4人目の出産は水中出産 後編

予定日を過ぎた頃、破水してお産が始まった。病院についた時点で、水中出産できる部屋が2つとも空いていて、私が使えることになった。ベッドや、普通のお風呂やシャワー、トイレも付いている完全個室だ。

付き添いを申し出てくれたイギリス人の女友達とおしゃべりする余裕もあり、自分の好きな音楽をかけて、お産が進むのを待つ感じだった。定期的に助産婦さんが様子を見にきた。病院のネグリジェのようなパジャマを着て、陣痛を和らげるために、お風呂ではなく、出産プールにお湯が入れられ、私はパジャマを着たまま、プールに入った。プールといっても、普通の浴槽の3、4倍くらいの大きさで、中に座れるような部分があったり、天井から紐が下げられて、プールに入ったままで、その紐を引っ張れるようになっていたりした。陣痛の時に苦しくなったら引っ張って持つための紐だ。日本と違って、出産前に浣腸されたりしない。これまでのお産でも、少し便が出たのを自分でわかっていたので、プールではどうなるんだろうな?と思った。そして、助産婦さんは一人?二人?一緒に入ってくれるのかな?と思った。

あれよあれよという間に、お産は進み、私は女友達の腕を何度も掴み、陣痛に耐えた。いざとなったら恥ずかしいし、直前で彼女には外に出てもらおうと思っていたのに、やっぱり不安だったし、結局最後まで一緒にいてもらうことになり、私は彼女の腕に爪まで立てた。陣痛の時は、アグレッシブになってしまうものだ。

助産婦さんは、一向に水に入る気配がない。私が「いつ入ってくれるのですか?」と聞いたら「え?私たちは入らないわよ。感染症のリスクもあるしね」とあっさり言われ、私の勉強不足を反省した。でも、確か、日本の出産雑誌には、プールに一緒に水着で入ってくれる助産婦さんの写真があったような。

二人の助産婦さんと、私の友達が、プールの周りで私の様子を伺い、私は一人水の中で座ったり動いたりして陣痛に耐える。子宮口の具合を見るために、助産婦さんが長い柄のついた鏡を入れて、そこにもう一つの鏡を向かい合わせて、外から鏡ごしに判断する。こんなんで、ちゃんとしたタイミングでいきめるように指示が出るのかな?と不安になる。そして、びっくり。巨大すくい網が、無言でさっと登場して、水の中に入れられ、さっと処理された。便だ。やっぱり仕方ない。おかしさと恥ずかしさが勿論あったが、さすがは私も4人目の出産だ。面白いと思う余裕さえあった。そのあと、何度かすくい網が登場し、いよいよお産も正念場。いきむように指示が与えられた。

友達は私の腕を持ち、感動ですでに涙を浮かべている。私は、こんな感じじゃ、絶対に会陰切開はされないし、どうなるんだろうなぁと思いつつ、必死に指示通りいきんだ。

そして、最後の指示で、出てきた!私の4人目の子供だ。助産婦さんはプールの外から手を入れ赤ちゃんをゆっくり取り出した。私は座ったまま、へその緒が繋がったままの自分の赤ちゃんと向き合った。ほんの数秒のはずだが、水の中で、目をつぶって、まだ泣かない赤ちゃんと対面したのは本当に本当に神秘的だった。

子宮からプールにでても、水の中ということで、自分が生まれたことに気づいてないのだという。そして、ほんの数秒であっという間に助産婦さんから私に赤ちゃんが託され、私が赤ちゃんに向き合う形で、水の中から水の外へ引き出した。その瞬間、まだ青っぽかった赤ちゃんが血の気を帯びて、泣き出した!

この水の中での対面から、私が水の外に引き上げるまでの、10秒にも満たないこの時間のことは一生忘れることのない、とても神秘的で特別な体験だった。水中出産を選んで良かったと心から思った。

4人目の子供は、見るからに大きかった。強く生まれてきてくれてありがとう。

まだ20週にも満たないうちに、父親が急死、ずっと私のストレスを感じて大きくなってきたはずなのに、なんと健やかな子なのだろう。父親を全く知らずに生きていく、この子を十分に愛していこう。この子が成人するまで、私は元気でいよう。

私たち家族は、パパと私と子供達3人の5人家族から、パパがいない4人家族になって、またこの子供の誕生によって、ママと子供達4人の5人家族になった。

4人目の出産は水中出産 前編

色々ありながらも月日は経ち、臨月になった。日本から母親が手伝いにきてくれ、出産準備にとりかかった。イギリスでの出産も4回目だ。イギリスの医療は国営で全て無料。出産も無料だが、そこは外国、日本とはいろいろなことが異なるらしい。私はイギリスでしか子供を産んでないので、いい意味でも悪い意味でも比べられないのだが、とりあえず私のこれまでの出産を思い出してみる。

一人目:初めてのことで不安で、陣痛が10分間隔になった時点で即病院へ。でも、まだ子宮口がそんなに開いてなく、先が長そうだということで、病院内を散歩するように言われる。何時間も夫と院内を散歩し、陣痛に堪え、それでもお産は進まず、疲れのみがピークに。結局、お医者さんの勧めで、無痛分娩に切り替え。陣痛と疲労の中、麻酔の同意書にサイン。自分で最後はいきめるように8割くらいの麻酔をされた。麻酔が効いたら痛みはぐっと減ったが、会陰切開もされた。子供は元気で、夫が立ち会いへその緒を切ってくれた。イギリスの病院は、当時、帝王切開なら3泊くらい、そうでなければ1泊くらいで家に帰るのが普通だった。赤ちゃんがお医者さんに点検を受けて、ママがオムツ替えや母乳をあげることなどに慣れたら、家に帰されるのだ。その後は、助産婦さんと保健婦さんが毎日家に来てくれて、赤ちゃんの体重を量ったり、ママの相談に乗ったりしてくれるシステムだ。そんな中、私は、6人部屋で一番長く滞在した。3泊だ。毎朝看護婦さんが、「もう帰れそう?」と私に聞き、「いや、まだ自信がないです」と答えた。とにかく麻酔の後の身体の回復がきつくボロボロだった。6人部屋で6人のママと6人の赤ちゃんが同室だ。基本は出産直後からママがずっと赤ちゃんの世話をしなくてはいけないのだ。いつも音はするし、病院の部屋は落ち着けるものではなかった。食事も全く量が足らず、日本人の友達が毎日届けてくれる日本食がなかったら、ちゃんと母乳も出なかったかもしれない、と思うほどだった。それでも、私はまだ若く、色々不安で長く滞在したのだった。とはいっても3泊だけど。

二人目:正直一番記憶にないお産なのだが、陣痛がピークの時に「やっぱり無痛分娩にしたいです」と訴えたら、「もう遅すぎるわよ」と言われ、笑気麻酔(イギリスでは一般的、ガスを自分で吸う)だけで乗りきった。会陰切開はされなかったが、少し裂けた。やはり、夫が立ち会いへその緒を切ってくれた。2回目だけに夫が落ち着いていたのを覚えている。1泊して翌日には退院した。上の子供のことが心配だったし、家の方が落ち着けると思った。

三人目:経産婦だし、予定日より早まるとなぜか信じていたのに予定日を1週間超えても、全然出産の気配がなく、とにかく動くように言われた。散歩して、階段を上り下りして、公園でシーソーに乗ったりもした。結局10日遅れで出産となったのだが、一番小さい赤ちゃんで、とにかくお産が楽だった。痛み止めも麻酔も何も使わず、下が切れることもなく、出産後1時間もたてば、立って歩くことができるほどだった。結局24時間以内に退院した。一番楽なお産だった。やはり、夫が立会い、へその緒も切ってくれた。

そして今回の四人目の出産。夫はいない。もう四人目だし、三人目の出産はすごく楽だったし、私は一人でタクシーで行って一人で産んで来ようと思っていた。イギリスではバースプランといって、自分の希望する出産計画を書くのだが、その時にも、なるべく痛み止めや麻酔を使わずに立ち会いもなしで、と書いていた。が、その後、いろんな友達や友人に、「一人じゃ不安だろうし、誰かいたほうがいい」「もし私でよければ立ち会うよ」と言ってもらった。結局、イギリス人の友達に、私が希望するときまで一緒にいてもらうことをお願いして、そして、できれば、出産プールを使いたいと希望した。

イギリスは無料だが、陣痛を耐える部屋と出産の部屋は同じで、個室だ。お風呂も各部屋についていて、自分の好きなように部屋を使える。これまでの出産で、お風呂に入ると陣痛が和らぐことを実感していたので、できれば、そのまま水の中で産みたいかもしれないと思ったのだ。

私の街の病院には水中出産できる個室が2つあった。お産が始まった時点で、その部屋が空いていれば使えるということだった。

続きはまた後編で。