ドイツのコロナ規制 クリスマスはどうなるのか?

11月初めから半ロックダウンのドイツ。衣料店やデパート、お店は人数制限しつつ、普通に営業されているけれど、パブやカフェは閉鎖。レストランもテイクアウトのみだ。美容院や自動車学校は営業されているけれど、エステやスポーツジムなどは閉鎖。

人との接触に関しては、別の住所にすむ二世帯まで合計10人以下で会うことができる、という風になっている。

この規制はとりあえず11月いっぱいということで、12月からどうなるのか、ということが皆の関心の中心だった。なんといっても12月はクリスマスがある。そして大晦日。ドイツ人が一番楽しみにしているといっても過言ではない、大イベント。家族で集まり数日過ごすとても大切なクリスマスの時期。私も、ドイツに来てからは、毎年義父母、義理の兄弟、その家族と20人弱で毎年集まっていた。

昨日、12月以降の規制が見直され、決定事項がメルケル首相により伝えられた。いつもはドイツのテレビはほとんど見ない私も、昨日の夜は生で見た。

半ロックダウンは引き続き、そして、人との接触制限はさらに強化。二世帯5人までしか集まれない。(14歳以下の子供は人数に入らない)

だけど、さすが、クリスマス重視のドイツ。12月23日から1月1日までは接触制限がかなり緩和されるという。世帯、住所に関係なく、10人まで集まれることができるとのこと。(14歳以下の子供は数に入らない)

だけど大晦日の恒例の花火は禁止。これが大騒ぎでアルコールも入るし、濃厚接触ふえすぎるからね、これは納得。

そして、12月20日以降、もしかしてもしかしたら、レストランの営業がありえるかもしれないとのこと。

今日、子供達が学校の間、私だけ義父母に会ったのだけど、義父母は、まだ不安がいっぱいあるようで、クリスマスも、今の段階の気持ち的には、皆別々に食事を家ですませて、どこかでみんなで散歩するくらいになるかもしれないね、ということで落ち着いた。プレゼントは玄関まで持ってくるけれど、今年は仕方ない。と。孫たちを抱きしめることが、もう3月からずっとできていなくて、義母は涙を浮かべていたが、本当に仕方ない。ドイツは先日、400人を超す死者が1日で出て、コロナ以来最悪の日となったばかり。

引き続き、気をつけつつ、明日は、久しぶりに日本人のお友達と近くの林に散歩に行く予定だ。久しぶりの日本語での大人との会話。楽しみだな!

ちょっとイラっときたこと

心が狭いのかもしれない。私は死別してからさらにわがままになったのかもしれない。だけど、悲しさよりも、イラっときてしまった自分にも自己嫌悪だ。

イギリス時代の日本人知人からメッセージがきたのだ。数回お話ししたことがある別の日本人女性のご主人が1週間前に倒れて亡くなったというのだ。56歳。大学生のお子さん達と奥さんを残されてあっという間に亡くなったと。

すぐに思ったのは、たとえ私は数回しか会ってなくても彼女のことをなんとなく覚えてるし、あちらが覚えてないとしても、カードは送ろうかな、これから大変だろうな、本当に残されたご家族のことを思うと心が痛いな、ということだった。

そういう気持ちを知人に簡単に返答したところ、彼女から、「あなたの旦那様が亡くなった時、どういうことをしてもらったら嬉しかった?」「どんなことが助かった?」「もうお悔やみを言いに行ってもいいだろうか?」から始まって、私も今でも辛い思い出を思い起こしつつ、人によって全く違うだろうなと思いつつも、私の経験を簡単に述べた。

そこまではまだ良かったのだが、「ところで、ご主人の死因ってなんだったの?」「高血圧だったんだっけ?」「亡くなったばかりの人も、持病とかなかったらしいの。不公平よね」というメッセージ。

これら3つのメッセージが辛くて、デリカシーにかける気がして、既読無視してしまった。半日。

どうも彼女も言いすぎたと思ったのか、「遠くからだけど応援してます。大好きです」ときたけれど、「ありがとう」とだけしか返事できなかった。

私はもう死別して数年経っているけど、こういうダイレクトな質問は大丈夫な時と大丈夫じゃない時がある。雰囲気によっては、全然大丈夫で、どんどん話してしまいたい時もある。雰囲気、タイミング、相手との親密度によって全然違う。

心が敏感になりすぎているな、とは思う。

それにしても。海外で、ご主人に急死され、お子さん達はもう家を出ていて。まだ50代だろうと思われるその方もこれから辛い日々が続くことだろう。お葬式もこの状況でとても小規模なものになるのだろう。心が揺れる。

紹介の件

友達の日本人ピアニストとバイオリニストが、バツイチのドイツ人バイオリニストを紹介してくれる、という話がとうとう実現して、今日の午後、みんなでお茶をしてきた。

みんなはお互いをもう長いこと知っていて、私もその彼の顔を見たことはあるし、彼もどこかの機会で私のことを見かけたことはあったらしい。

紹介、と聞いてドキドキしていたのだが、とてもカジュアルな雰囲気でみんなで普通の会話をしてきた。彼の第一印象は、フレンドリーなおっちゃんだな、という感じ 笑 素直そうな人だな、とコロコロ変わる表情を見ながら思った。

彼はサルサにハマりまくっていて、週に何度もサルサのイベントに行きまくっているらしい。今は、コロナのために、屋外の小規模なイベントしかないらしいけれど。私は社交ダンスが好きなのだけど、彼は昔初歩コースを取ったのみだという。というのも、音楽家、ということで、夜遅くまでコンサートがあったりして、自由になる時間が22時以降とかで、その時間からできる趣味は限られてしまい、夜遅くまでやっていて、週に何度もイベントのあるサルサに落ち着いた、というのだ。

ドイツのこんな小さな地方都市でサルサイベントがそんなにあることに驚いた。私はサルサは、社交ダンスのコースでパートナーのおじちゃんと数回やった程度。くるくる回るのが目が回るなーという印象くらい。

2時間ほど、みんなで喋って、最後にワッツアップ(こっちでいうラインのようなもの)を交換してバイバイ。

どうなるのかなー 笑。少なくとも、私は彼に対して、好印象を持った。

メッセージとか送ってないけどね。彼からも来てないけどね 笑。

それにしても、この数日、私の街でもコロナが増えて来ている。こんなに増えたのは3月以来だという。ちょっと気が緩んでいたのかも、みんな。もうすぐ2週間の秋休みだけど、どこにも行かないでゆっくりしようと思う。

その彼とお茶くらいまた出来たらいいな。

紹介の話が舞い込んできた

ドイツには公営の劇場があります。ダンス、お芝居、オーケストラなどが、夏休みを除き、ほぼ毎日のように楽しめます。ダンサーや役者、声楽者や音楽家の生活が保障されているので、ドイツの劇場勤務を目指すのはドイツ人だけではないようで、外国人がたくさん所属しています。

私の住む街の劇場にも日本人の歌手、音楽家、ダンサーがいて、その中でも数人はかなり仲良くしているのですが、その中の一人の人が、私に紹介したい人がいるのだと。

なんでも、バツイチの50代のドイツ人男性の音楽家でダンスが好きな人らしい。私が好きなのは社交ダンスだけど、彼がはまっているのはサルサだという。

とりあえず、みんなで会ってみてはどうか、と、私よりだいぶ年下のバイオリニストの彼女がいうのだ。友達になるだけでもいいではないか、と。

ちょっとドキドキだな。まだ日にちは決まってないけど、私の空いてる日にちは彼女に知らせた。ドキドキだな。。。笑