24時間で487人のコロナ死者

コロナパンデミック以来、最悪の数。ドイツ国内で、24時間にコロナで亡くなった人が487人にもなったという。毎日毎日増え続ける新規感染者数も毎日17000人以上だ。

日本とは桁が違いすぎる。

どうしてだろう?どうして?

ドイツの医療システムはしっかりしていると実感している。人口あたりの病院のベッドの数も集中治療室のベッドの数も日本より多いほどだと読んだ。

真面目な国民性で、大半の人はルール、コロナ規制を守って、気をつけて生活している。

それなのに、この数。そもそもの遺伝子の問題?

クリスマス直前から元旦の日まで、ドイツではコロナ規制が緩和される。老人ホームで暮らす人が家族にも会えずに寂しい思いをしたりすることがないように、一人暮らしの人が家族友人に会えるように、という配慮だろうが、今は、2世帯最大5人までしか集まれないのに、その期間は、世帯数に関係なく10人まで集まることができるようになる。

1月2月の数は絶対にもっと上昇するだろう。ウイルスはクリスマス状況知らないもんね。

今の所、夫の家族とは、今年のクリスマスは一緒に食事はしない、どこかに一緒に散歩に出かけて外で会いましょう、ということに決めた。

ほんと、前代未聞のクリスマスになる。あっという間に12月。この2020年のことを忘れることは絶対にないだろう。

夫はこんな世界情勢のことも知らないんだなぁ。いっぱいいろんなことがあったな、夫が亡くなってから。夫の知らない家に住み、夫の知らない友達と会い、夫の知らない服を着て、夫の知らない末っ子を育て。月日の流れを感じる。12月はきついな。今月は命日もある。

引越しを決める

話が少し前後して申し訳ないが、ドイツに引っ越すことを決めたことを書いておこうと思う。これまでの日記にも書いたが、10年以上暮らし、友達はいっぱいいるけれど、外国人として夫のいないイギリスに残るのか?はたまた、言葉はできないけど、夫の家族や友達のいるドイツに引っ越すべきか?で私の心は揺れていた。

この時点で、不思議なことに、私にも子供達にも日本に行くという選択はなかった。毎年春か夏には日本に帰省していて、私の母親も時々イギリスに来ていて、子供達の日本語は会話はオッケー、私の両親との関係も良好だった。ドイツの方はといえば、一年に一度数日帰省する程度で、子供達のドイツ語はほぼゼロ、私も全くできない状態で、ドイツの家族とは片言のドイツ語と英語でなんとか取り繕っている状態だった。それなのに、日本に行くという選択はなかった。いや、それだから、なかったのかもしれない。

日本の家族や友達と私と子供達の関係は変わらない。これからもずっと。でも、ドイツの家族はどうだろう。夫がいない今、日本やイギリスに住んだら、夫の家族との関係はますます希薄になるだろう。夫がいないからこそ、夫の家族の近くにいたいと思った。夫の影響や存在をずっと感じていたいと思った。そして、生まれてくる赤ちゃんのためにも、父親を全く知らないで生まれてくる子供のためにも、パパの存在をドイツの家族から感じてもらいたいと思った。

お墓の場所も決めなくてはいけない。イギリスにしたら、ドイツの夫の家族や友達はなかなか訪れることができないだろう。ドイツの故郷にするべきだろう。それなら、私たちもお墓の近くにいたいと思った。

イギリスに残るのか、ドイツか日本に引っ越すのかについて、一から考えてみた。

イギリスに残ると、私と子供達の日常生活の変化はそれほどない。友達もいるし、ネットワークもあるし、学校を変わる必要もない。このまま同じ家に住んで、会社からの遺族年金とシングルマザーの福祉で生活できる。日本にもドイツにも今まで同様帰省できるだろう。でも、ドイツの家族との関係が薄くなるだろう。

ドイツに引っ越すとなると、子供の学校の心配、言葉の問題、家探しなどなど不安面がたくさんある。だけど、夫の家族や友達がいる。ドイツはイギリスと同様、子供達の学校はすべて無料、イギリスと違って大学までドイツは無料だ。経済的にも、問題なく生活できるだろう。

日本に引っ越すと、子供達は漢字を学ばなければならない。もう10歳だった長女にはちょっと酷かなと思った。学費もかかるし、私も親の力を借りてフルで働くことになるだろう。そして、ドイツやイギリスに遊びに行くことは、きっと年に1回は無理だろう。何よりも、ハーフの子供たち4人をシングルマザーとして日本で育てていく勇気がなかった。夫の存在が全くなくなってしまうことが怖かった。

死別などの大きな経験をして、心の中が普通の状態ではない時に大きな決断をするべきではない、と色々な人に言われたし、本でも読んだ。少なくとも一年は環境を変えるべきではないと。

でも、私は、死別して辛いからこそ、もっと辛いこと、もっと大変なこと、もっとチャレンジなことを自分に課すかのように、ドイツへの引越しに心が動いていた。

そんな時に起こった、先日の日記にも書いた、泥棒事件。そして、その直後に遊びに行ったドイツでの体験。(長女の学校問題があっさり解決したのだ。それについては後日書く)

数ヶ月すれば、長女がイギリスの小学校を卒業する。そのタイミングでドイツに引っ越そうと決めた。とりあえず2年は住んでみよう。辛くても頑張ろう。そして、2年経ってダメだったら、イギリスに戻ろう。イギリスの持ち家は残しておこう。そういう逃げ道を作って、私と子供達はドイツ移住に向けて準備を始めた。夫が死別してわずか3ヶ月で心の中は決まった。

夫が天国で信じられないと笑っているような気がした。夫を驚かせてやろう。誇りに思ってもらおうと思った。