付き合うまでのプロセスに困惑

バツイチの例の彼とキスをしてから、ほぼ毎日のように短い時間でもあっている。お茶をしたり、ご飯に行ったり。そして、家に帰っては「ドイツ 付き合い プロセス 告白」などとググっている。

というのも、これって、もう付き合っているのかな?というのが分からないからだ。もちろん、お互い好意があるのはわかる。だけど、どういうスタンスでデートしているのか、今後どうしていきたいのかという話になっていないのだ。

久しく恋愛してないし、同じドイツ人と言っても、夫と会ったのは日本だったし、お互い若かったし、変な障害などもなかったし。

今回はお互い大人。子持ち。バツイチと死別。キスを重ねて、デートを繰り返して、でも、どうなの?これに将来性はあるの?と、一人悩み。。再婚したいとか、そういうことじゃないんだけど。私って面倒くさいかな?

ドイツ生活の長い日本人友達にいろいろ相談したところによると、こっちは、告白→デート→キスというよりも、デート→キス&エッチ(!)→友達や親に紹介される→付き合っていることの確認(告白?)という順番が割と普通だというのだ。衝撃。

私は、それは嫌なのだ。別に生娘を装っている訳でも、自分を高値にしているつもりも、もちろんないけど、ちゃんと付き合っているという確認がないと、このまま進めない。

明日は聞いてみるつもりだ。怖いな。でも、下手に進んでしまって、向こうは真剣に付き合うつもりがなかったら、もっと嫌だもんね。なかなか難しい。

夫以外の男性とのキス

自分でもびっくりしているのだが、恋に落ちてしまった。ワクチンが進み、コロナ規制がほぼなくなって、日常が復活したこの夏。気持ち的にも色々あって、なかなかリアルタイムでブログに書くことができなかった。。。。本当は、こういうことこそ、即書くべきなんだろうけど。。

この夏は、ドイツにいた。子供達と国内で小さなホリデーをしたけど、基本はこっちにずっといた。そして、前に書いた、友達に紹介されたバツイチの彼と定期的に会うことが増え、好きだな、思ってしまった。2週間ほど前、ご飯を食べに行った帰り、ついにキス!!!!思わず確認してしまった私「ほかに、いないよね?」 もしかしたら、他にも同時で誰かと会ったり、デートしたりしてるかもしれないし、そういう関係の人もいるんじゃないかと、思ってしまったのだ。。。汗

「誰とも付き合ってないし、キスしたのも3年ぶりくらいだよ」という彼。

とりあえず、じゃあ、私のことも好きなんだなと、両思いになれた喜びを感じた。死んだ夫の笑顔が浮かんだ。都合よく解釈しただけかもしれないけど、この人ならいいんじゃない?と言われてるような気がした。 

英語圏の人の死別関係の本では、新しい出会いや、人のことを、「チャプター2」ということが多い。第2章。。と。。死別した相手が第1章で、新しい次の人を第2章だと。

これは、どうも私的には、まだピンとこない。死別した夫は私の一部で、もう私の中に夫が含まれている感覚なのだ。私自身が、もう前の私とは違っている。今後、私の気持ち、この彼の気持ちがどうなっていくのか、子供たちはどう反応するのか。など、色々、怖い。

まだ子供たちには伝えていない。まだ始まったばかり。どうなるか、自分でもわからないし。

死別3年でプロポーズは非情なのか?

https://otekomachi.yomiuri.co.jp/news/20200818-OKT8T234245/

読売新聞の悩み相談に寄せられた悩みだそうです。

死別3年の男性が、その後新たな恋人に恵まれ、プロポーズしたところ、彼女に、3年はまだ供養期間のはず、などと言われて断られたという話のようです。

まだ早い、いや、早くない、などといろいろな意見が寄せられたそう。

死別のストーリーは人それぞれ。環境、子供の有無、幸せな結婚生活だったかどうか、病死だったのか、急死だったのか。残された人の性格、年齢。

誰も何もいえないなぁと思います。でも、そのプロポーズされた恋人は、一番近くで彼を見ていたはずなのに、断ったということは、彼はまだ再婚の段階ではないと彼女が判断したのか、彼女自身が、亡くなった奥さんに対しての気持ちに整理がついてないのかもしれないとか、色々想像してしまいます。

私自身は、もうとっくに7回忌も終え、死別3年目くらいからは、恋人が欲しいと近くの人には宣言していますが、実際はまだまだ夫を忘れられないでいます。

フェイスブックでアメリカ人中心の死別の会に入っているのですが、死別して1ヶ月未満で、新しい人とデートして、混乱して帰ってきた。まだその段階ではなかった。というような投稿が時々あって、そういうのを見ると、「いや、1ヶ月は幾ら何でも早すぎるだろう。ありえないだろう」と思ってしまいます。でも、もしかして、ずっと長い闘病生活があったのだとしたら?もう何年にも渡って心の準備ができていたのだとしたら? 色々想像します。

人との出会いはどこにあるかわからない。どこに運命の人がいるか分からないのですものね。

死別後割とすぐに、新しい恋愛相手に恵まれる人も、私のように、望んでいても、なかなか縁がない人もいる。

プロポーズを断られてしまったその男性が失敗した点があるとすれば、彼女はまだ彼との結婚を考える段階ではなかった、ということに気づけなかったところでしょうか。もしくは、彼女は彼を愛するがあまり、想像力が働きすぎて、自分といつか死別しても、また彼は3年あまりで他の人と再婚するかもしれない、と怖くなったのでしょうか。どちらにしても、お互いそこまで相手を思えていたのなら、よりオープンになって、交際が続いていくといいなぁ、と、基本楽観的な私はそう思います。

エッチな映画を観る 2

先週に続き、テレビで「フィフティシェイズオブグレイ」のパート2が昨夜放送されたので、また一人で見た。

パート1よりもストーリー性があって、キャラクターの描かれ方が深くなっていたように思えて、ずっと楽しめた。とにかくダコタジョンソンが可愛いのだが、相手役のジェイミードーナンもかっこよすぎる。イケメンは綺麗すぎて苦手な私だが、彼は、少年らしさや、なぜかアジアのイケメンぽさも感じてしまう。イケメンのアジア人は、イケメンの西洋人よりも格段にかっこいいというのが、私の持論だ。夫は、真っ白の金髪の外国人だったけど、本当は、色が黒くて、あっさりした昔でいう醤油顔が好みなのだ。

キムベイシンガーが出ていたことにも驚いた!昔のエッチな映画の代表作とも言える「ナインハーフ」の女優さんだ。調べたら1986年公開だったという。私はずっと後になって、レンタルで見たはずだ。エッチな映画、やっぱり昔から好きだったのかな。前にここに「性欲」というタイトルでブログを書いたぐらいだから、やっぱり少しエロいのかもしれない。あ。「全裸監督」も見て、そのことにも書いたはずだ。やっぱり私はエッチなものが好きなのだろう。

昨日見たパート2は、性描写が過激すぎて度肝を抜かれた。超特殊だけど、あまりにも非日常のレベルの世界で話が進むので、完璧に自分に置き換えることなくエンターティニングなものとして見れてしまった。

あまりに過激すぎて眠れなくなって、この映画について英語で検索していたら、コスモポリタンという雑誌に、この映画で描写されたセックスを夫婦で全部経験してみた、という人のコラムに行き着いて、また度肝を抜かれた。世の中には色々な人がいるもんだ。平和だな。と思いながら眠りについた。

来週から学校が再開しそうなので、早寝早起きにしようと調整中。私のリズムも完全に狂っているので、どうにかしなければいけない。夜中にエッチな映画を観る場合じゃない。パート3はテレビで放映されないようで、来週は別の映画だそうだ。パート2がよかったから、3にも興味が出てきた。アマゾンプライムで見れたらいいな。

エッチな映画を観る

といってもAVではない。昨夜ドイツのメジャー放送局で放送された映画「フィフティシェイズオブグレイ」だ。

本がやたら主婦たちに受けている、ブームになっていると聞いていたが、読んだことないまま、映画も見てないままだった。

主演女優ダコタジョンソンがとにかく可愛い。先週子供達と「ワタシが私を見つけるまで」をアマゾンプライムで見て、すっかり彼女の魅力に取り憑かれた私。

その彼女が、すごい脱ぎっぷり、大胆な演技。でも、品があるというか。ストーリー自体はなんだか親近感も湧かないし別世界のような話だったけど、テレビで夜中に一人で見るには、充分満足だった。来週は第2弾が放送されるらしい。あまりにも綺麗なヌードと、特殊なエッチの世界すぎて、これを見て悶々としたということは、ない。念のために言っておくけど。

こんなに長く社交をやめて、誰にも会わない生活を続けていたら、恋愛が必要かどうかもわからなくなってきた。私に告白してくれたダンスパートナーとも時々やりとりするだけだし、彼も今やどう思ってるか分からない。とにかく、子供達と健康で過ごしていきたいと思うばかりだ。コロナ騒動がもたらした思わぬ私の心の落ち着き。

さて。今日は、子供の矯正歯科の予約があったので、38日ぶりに街の中心部に出た。そして、昨日から大型店舗以外は全て営業再開。街の様子をドキドキしながら行ったけど、人はそれほど多くなかった。お店の人もほとんどマスクをしているし、お客さんも本当に少ない。末っ子の靴下をどうしても買いたくて、子供服のお店に行ったら、ちゃんとお店に消毒液がおいてあった。久しぶりに食材以外の買い物をして、すごく心が躍った。

それにしても、子供達のホームスクーリングが結構大変だ。オンライン授業ではなくて、メールやネット上で宿題と課題が出るのだけど、印刷したり、コンピューター操作のために、結局私の手伝いが必要だし、なんだかんだで午前中あっという間に時間が飛んで行く。なんか、春休み前の時のホームスクーリングの時よりも大変になっている気がするのはどうしてだろう?

そして、異常に眠たい。子供達とハリーポッター4を見ていたら、私だけソファで寝落ちしてしまった。緊張感のない毎日。エッチな映画を見ても、恋愛欲が掻き立てられない。コロナが落ち着いて欲しいと願うばかりだ。

告白された

ダンスのパートナーのおじさんが、どうも私のことを好きになったらしい。「好きになってしまった」と昨日告白されてしまった。びっくりしてしまって、「いやいやいやいや、そんなことないでしょ」と誤魔化した私。「いや、ちょっと考えてみてくれ」と言われて、ぎこちなく他愛のない話してバイバイ。次に会うのは来週のレッスンかな。

そのダンスパートナーのことは嫌いではない。紳士的だし、控えめだし。だけど、好きになれるのか分からない。価値観が違うような気がしている。

でも、何度も言うけど、こんな悪条件(外国人、たくさんの子持ち、死別という複雑な状況)を受け入れてくれる人なんて、なかなか貴重な稀有な人だと思う。

そして、私は人恋しく、また恋愛がしたいと思っている。どうしようかな。

告白された!

投稿が滞っていたのは、夏休み前の子供たちのイベントが多くて忙しかったこともあるが、どうもこのことについて書くかどうか迷っていたからだ。

実は、前に数回書いた、夫の小学校時代からの同級生の独身の男性に告白されてしまった。結婚時代からドイツに行くたびに夫と会っていて、夫の死後、ドイツに越して来てからは、何かとお世話になっていた。毎週末短い電話をしてくれて、私たちに必要なものがあるかどうか、大丈夫か確認してくれた。2、3ヶ月に一回はもう一人の既婚の同級生と私の3人で食事に行ったり、飲みに行ったりしていた。

私に好意があるのではないか?とはなんとなく思っていたけど、本当に告白されたら驚いてしまって困惑してしまった。

素直に喜べなかったのは、私は可愛くない女性だろうか?

彼は、根はいい人だけど、かなりひねくれていて、友人としてはいいけれど、男性として魅力的に思ったことはないのだ。

でも、私のようなアラフォー、未亡人、外国人、4人の子持ちを好きになってくれる人なんて、かなり稀有な存在だし、私はそもそも贅沢を言えたり、自分の気持ちを優先できる立場なのだろうか?

正直、子供たちに父親のような存在を求めてはいない。子供たちの父親は夫だし、もうシングルマザーとして毎日の生活もまわっている。

私は自分の好きな人が欲しいのだ。そしてその人にも私を好きになって欲しいのだ。恋愛がしたいのだ。

なんて貪欲なんだろう。 そして、なんて、現実見れてないんだろう。私。

とりあえず、その彼はお断りしました。これからも友人関係でいれるといいけれど。

恥ずかしい事だが頭のなかの8割くらいは。。。

彼氏が欲しい、パートナーが欲しいと考えている。

4人も子供がいて、日々忙しく、ドイツ語も苦労して勉強しているのに、本当に8割くらいはその事について妄想している。

幼稚園や子供の学校で会う大人を見ては、あぁ皆夫婦揃って仲いいんだなぁと勝手に想像し、スーパーに行って他のお客さんや店員さんを見ては、きっとみんなパートナーがいるんだろうなぁと羨む。偏見入ってるかもしれないけど、勝手なイメージで申し訳ないけど、どんな老いた人でも、とてつもなく太っている人でも、すごく感じの悪そうな人でも、あぁ、きっと皆私のように一人ではないはずだ、と羨ましくなり妬む。

それほど悪いことをした記憶はない。どちらかといえば、真面目に生きてきた。たまの喧嘩はあっても夫は私に大きな不満もなかったと信じている。それなのに、私はこんな試練、こんな状態を与えられてしまった。

レンタル彼氏やレンタル父親が日本にはあるらしい。こっちにもあるのかな。

でも、レンタルじゃ虚しくなるかもしれないな。

再婚の希望などない。夫と一緒のお墓に入りたい。なんなら今すぐにだって、入ってもいい。正直に言えば。

子供のために生きている。というか、子供たちはきっと私がいなくても、親戚たちが育ててくれると思うけど、子供たちに、再び親を失う悲しみを味わってほしくない、というその気持ちだけで生きている。

遊んでも虚しい。どこかつまらない。子供と幸せを感じる瞬間はあるけど満たされない。

私は昔から、根っからの恋愛至上主義なのだ。

どうしよう。いい歳して、母親なのに私はおかしいかもしれない。