ドイツ半ロックダウンへ&お墓参りの日

日本でも報道されたようだけど、ドイツは月曜から11月末まで半ロックダウンになります。学校や幼稚園は継続、店舗も人数制限して継続、美容室もオッケーだけど、カフェやパブ、動物園、フィットネスクラブ、音楽やスポーツ教室、劇場などが閉鎖されることに。レストランも閉鎖。テイクアウトのみ営業可能です。接触も制限され、2家族最大10人までしか集まることができなくなります。

この数ヶ月、少し日常が戻ってきていただけに、本当に残念。11月は日も短くなるし、ただでさえ、鬱気味になる人が多いのに、またこの状態になってしまって、色々と心配です。

今日は11月1日。ハロウィンの翌日は、聖人が復活する、死者の日とも言われるカトリックの日で、私の住むドイツの州では祝日です。この日は皆お墓まいりをする日にもなっていて、私も、昨日と今日、連続で夫のお墓に行きました。昨日は一人で行って、キャンドルを灯し、新しいお花をいけ、今日は子供達と義父母とさらにお花を持って行きました。少し暗くなり始めた夕方に行くのが、義父母の希望なので、毎年そうしています。そのあと、いつも義母の作ったケーキでお茶をするのが慣例になってきましたが、コロナが心配でうちに来れない、というので、今年はキャンセル。私が簡単なケーキを焼いて、子供達と私だけでゆっくり過ごしました。

とは言いつつ、半ロックダウン宣言が出た翌日は、「ロックダウン前に食事に行こう、夕食に出かけよう」と義父母は私たちを急に誘い、みんなでご飯に行ったんですがね。日に日にコロナに対する気持ちが変わるのも、だけど、分かるような気もします。ドイツには、このところ、また、ざわざわモヤモヤの落ち着かない雰囲気が流れています。

そうそう、日本のドラマを見始めました。「恋する母たち」です。木村佳乃が好きなのもあって、ロックダウンもあるし、時間もできるかなと思って、見始めることに。まだ2話だけですが、設定年齢的には当てはまるし、日本にいて、夫が生きていたら、こういうこともあるのかなーなんて、勝手に想像しながら見ています。恋したいなー私も。

学校再開はまだ

4日の月曜から学校が再開すると言われていたが、詳しいことは未定だった。昨日になってメールが来て、小学校は最終学年のみ木曜から、長女と長男の中高一貫教育のギムナシウムも、まだ様子を見ることで決定したそうだ。

来週いっぱい、まだ我が家は全員ホームスクーリングだ。

3月16日から学校に行っていない。オンラインで課題をもらうだけ。オンライン授業ではない。各自がログインして課題をこなすだけだ。こんなんで大丈夫なんだろうか?長女は独学でも参考書を見ながらコツコツこなすタイプなのでどうにかなりそうだが、長男が心配になってきた。

もう5月。今日はメーデーで祝日だ。家族でサイクリングをしてバーベキューというのが、だいたい5月1日のドイツ人の祝日の過ごし方だが、今年は、毎日が休みのようなものだし、とにかく、今日はなぜかすごく寒い。異様に4月のお天気が素晴らしかったので、今日の肌寒さは久しぶりすぎて、驚く。とてもサイクリングを楽しめるお天気ではないし、バーベキューも無理な感じだ。

我が家は今日は手羽先の唐揚げにしよう。日本のお友達に教えてもらったレシピだ。片栗粉をまぶした手羽先を揚げて、ゴマ、にんにく、醤油、みりん、酒、はちみつで作ったタレに少し浸すだけ。

自粛になってから、臭いを気にしなくていいので、にんにくの消費量が増えた。