若年未亡人若年死別者の割合

http://shibetu.strikingly.com/

これを見てもらえば、分かるのだが、私のように30代で死別する人は割合でいうと本当に少ない。1万人に4人とかだ。当然、私の周りの知人友人で、若年未亡人はいない。

死別者の集まりに行って、ほとんどが60代以上の人で、浮いてしまったことは以前にも書いたが、とにかく、私は死別して以来、若年未亡人と個人的に話したことは一度もない。一方的にブログや本を読んで共感させてもらっているだけだ。

こんなに稀有で、死別という暗い経験をしている存在だから、普通の人から見たら扱いにくい厄介な存在かもしれないな、と思うことがある。離婚経験者のシングルマザーとシンママならではの悩みを相談し合うことは多いが、やっぱり、死別者と離婚者では、私たちママと子供の傷に少し違いがあって、うまく噛み合わない部分もある。

じゃあ、どうしたいのか?結局、自分の傷は自分で癒すしかないのかなと思う。完全には治ることはない、大きな傷。とりあえず、自分の生活で、小さな目標を立てていこうと思った。ちょっと頑張れば叶えられそうなくらいの目標だ。子供たちとちょっとだけ遠出する、とか、一人でカフェに行く、とか、義父母に子供を任せて、友達と飲みに出かける、とか。

友達が、旦那の不満を言う。みんな私に気を遣ってくれているのだろう、一対一で会っている時に、私に旦那さんの不満を言う友達はほとんどいないけど、グループで会っていると、そういう話も出てくる。子育ての方針の違いとか、ちょっとした誤解から喧嘩になったこととか、旅行先でのちょっとしたハプニングから大げんかになった話とか。何事もないような顔をして、でも、発言することなく平然と聞いて、心で泣く。本当に、心って痛くなるんだな、と実感する。

みんな、いつか旦那さんと死別するか、自分が先に死んじゃうんだよ。私のように、なんの前触れもなく、突然かもしれないんだよ。

心の中で思う。こんな気持ち誰にも味わって欲しくない。でも、私の心をわかってもらうために、味わって欲しいような悪魔の気持ちも一瞬芽生える。恐ろしい。死別しないと分かんないだ。喪主になって、人生ぽんと放り出されないと、分かんないんだ。私の心をわかってくれる人は周りにいない。

だから、ブログや本を読み漁る。これも私にとっては癒しの一つだ。