暑いと授業はナシ!Hitzefrei ?!

この数日、日本のような暑さが続いている。ドイツで35度なんて、異常気象だ。

一般家庭にクーラーなどないドイツ。真夏日なんて年間を通しても数日から10日程度のことだろうし、煉瓦造りで機能的に作られているドイツの家は、割と快適だ。それぞれの窓についているシャッターを降ろして、窓を開ければ、家の中の温度がそれほど上がることはない。それでも、大きなスーパーやオフィスにはクーラーがあるが、幼稚園や学校にはクーラーはない。

子供達の通う学校からHitzefreiのお知らせが来た。ヒッツェフライ。直訳すれば、「熱休み」とでも言おうか。なんでも、30度を超えるような夏日は、子供達の身体の負担も大きいし、集中力も無くなるので、授業は短縮されて、早めに家に帰ることになります、というお知らせだ。子供はプールでも行って遊びましょう、ということらしい。

もともと、ドイツの学校は授業時間が短く、朝は早く始まるが、13時には授業が終わり、家でお昼ご飯を食べて、自分で宿題や自習をするスタイルだ。それでも、高学年になると午後の授業があったり、宿題がない代わりに午後15時くらいまで授業があるスタイルの学校も増えてきた。

もちろん、働く親のために、放課後クラブのようなものはあるが。

子供の小学校は今週は11時35分でおしまい、宿題もないという。この「熱休み」を日本でやったら、数ヶ月授業が短縮されて大変なことになるな。

娘はピアノとバレエをやっているが、「暑いから今日は来ません」というお友達がかなりいてびっくりした。室内だし、送り迎えはするし、月謝も払っているのだし、私は子供を連れて行くが、厳しい日本人ママだなと思われているのだろうか?

周りのドイツ人はバテバテだが、この暑さも、日本のようで懐かしい。去年は夏に日本に帰ったけど、今年は帰る予定がないから、私はこの暑さを日本だと思って懐かしもう。帰りたいな。