24時間で487人のコロナ死者

コロナパンデミック以来、最悪の数。ドイツ国内で、24時間にコロナで亡くなった人が487人にもなったという。毎日毎日増え続ける新規感染者数も毎日17000人以上だ。

日本とは桁が違いすぎる。

どうしてだろう?どうして?

ドイツの医療システムはしっかりしていると実感している。人口あたりの病院のベッドの数も集中治療室のベッドの数も日本より多いほどだと読んだ。

真面目な国民性で、大半の人はルール、コロナ規制を守って、気をつけて生活している。

それなのに、この数。そもそもの遺伝子の問題?

クリスマス直前から元旦の日まで、ドイツではコロナ規制が緩和される。老人ホームで暮らす人が家族にも会えずに寂しい思いをしたりすることがないように、一人暮らしの人が家族友人に会えるように、という配慮だろうが、今は、2世帯最大5人までしか集まれないのに、その期間は、世帯数に関係なく10人まで集まることができるようになる。

1月2月の数は絶対にもっと上昇するだろう。ウイルスはクリスマス状況知らないもんね。

今の所、夫の家族とは、今年のクリスマスは一緒に食事はしない、どこかに一緒に散歩に出かけて外で会いましょう、ということに決めた。

ほんと、前代未聞のクリスマスになる。あっという間に12月。この2020年のことを忘れることは絶対にないだろう。

夫はこんな世界情勢のことも知らないんだなぁ。いっぱいいろんなことがあったな、夫が亡くなってから。夫の知らない家に住み、夫の知らない友達と会い、夫の知らない服を着て、夫の知らない末っ子を育て。月日の流れを感じる。12月はきついな。今月は命日もある。

幼稚園の父親デー

末っ子の通う幼稚園で「父親デー」があると言う。パパが数時間幼稚園に滞在して一緒に子供と時間を過ごし、工作をしたり園庭で遊んだりする日らしい。

ドイツの幼稚園はいいところがいっぱいあるなぁと思っている。クラスは縦割りで、2歳から6歳までが一クラスだ。同じ学年の子供はクラスに5、6人しかいない。でも、毎年下の子が同じクラスに入ってくるので、自然と役割ができたり、年の違う子たちと常に接するよさもあるらしい。年長さんは週に1回簡単な算数のゲームのような日があるが、基本的にドイツの幼稚園では読み書きを教えたりすることは一切ない。完全に遊びだ。自由な時間も多いし、子供がのびのびできると思う。

さて、父親デー。どうしたものか、と思う。色々時間をやりくりすることが可能なドイツだから、ほとんどのパパが仕事を調整して幼稚園に来るだろうな、と思う。

クラスの先生に、「誰かお友達とかでも来れる人がいたらぜひ」と、気を使ったように言われたが、どうだろう。

いつか書いた私のことを好きかもしれない夫の同級生の独身男性は、きっと頼んだらすぐ来てくれるだろう。でも、嫌だな、と思う。彼には頼みたくないなと思う。

誰も来れなくてごめんね、と言おうか。まだ小さいし、実はそれほど子供は気にしていないかもしれない。

2日ほど悩んだが、義弟に頼むことにした。そこまで近くに住んでないし、忙しい仕事をしているので、頼むのが憚れたが、ドイツ式で、「言ってみる価値はある、ダメ元」で頼んだら、本当にあっさりいいよと言ってくれた!

末っ子は楽しい時間を義弟(叔父さん)と過ごしたらしい。義弟も、もう自分の子供が大きいので、久しぶりに小さい子たちと遊んで楽しかった、と言ってくれた。ありがたいことだ。

夏休みまであとわずか。4人の子供達、2つの学校と幼稚園。それぞれ学年末のイベントが盛りだくさんだ。まだまだ胸がキリリと痛む瞬間は多いけど、できるだけ楽しんで参加しようと思う。