かなり落ちていて皮膚も悪化の気配

半ロックダウンになって、接触も減らすような雰囲気。子供達はそれぞれ一人ずつ親友に会うのみ、私はドイツ人の友達と週に一度会うのみ。義父母もかなりの距離を開けて、外で会っているだけの日々。

毎日日に日に暗くなるこの季節。16時半も過ぎれば本当に真っ暗。今年はクリスマスマーケットも開催されないし、本当に精神的に辛い日々だ。

紹介された音楽家の彼とも毎日やり取りするような仲でもないし、日本人友達もそれぞれみんな家庭があるし、本当に寂しい。

やっぱり皮膚が悪化してきた。夜になるとかゆみがまた出て来たのだ。夏に入院して、注射治療を続けていましたが、もらっていた分の注射がなくなったので、皮膚科にまた行って来たところ、注射治療の延長が決定しました。というか、先生が言うには、最低でも向こう1年は2週間に一度の注射を続けないと、また再発して、大変なことになるのだと!

ストレスが大きく関わっているのだろうとは、わかります。ヨガや呼吸法を習ったほうがいいかなぁとも思い始めてきました。私のストレス解消はお友達とのおしゃべりや飲み会でした。それか、ダンス。全部できない今、子供達とのみ向き合う、この暗い日々。あーぁ。

読書と動画で息抜きしています。ドイツではコロナの予防接種がもうすぐ可能になるということで、かなりの希望を多くの人が持ち始めています。もちろん、最初は医療関係者や高齢者、持病のある人、となるので、全員に行き渡るには当分かかるでしょうし、本当にリスクや副作用が長い目で見たときにないのかどうかは、不安なところです。

とにかく私も気持ちを暗く保たないように、上げていきます。とりあえず大好きなティーでも淹れようと思います!

引きこもり生活16日目(日曜)

今日からこちらは夏時間。10月末まで時計を1時間ずらすのだ。夜中に時間が変わるので、朝起きたら、時間が違って昔はびっくりしていたが、この数年は携帯が勝手に時間を変えてくれているので、焦ることも少なくなった。今朝は目覚めたら9時40分、となっていたが、昨日までなら8時40分。炊飯器や、壁時計などの時計を手動で1時間進めて、変更おしまい。夏時間のおかげで、日が長くなって、真夏だと22時くらいまで明るいので、気持ちがいい。

朝は、先週同様、また教会の礼拝をオンラインで視聴した。悪くないなと思う。私は朝が弱いので、パジャマのままでだらだらオンラインで済むのはありがたい。昨日の私の義母に対する黒い気持ちを反省して悔やむ。もう少しいい人間になりたい。

そのあとは、ドイツ語の自習。そして子供達と卓球。お昼ご飯は一昨日の残り物のカレーと決めていたので、準備が楽だったのだ。

日本で桜が満開なのに、雪が降ったというニュースに驚いていたら、こっちも少し雪が降ってびっくりした。昨日まで毎日天気が良かったのに、今日は暗くて、雪というよりは雨混じりだ。

午後は、読書にコロナ関係ニュースの動画を追う。フランスで16歳の健康だった少女が亡くなったという記事などを読み、落ち込む。ウイルス自体が変化しているのだろうか?素人の私には何も分からないけど、怖い。

午後、お菓子づくりの得意な長女がチェリーケーキを焼いてくれた。私は全くできないので、本当にありがたい。おかげで美味しいコーヒーの時間が持てた。

ケーキで満たされていたので、夜ご飯は簡単にお好み焼き。今日は誰もどこにも出かけず、誰からも電話もなく、静かな1日だったな。こんな日常がまだまだ続く。やっと2週間終えたばかり。予定ではあと3週間、これが続くけど、みんな、もっと長引くだろうと思っている。怖く寂しい。