母の日

イギリスの母の日は3月だけど、ドイツは日本と同じで今日だった。日本の母には、アマゾンからお花とお菓子のセットを送っていた。土曜には着いて、母が嬉しそうに電話をくれた。

昨日は長男が家の前のスーパーに9週間ぶりに出かけたので、明らかに何か私に買ってくれたんだな、とわかったけど、子供達協力して隠したようで、今朝まで私は全く知らなかった。

9時に末っ子に起こされてリビングに降りると、子供達4人で朝ごはんを作ってくれていた。スクランブルエッグにアボカドディップにトマトの炒め物。私が毎朝のむティーもだ。嬉しい。

そして、リビングのテーブルに見えた大きな大きなバラの花束!これを昨日買ってくれてたんだ!カードや素敵な絵ももらって、幸せな気分。「最高のママ」「世界でいちばんのママ」「ずっと大好きだよ」こんな歯の浮くようなセリフもカードにしてくれるとすっと入ってくる 笑。ありがとう。

ドイツのコロナ規制は明日からまただいぶ緩和される。バーやクラブ以外の飲食店、ジムも再開。老人ホームや病院へのお見舞いも、許可だという。ダンススクールも再開するらしく、私も、ダンスパートナーのおじさんと9週間ぶりに会うことになるかな。学校も始まるということで喜んでいたけど、時間差少人数に分かれての登校で、結局夏休みまでわずか数回しか学校には行かないことが発覚。ほんと、大丈夫なのかな。

これまでは3人以上で会うのは禁止だったけど、明日からは二つの家族が会うことがオッケーに。義父母にも親戚や友達にも家族単位で会うことができるようになるということ。だけど、やっぱりちょっとまだ不安。感染者数が増えたら、すぐに閉鎖、緩和キャンセルになるそうだし、しばらく様子を見る感じかなと思う。

バレンタイン前夜

明日はバレンタイン。こちらでは、だいたい男性が彼女や奥さんにお花やプレゼントを渡します。私も、夫が生きていた時は、バラの花束をもらっていました。

さて、今夜は平日だったけど、義父母の家で夕食に招待されました。義父母、義弟、私、お友達など大人だけで8人です。義父母以外は、皆バツイチだったり、私のように死別だったり。

義父は「明日忘れてしまったらいけないから」もうすでに義母にバレンタインのプレゼントをあげたそう。

いつも冗談ばっかり言ってる義父らしいですが、義父母は色々言いつつやっぱり仲がいい。

義母は一人の男性に半世紀以上愛されてきた自信が垣間見れるような気も、時々する。僻みかな、私の。笑

明日はきっと街に花束を持つ男性がウロウロしてるな。レストランもきっとカップルでいっぱいだ。週末だしね。私はお墓まいりに行ってこよう。