寂しくて泣く夜&死別の悲しい統計

子育てってうまくいかないなぁ。反抗的だけならまだしも、兄弟喧嘩が頻繁すぎて、なんとも生意気で、かと思ったら覇気がないんじゃない?というような子供達に囲まれ、本当にたまに本気でイライラする。ホームスクールだし、友達とも遊べないし、みんなのストレスもピークなのかもしれない。雨も多いしなぁ。

なんだか、本当に寂しくて、私、一人で何やってるんだろう?なんで夫はいないんだろう?と久しぶりに結構泣いた。泣いたらスッキリしたけど、目が痛い。

そして、フェイスブックで死別に関する統計を見てしまった。アメリカの死別者向けグループのページが発表したものだ。

「毎年80万人の人が配偶者と死別しているって知っていましたか?そのうちの70万人が女性だと知っていましたか?多くの死別者が貧困に苦しんでいると知っていましたか?配偶者との死別はストレスレベルで最高のレベルとみなされていることを知っていましたか?配偶者と死別した60%の人は12ヶ月以内に大きな病気をすることを知っていましたか?死別経験者のほとんどが睡眠障害に苦しむことを知っていましたか?ほとんどの死別経験者は75%のサポートを配偶者を亡くした後失うことを知っていましたか?ほとんどの死別経験者が、一年以内に配偶者の家族や親戚と関係が希薄になることを知っていましたか?配偶者を亡くした悲しさから、本当に死に至るケースもあることを知っていましたか?配偶者と死別した30%の人は、6ヶ月以内に大きな死の危機にあっています。周りの死別経験者に優しくしてください。彼らがどんな苦しみを一人で味わっているか想像もつかないでしょう」

というメッセージだ。

私は妊婦だったし、夫の実家の近くに引っ越してきたので、夫の家族とは希薄になるどころか関係は密になったが、睡眠障害は当てはまるし、歯も抜く羽目になったし、ストレスレベルは本当に最高だった。

今日のように子育てで疲れ悩み、一人泣く夜。夫が恋しい。

気温3度で川沿い散歩&ショックな統計

我が家のティーン達が家の中で毎日ゴロゴロしていて、遅寝遅起き、とにかく生活のリズムが乱れまくっているので、今日はほぼ無理やり、外に連れ出した。

10分ほど車で出かけて、小雨の降り出しそうな中、1時間ほど散歩してきた。気温3度。体感温度は0度くらい。最初はブーブー文句言ってたけど、それでも外の空気は気持ち良く、みんな饒舌になり、結局楽しめた。

ドイツ人は本当に散歩が好きだ。大雨じゃない限り、毎日ただただひたすら歩く。わざわざ寒い中出かけなくても、と昔は思っていたけど、散歩して、同じ方向に向かって歩く中で、色々な会話が生まれ、結構充実感が味わえる。コロナの前から散歩は日常だったけど、コロナの中色々な規制がある中でも、散歩の大切さがまた際立ってきたと思う。

家に帰って、子供達はアルコールなしのホットワイン(ブドウジュースみたいな感じ)、私はあったかいアップルティーを飲んで、カードゲーム。こんな冬休みも本当、悪くないな、とちょっと思う。

SNSを見ていたら、驚く統計が。ドイツでの2019年のコロナ感染者の死者についての統計だ。3月から11月までの死者は16248人。そして12月はなんと16823人。信じられない。コロナが直接の死因だったのかなどなど細かいことはちょっと私にはわからないのだが、とにかく驚くべき統計だ。こわい。

ドイツは明日の会議で、1月11日以降の方針が決まる。現状のロックダウンの規定は一応10日まで、ということになっているからだ。大方の予想は、ロックダウンの延長みたいだ。どうなることだろう。

さ、今からユーチューブで新年の日本の番組を探して人笑いしてから寝ようっと。