弟はどんな思いで眺めていたんだろう?

お葬式のパンフレットには、夫が笑顔で写っている亡くなる1年ほど前に撮った写真を選んだ。明るすぎるほどの笑顔だ。

そして、後日、よく着ていたジーンズとセーターで写った、夫が一人笑顔で立っている写真を数枚印刷して、同じ黒の写真たてに入れた。そして、我が家に一つ、義理の両親の家に一つ、義理の弟たちにもそれぞれ一つずつあげた。皆、リビングやキッチンなど、毎日目の入るところに飾ってくれている。我が家には、その写真以外にも、子供達との写真、私との2ショットなど、他にも写真がまだまだ飾られている。以前のブログでも書いたが、自分の指の結婚指輪を見るのが辛くて、指が苦しくて、いつか外してしまったときのような気持ちを最近感じる。夫の写真が多すぎるかなとも思い始める。黒の写真たての一つだけを残して、他の写真はだんだん収納してしまうべきかな、とも思う。でも子供たちが悲しむかな、とも思う。だけど、当時のまだ小さな子供達、若くて幸せいっぱいの私の笑顔、それを見るのが辛いのも正直な気持ちだ。

私の心はアップダウンが激しい。写真を穏やかに見れる時もあれば、苦しくてどんと凹む日もある。もう毎日は泣かないけど、泣くときはお風呂でギャンギャン泣くとスッキリする、ということも体で覚えてしまった。

さぁ、写真、これからどうしようかな。増えたりして。笑

いや、増やすことは、もうないな。やっぱり一枚だけにしようかな。子供たちの部屋にそれぞれあげようかな。

悩む。