引きこもり生活36日目(土曜)

今日は久しぶりに感情のエスカレートが激しく、散々な状態を作ってしまった。

なぜか朝から子供達とウマが合わず、私のイライラが募る。そして、長女と衝突。長女はドイツに来てからというもの、ドイツ人の悪い部分が身について、とにかく素直に謝らない。少しでも自分に非がないと思ったら、論破してくるのだ。夫にもそんなところがあって、喧嘩の原因になることが多かった。そもそも、長女は夫にとてもよく似ている。いいところも似ているのだが、私は人間ができてないので、ついつい、褒めることよりも、悪い部分を指摘してしまう。長女があまりにも言い返してくるので、「素直に謝ってよ。そういう謝れないところ、パパにそっくり」と私も大人気なく言っていたのだが、最後に数回「〇〇(夫の名前)そっくり」と私が言ったら、なぜかそこに長女が反発。

「なんでパパって言わないの?最近時々名前で話すけど、パパは私たち子供にとってはパパなのよ。パパとママと私たち。ママがパパのことを名前で話すと、別の、家族に属してない人みたいに聞こえる。私にパパのことをいう時は、パパって言ってよ」と、やや理解不能なことを真剣に訴える。思春期は難しい。

ここで、私の感情が崩れ、ひとり外にドライブでも出て頭を冷やそうかと思ったけど、まだ化粧もしてないし、行くところもない。部屋にこもっていたら、涙が出て来た。

私にとっては夫はパパじゃない。ちゃんと名前で呼びたい。でも、名前を出して話す場や機会がどんどん減って来て、夫のことは子供と話すくらいになってきた。だから、パパって言ってたけど、本当は名前で呼びたい。こんな気持ち、あなたにはわからないでしょう、もちろん、わかる必要もないし、こんな経験あなたにして欲しくない。

面と向かって言えなくて、こんなことを娘にケータイでメッセージを送る。

娘は、そのことはすぐに納得、謝ってくれたけど、

「ママは最近いつもパパの悪いところを指摘してばかり。私の悪いところを言うときにいつもパパを持ち出す。そして、それを名前で言われたら、パパが冷たくされてる気持ちになる」

と言う。なるほど。言われてみればそうだ。私は、夫のいいところを日々いっぱい思い出すのに、なかなかみんなに言わないし、言ったとしても、ついつい冗談っぽく茶化す感じになってしまって、子供達に十分に伝わってなかったのかもしれない。そして実は、夫のいいところを日々口に出して言うことは、逆に私には辛い作業でもある。

こんな気持ちのアップダウンを長女とやり合っていたら、泣いたまま少し眠ってしまい、昼食が15時という事態に。

たまに私の感情が爆発すると、こういうこともあるので、誰も文句も言わないし、適当に食べていたようだが、私のお腹が空いたので、ちゃんと作ることに。

楽しみにしていた、これからが旬の白アスパラガスだ。今日が今年初めてなので、子供達も大喜び。付け合わせはポテトとハム。ソースは卵黄とクリームとレモンと塩で作った。泣いたらスッキリして、まだ明るいのに、白ワインまで飲みだす私。

なんだかんだ言いながら、またいつものカードゲームをしたり、散歩に出たりして、結局は穏やかな午後。

昨日作ったフムスが余っているから、それをパスタソースにしてパスタを作ってくれるという長女に甘えて、夕飯はフムスのペンネ。ドライトマトペーストとフムスがとても良くあって、今年食べた食事の中で一番ヒットだった!と伝えると、長女、めちゃくちゃ大喜び。

長女とは、特に関係が近いので、よくぶつかるが、私の一番の理解者でもある。ありがたい。

夜は、ハリーポッター2をみんなで鑑賞。

たまに泣くのは、悪くない。私の悲しみを見せることも悪くないと思っている。だけど、やっぱり親だから、もうちょっとしっかりしないとな。4人も産んだのに、一番わがままなのは私かもしれない。