死別3年でプロポーズは非情なのか?

https://otekomachi.yomiuri.co.jp/news/20200818-OKT8T234245/

読売新聞の悩み相談に寄せられた悩みだそうです。

死別3年の男性が、その後新たな恋人に恵まれ、プロポーズしたところ、彼女に、3年はまだ供養期間のはず、などと言われて断られたという話のようです。

まだ早い、いや、早くない、などといろいろな意見が寄せられたそう。

死別のストーリーは人それぞれ。環境、子供の有無、幸せな結婚生活だったかどうか、病死だったのか、急死だったのか。残された人の性格、年齢。

誰も何もいえないなぁと思います。でも、そのプロポーズされた恋人は、一番近くで彼を見ていたはずなのに、断ったということは、彼はまだ再婚の段階ではないと彼女が判断したのか、彼女自身が、亡くなった奥さんに対しての気持ちに整理がついてないのかもしれないとか、色々想像してしまいます。

私自身は、もうとっくに7回忌も終え、死別3年目くらいからは、恋人が欲しいと近くの人には宣言していますが、実際はまだまだ夫を忘れられないでいます。

フェイスブックでアメリカ人中心の死別の会に入っているのですが、死別して1ヶ月未満で、新しい人とデートして、混乱して帰ってきた。まだその段階ではなかった。というような投稿が時々あって、そういうのを見ると、「いや、1ヶ月は幾ら何でも早すぎるだろう。ありえないだろう」と思ってしまいます。でも、もしかして、ずっと長い闘病生活があったのだとしたら?もう何年にも渡って心の準備ができていたのだとしたら? 色々想像します。

人との出会いはどこにあるかわからない。どこに運命の人がいるか分からないのですものね。

死別後割とすぐに、新しい恋愛相手に恵まれる人も、私のように、望んでいても、なかなか縁がない人もいる。

プロポーズを断られてしまったその男性が失敗した点があるとすれば、彼女はまだ彼との結婚を考える段階ではなかった、ということに気づけなかったところでしょうか。もしくは、彼女は彼を愛するがあまり、想像力が働きすぎて、自分といつか死別しても、また彼は3年あまりで他の人と再婚するかもしれない、と怖くなったのでしょうか。どちらにしても、お互いそこまで相手を思えていたのなら、よりオープンになって、交際が続いていくといいなぁ、と、基本楽観的な私はそう思います。

イギリス人の優しさ

クリスマス直前に夫が突然死した。私は小さい子供達3人とお腹の中の赤ちゃんの面倒を見ながら、毎日の家事育児はもちろん、そして夫の死後の書類やお葬式やいろいろなことをオーガナイズしなければいけなくなった。夫はイギリス人ではなかった。私たちは結婚してからずっとイギリスに住んでいたけれど、友達はたくさんいたけど、家族親戚はイギリスには誰もいなかった。

英語のできない夫の両親や兄弟たちがやって来た。私の家族も日本から来た。ここで、私たちはイギリス人の計りしれない深い優しさを体験することになる。

夫が亡くなった夜に病院に集まってくれた友達が率先して、私たち家族へ毎日温かい食事が届けられることになったのだ。教会のメンバーがインターネット上にホームページを作ってくれた。何人分必要なのか(多い時には10人以上だった)、苦手な食材は何か、などが書き込まれ、そのシステムが友達、教会のメンバー、子供の学校の保護者、近所の人にまで口コミで広がり、それぞれがメニューを書き込んでくれて、毎日毎日、誰かがうちまで食事を届けてくれたのだ。あの忙しさの中、食事の準備、買い物に追われる必要がなかったのは、本当に感謝だった。

そして、クリスマスには、私たちの子供、外国から来た夫の姪っ子甥っ子、そして大人全員の私たちの分までクリスマスプレゼントが届けられた。

毎日毎日数週間にもわたって届いたお花やお悔やみのカード、プレゼント、そして、数カ月に渡って届けられた私たちへの食事。

こういう深い優しさと愛をいっぱい体験したことが、本当に最初の数週間のどれだけの救いになったかわからない。私は、お葬式やいろいろな事務関係の書類などに追われたが、毎日毎日泣いたけど、でも、同時に、周りの人の優しさを感じることもできた。