映画 セブンシスターズ

ちょっと怖いけど、わたしは好きだった映画。年齢制限、こっちは16歳以上になってて残虐シーンも多かったけど、見てよかった。長女が見たいというので、一緒にネットフリックスで見た。クリスマスにネットフリックスを親戚からプレゼントされた子供達は、最近色々情報を仕入れてくる。

英語のタイトルは「What Happened to Monday」月曜日に何が起こった?の時間としての on Mondayではなくて、toになっているのがポイント。これ、名前なんです。

月曜日と名付けられた女性。

時は2073年。遺伝子組み換え食品が増えたことで、人間の生体にも影響が起き、双子や三つ子などの多胎児妊娠が増える。人口が増え続け、食糧危機になっていく中、政府は一人っ子政策を押し出す。チップで徹底的に管理され、兄弟がいる家庭の子供は1人を残し、政府に連れていかれる。政府の施設に送られた人たちは、冷凍保存され、地球の環境が整った頃にまた戻される、というのが表向きの説明だが、施設の中で本当は何が起こっているかは皆知らない。

そんな中、7つ子が産まれる。表向きには1人だけ残ったことにして、7人全員隠れて育てる決心をする医者の祖父。月曜日から日曜日までの名前をもらう7人。自分の名前の曜日になると、彼女たちは外出し、普通の暮らしをする。家に帰ると、その日の出来事を詳細に分かち合い情報を共有する。同じチップを入れられ、表向きは1人の人間に見えるけど、本来の個性や性格はそれぞれ。

ちょっとやんちゃな「木曜日」ちゃんがスケートボードで怪我をして指を失うと、他の6人の指も祖父によって切断される。そうやって、この7人は大人になっていく。もう祖父もいなくなって、30代になった彼女たちだけでの生活が続く中、「月曜日」が帰宅しない夜がある。

「月曜日」の行方を知るために、姉妹が協力するのだが、政府に正体がばれて、残虐な戦いになっていく。

ストーリーも面白いなと思ったし、このノオミラパスという女優さんが1人で七役しているところもすごいと思う!イギリス、アメリカ、フランス、ベルギーの合同作品だそう。

ちょっと怖いのが好きな人にはおすすめかも。

それにしても、こんな世の中だったとしたら、4人も産んでしまった私は地球のために最悪なことをしてしまったということになるのか。汗 とほんの一瞬だけ思った 

久々に酷い映画を見た 笑

雪遊びで疲れ、オンラインホームスクールに疲れ、下の子供達は早く寝てしまうし、ティーンの子たちは部屋にこもるし、私の夜のひとり時間はとても長い。

また映画でも見ようと、アマゾンプライムで検索。簡単に楽に見れるのがいいなぁと探して、ピンと来たのが、これ。「恋とスフレと娘とわたし」前半30分は面白く見れた。

娘3人のうち上の2人は結婚。死別して娘を1人で育て上げた主人公は、もうずっとシングルで、娘たちと濃厚な関係を保つ。悪く言えば、すごい干渉。末っ子に彼氏がいないことを気に病み、娘の彼氏作りに奮闘する。

わたしも娘が3人いるし、3人とも性格が違うし、わたしとの関係も違うし、大人になってこんなになんでも話し合えて、いっぱい時間を過ごせたら楽しいだろうなーという気持ちで見ていたが、だんだん話が現実離れしていく。

末っ子には急にタイプの正反対の2人のイケメン彼氏ができ、なぜか結構長いこと二股を続け、2人から本気で愛される。そして、主人公の母親にも彼氏ができる。

ところどころ、品のないジョークやウケ狙いの場面があったりで、なんとも言えない気持ちになる映画だった。

せっかくだから最後まで見たし、女優さんも皆綺麗でよかったけど、久しぶりに「こりゃ酷いな」という感想の映画を見てしまった。

この数年で見た映画で、わたしの中でのベストは「ジョーカー」だ。わたし、やっぱり、もっと重たいテーマの映画が好きなのかも。

今夜は、わたしの大好きな「レミゼラブル」を娘と見る予定。楽しみだなー!

映画「マザー」を見た

埼玉で起こった少年が祖父母を刺し殺した実話をもとにしたと言われる映画「マザー」を見た。ちょっと苦しくなるような、暗い映画、実は好きだ。

見てよかったけど、心が重たくなる映画だった。今の日本でこんな親子がいるなんて。悲しすぎる。行政の関与もあり、生活保護を受けていた時期もあったのに、危うい方向へ自ら進み、母親は働く様子は微塵もなく、前夫からの養育費も入っていたのに、息子を使い、幾らかばかりのお金を借りまくり、そのうちに息子の仕事を当てにし、最後は息子に自分の親を殺させる。

こんな親がいるのだろうか。自分も息子も刑を受ける段階になっても、「息子が勝手に殺したこと。指示したことはない」と反省の様子もない。親だったら、子供を庇うのが普通じゃないのか?この息子は、どうして母親の元を離れなかったのか?

母子の共依存っていうのかなぁ、こういうのを。

主人公の少年を演じた役者さんは、「恋する母たち」にも出ていた奥平大兼さん。こんな酷い母親役は長澤まさみさん。わがままで、誰とでもエッチをして、子連れでホームレス状態になって路上生活をするような自堕落な女性だけど、やっぱり長澤まさみは手足も長いし、綺麗すぎて、ちょっと現実味がなかったけど、綺麗だったから見れたのかもしれない、とも思ってしまった。

邦画大好き。コロナの自粛はまだまだ続きそうなので、もっと見ていきたいな。

映画「ヘルプ 心がつなぐストーリー」

名画。ちょっと下の子供たちには難しいかなと思うけど、もう5、6回家で見ているDVD。1960年代のミシシッピ州で黒人メイドたちの状況と、それに興味を持つ白人ジャーナリストとの交流と騒動が描かれる。

難しいテーマだけど、メイドの一人が、人種差別甚だしい、ひどい白人雇い主の女性にい不当に解雇されたあと、ちょっとした復讐のつもりで、自分の大便を入れた(!!)彼女が一番大好きなチョコレートケーキを持って、後日挨拶に行き、彼女がケーキを食べるのを眺める、というシーンが、下の子供達にはウケるようだ。

名優ぞろいだし、エマストーンは可愛いし、重たいテーマだけど、大事なことが描かれているので、ぜひオススメしたい。

明後日からドイツではホームスクール。8時過ぎにはオンラインレッスンが始まるので、また早起きの日々になる。今日から早寝させなきゃな。

エッチな映画を観る 2

先週に続き、テレビで「フィフティシェイズオブグレイ」のパート2が昨夜放送されたので、また一人で見た。

パート1よりもストーリー性があって、キャラクターの描かれ方が深くなっていたように思えて、ずっと楽しめた。とにかくダコタジョンソンが可愛いのだが、相手役のジェイミードーナンもかっこよすぎる。イケメンは綺麗すぎて苦手な私だが、彼は、少年らしさや、なぜかアジアのイケメンぽさも感じてしまう。イケメンのアジア人は、イケメンの西洋人よりも格段にかっこいいというのが、私の持論だ。夫は、真っ白の金髪の外国人だったけど、本当は、色が黒くて、あっさりした昔でいう醤油顔が好みなのだ。

キムベイシンガーが出ていたことにも驚いた!昔のエッチな映画の代表作とも言える「ナインハーフ」の女優さんだ。調べたら1986年公開だったという。私はずっと後になって、レンタルで見たはずだ。エッチな映画、やっぱり昔から好きだったのかな。前にここに「性欲」というタイトルでブログを書いたぐらいだから、やっぱり少しエロいのかもしれない。あ。「全裸監督」も見て、そのことにも書いたはずだ。やっぱり私はエッチなものが好きなのだろう。

昨日見たパート2は、性描写が過激すぎて度肝を抜かれた。超特殊だけど、あまりにも非日常のレベルの世界で話が進むので、完璧に自分に置き換えることなくエンターティニングなものとして見れてしまった。

あまりに過激すぎて眠れなくなって、この映画について英語で検索していたら、コスモポリタンという雑誌に、この映画で描写されたセックスを夫婦で全部経験してみた、という人のコラムに行き着いて、また度肝を抜かれた。世の中には色々な人がいるもんだ。平和だな。と思いながら眠りについた。

来週から学校が再開しそうなので、早寝早起きにしようと調整中。私のリズムも完全に狂っているので、どうにかしなければいけない。夜中にエッチな映画を観る場合じゃない。パート3はテレビで放映されないようで、来週は別の映画だそうだ。パート2がよかったから、3にも興味が出てきた。アマゾンプライムで見れたらいいな。

エッチな映画を観る

といってもAVではない。昨夜ドイツのメジャー放送局で放送された映画「フィフティシェイズオブグレイ」だ。

本がやたら主婦たちに受けている、ブームになっていると聞いていたが、読んだことないまま、映画も見てないままだった。

主演女優ダコタジョンソンがとにかく可愛い。先週子供達と「ワタシが私を見つけるまで」をアマゾンプライムで見て、すっかり彼女の魅力に取り憑かれた私。

その彼女が、すごい脱ぎっぷり、大胆な演技。でも、品があるというか。ストーリー自体はなんだか親近感も湧かないし別世界のような話だったけど、テレビで夜中に一人で見るには、充分満足だった。来週は第2弾が放送されるらしい。あまりにも綺麗なヌードと、特殊なエッチの世界すぎて、これを見て悶々としたということは、ない。念のために言っておくけど。

こんなに長く社交をやめて、誰にも会わない生活を続けていたら、恋愛が必要かどうかもわからなくなってきた。私に告白してくれたダンスパートナーとも時々やりとりするだけだし、彼も今やどう思ってるか分からない。とにかく、子供達と健康で過ごしていきたいと思うばかりだ。コロナ騒動がもたらした思わぬ私の心の落ち着き。

さて。今日は、子供の矯正歯科の予約があったので、38日ぶりに街の中心部に出た。そして、昨日から大型店舗以外は全て営業再開。街の様子をドキドキしながら行ったけど、人はそれほど多くなかった。お店の人もほとんどマスクをしているし、お客さんも本当に少ない。末っ子の靴下をどうしても買いたくて、子供服のお店に行ったら、ちゃんとお店に消毒液がおいてあった。久しぶりに食材以外の買い物をして、すごく心が躍った。

それにしても、子供達のホームスクーリングが結構大変だ。オンライン授業ではなくて、メールやネット上で宿題と課題が出るのだけど、印刷したり、コンピューター操作のために、結局私の手伝いが必要だし、なんだかんだで午前中あっという間に時間が飛んで行く。なんか、春休み前の時のホームスクーリングの時よりも大変になっている気がするのはどうしてだろう?

そして、異常に眠たい。子供達とハリーポッター4を見ていたら、私だけソファで寝落ちしてしまった。緊張感のない毎日。エッチな映画を見ても、恋愛欲が掻き立てられない。コロナが落ち着いて欲しいと願うばかりだ。

ジョーカーを見てきました

オスカーが発表され、いつか私もブログに書いた「パラサイト」が、非英語の映画として初の作品賞をとったりして快挙でしたね。主演男優賞は、ホアキン フェニックスだったので、ちょっと怖いけどやっぱり見ておこう「ジョーカー」と女友達と盛り上がり、急遽、嵐の去った後、夜に見てきました。

バットマンもコミックも見たことのない私ですが、十分すぎるくらいたのしめました。というか、圧巻でした。すごい演技力。こちらでは16歳以上指定で、残酷なシーン、殺人シーンもありますが、それよりも何よりも、ストーリーが悲しくて悲しくて、彼の人生がかわいそうで、本当に心からさびしくなる、辛くなる映画でした。こういうの好きです。

映画館で見れて良かった。パラサイトはちょっと豪華なテレビドラマっぽさがあるかな、家で見てもいいなって思ったけど、ジョーカーは映画館のほうが断然いいと思いました。

人に優しくしたい、優しい人間になりたい、と思えたいい映画。音楽のつかわれかたも良かったし、街の様子、超名シーンとして語り継がれそうなアイコン的シーン(ジョーカーが階段で踊るとことか)もすごく素晴らしく美しく哀しく、想像以上の映画でした。

急な思いつきが実現出来て良かった。フットワークの軽さがあってよかった。

今年のカンヌ最高賞のパラサイトを見てきました

去年のカンヌ国際映画祭の最高賞のパルムドール賞は日本の「万引き家族」でした。すごいよかったですよね。ドイツでも日本語で見れる日があって、音声日本語ドイツ語字幕の回に映画館でみました。

で、今年のパルムドールは韓国映画の「パラサイト」が受賞。ドイツ人友達がすごい映画だったというので、見に行ってきました。

韓国語はできないので、ドイツ語で見てきましたが、面白かったです。ちょっと展開が派手というか、キャラが分かりやすく設定されているのと、日本映画にあるしみじみとした心あたたまる、何かぐっと残るものがある、という映画ではなかったけど、びっくりドキドキする展開で、とてもエンターテイニングな感じに仕上がってました。とはいえ、貧富の差、家族の繋がり、愛がちゃんと描かれていて、見てよかったです。ちょっと怖いシーンがあるので、ドイツでは16歳以上指定映画です。

日本では来年春に公開されるそう。みんなどんな感想を抱くのだろう。

死別日記だけど、こんなことも綴っていきたいです。

週末はDVD鑑賞

家族連れを沢山目にするのが辛くて、週末は特にキツイ。きっと子供たちも同じだろう。そうそう言葉には出さないけど。

我が家の場合、兄弟が多いので、家の中だけで割と様々な人間関係になる。たとえ、子どもといっても個性はそれぞれだ。組み合わせ次第で人間関係がいろいろうまれる。

頑張って週末外出して落ち込むばかりではなく、週末の楽しみを作るため、金曜と土曜の夜は家族で映画を見ると決めた。

DVDは欲しいものは我慢せず買うことにして、去年からはamazon プライムも使えるようにした。

ドイツの平日は朝が早いので、夜も早寝が基本だけど、週末は遅くまで映画を見て(とはいっても22時半くらいだけど)朝もゆっくりしようと思った。勿論末っ子はまだ小さすぎて、平日も週末も区別があったものじゃないけど、とにかく家族でこういう楽しみを作ろうと思った。

これは、いい。

電子レンジでポップコーンを作ってリビングをちょっと薄暗くして、子ども4人と私でソファーにくっついて、毛布まで持ち出して映画を見る。上の子どもたち3人と私が順番で見る映画を決め 、他の人は文句は言えない。

ディズニーはアニメでも実写でもやっぱり良くできているし、息子の選ぶ車の映画やヒーローものも、ちゃんと観ると面白い。

これから何十本も何百本もの映画を一緒に見ていくのかな。ずっと続くといいな。子供たちと過ごす週末の夜。