サルサの踊れるパブへ

週末のことなんだけど。今週末はココとココとココで踊れるところがあるんだけど、もしも興味があったら来てみたら?というメッセージが、先日紹介された彼から来た。私の町と、近郊の町で、気軽にいけるところだという。

こんなコロナの中でも、いつもよりも気をつけて踊れるのだという。手を消毒したり、換気したり、連絡先を主催者に残したり、というルールがあるらしいが。

なんかすぐに誘いに乗るのも、ちょっと焦ってる感じがするかな?笑 とも思ったが、素直に興味があったし、行ってみることに。

22時ちょっと前から24時くらいまでいるから、というので22時15分ごろ行ってみたら、彼は学生のような若い子とサルサを踊っていた。曲が終わって、私に気づいて私の元へ。簡単な挨拶のみで、早速基本ステップを習う。とにかくどうも教えたいらしい。基本はとても簡単なので、私ももともと踊り好きだし、とりあえず1曲一緒に踊った。

そして一緒にノンアルコールビールを飲みながら、少し会話。子供のこと、ドイツのこと、サルサ、社交ダンスのこと。1時間くらい経って、私はもう帰ろうと思った。遅いし、そんなに基本ステップだけで踊れないし。

彼はまだ残っている感じだった。知り合いも多そうだし。

もうそろそろ帰るね、と告げると、あ、そう?じゃあまたね。次に踊れるところあったら知らせるから。と。

すごく近くに車を停めていたけど、暗いなか2分くらい歩いた。どこに車停めてるの?と聞いてくれなかったし、送ってもくれなかったから、私に好意があるわけじゃないな、と思った 笑。

だけど、久しぶりの夜遊びは楽しかったし、サルサの世界も全く健全で、若い学生から70近いだろうな?という人までいて、いい雰囲気だった。

コロナの前はもっともっともっと混雑していて週に何度も踊れるところがあったらしい。

また次回ぜひ!というメッセージが短く翌日来た。また会うだろうな、と思う。私としては、彼のことは好印象なのだ。フレンドリーだし、コミュニケーション力が高い人だな、という印象。

それにしても、コロナが少しずつ増えて来ていて、近くの学校も自宅待機になるところが出て来ている。感染者が生徒や先生に出た場合、その学年全部が2週間の自宅待機になるらしいのだ。どの学校も、いつ、そういう事態になってもおかしくないらしい。

その彼も、もう少し経つと大事なコンサート(彼はバイオリニスト)があるから、その前の期間はサルサは控えると言っていた。みんな気をつけながら、自己責任で行動しているなというドイツの雰囲気がある。

春の自粛期間はお天気も良かったし、日も長くて、人に会えなくても、子供達となんとか充実して過ごすことができたけど、これからどんどん日が短くなって、もう寒いし、こんな気候で自粛期間になったら、本当に辛そうだ。本当に、本当に、早く前の日常が戻って欲しい。

引きこもり生活10日目(月曜)

もう10日も子どもとしか時間を過ごしていないなんて信じられない。友達と騒ぎたい。

朝から義母から電話。携帯の調子がおかしいから、いつか見て欲しいという。うちの長男がそういうのに強いからやってほしいと。私にも子どもにも会えないから、私が来ると連絡すれば、玄関の前に携帯をおいておくという。本当に、とことん怖がっていて、ほぼパニックだ。

という私も、最近ずっとコロナの記事ばかり読んで、どんどん落ち込む。自分でちょっと制限しないといけないな、と思う。だけど、イタリアでも、イギリスでも60歳以上の患者は集中治療室に入れる余裕がないとか、自宅に送り返される、とか、限りある人工呼吸器を若い人に回して行く、とか聞くたびに本当に落ち込む。しかも、看護される間も、スタッフも医者も防護服だ。人の温かみを感じることもなく、会話もされることもなく、本当に不幸に亡くなってしまっても、家族は来る事も出来ず、感染の危険があるから普通のお葬式さえできないという。こんな悲劇があるだろうか。

夫が亡くなってから、夫は病院の遺体安置室の冷凍庫にかなり長いことはいっていた。クリスマスや年末があったし、解剖もあったからだ。でも、そのおかげで、ドイツからの家族もお別れをいう事も出来たし、私たちは「いつでも会いにきていいですよ」と言ってもらえた。袋に入っていて、私たちがくるときは顔の部分だけ出してくれていたのだけど、私が手を握りたい、触りたい、と言ったら快く出してくれた病院のスタッフ。ちゃんとお別れが言えた、大切な時間。突然死だったから、受け入れるのに相当時間がかかったけど、あのときは、まだ信じられない状態だったけど、あの時間はとても貴重だった。

コロナだったらそれも出来ない。

本当に本当に早く収まりますように。祈るしかない、毎日。

朝は買い出しに出かけた。ふたつのスーパーを回ったが、今日はトイレットペーパーがどちらにもなかった。うちには十分あったので必要はなかったのだが、先週よりも厳しさを感じた。大きな方のスーパーでは、買い物カートのハンドルがスタッフによって毎回消毒されていた。

昨日のトンカツが残っていたので、子供達はカツサンドをお昼に、私はご飯とふりかけで軽く済ませた。

夜ご飯は子どもたちの大好きなラザニア。

そして、DVD「塔の上のラプンツェル」を見た。なんでも、ラプンツェルの出身の王国の名がコロナ王国、ラプンツェル自身も塔の上に監禁されていたことから、「まさかこれはコロナの予言?」とネットで話題になっていると、長女がいうからだ。笑 見つけた人すごいな。

オンラインでドイツ語を勉強したり、ダンスのステップを自主練したりしている。ネット環境が整っていて、本当に良かった。それにしても、本当に大変なことになっている。悲しい。