夫以外の男性とのキス

自分でもびっくりしているのだが、恋に落ちてしまった。ワクチンが進み、コロナ規制がほぼなくなって、日常が復活したこの夏。気持ち的にも色々あって、なかなかリアルタイムでブログに書くことができなかった。。。。本当は、こういうことこそ、即書くべきなんだろうけど。。

この夏は、ドイツにいた。子供達と国内で小さなホリデーをしたけど、基本はこっちにずっといた。そして、前に書いた、友達に紹介されたバツイチの彼と定期的に会うことが増え、好きだな、思ってしまった。2週間ほど前、ご飯を食べに行った帰り、ついにキス!!!!思わず確認してしまった私「ほかに、いないよね?」 もしかしたら、他にも同時で誰かと会ったり、デートしたりしてるかもしれないし、そういう関係の人もいるんじゃないかと、思ってしまったのだ。。。汗

「誰とも付き合ってないし、キスしたのも3年ぶりくらいだよ」という彼。

とりあえず、じゃあ、私のことも好きなんだなと、両思いになれた喜びを感じた。死んだ夫の笑顔が浮かんだ。都合よく解釈しただけかもしれないけど、この人ならいいんじゃない?と言われてるような気がした。 

英語圏の人の死別関係の本では、新しい出会いや、人のことを、「チャプター2」ということが多い。第2章。。と。。死別した相手が第1章で、新しい次の人を第2章だと。

これは、どうも私的には、まだピンとこない。死別した夫は私の一部で、もう私の中に夫が含まれている感覚なのだ。私自身が、もう前の私とは違っている。今後、私の気持ち、この彼の気持ちがどうなっていくのか、子供たちはどう反応するのか。など、色々、怖い。

まだ子供たちには伝えていない。まだ始まったばかり。どうなるか、自分でもわからないし。

コロナ増加中 秋休み

秋休み中だけど、遠出もしないで、おとなしい毎日を送っている。コロナが増えてきているのだ。周辺のヨーロッパ諸国に比べると、ドイツはまだ保たれている方なのだろうが、確実に第2波がきていると思われる。

子供達とボードゲームをして、DVDを見て、のんびり読書をして、たまに散歩やサイクリング。好きなだけ眠って好きな時に好きなものを食べる。

私、以外にインドア派かもしれない。友達とも随分集まっていない気がするが、なんだか大丈夫だ。義父母には頻繁に会ってるからかな。

音楽家の彼とは、あれから、もう一回友達含め4人で会いました。友達の家で、サルサと音楽談義。難しい話も出てきたけど、退屈することなく聞くことができました。

今日は薄暗く小雨模様。上の子供達は友達と会うというので、下の子供達を連れて、久しぶりに夕食は外食にしようかなと思っているところ。

そうそう、ずっと書くことが躊躇われて、遅くなってしまったけど、昨日、ようやくイギリスの知人にお悔やみのカードを送りました。数日前がお葬式だったそうです。ありきたりの文章じゃ、同じ死別者として、ちょっと足りないかな、と思ったり、でも、悲しみはそれぞれなのだから、お節介なことも書けないし、すごく悩みました。ただ、悲しみを想像すると言葉が見つからずに、すぐにカードを書けなかったこと、これからの寂しさを思うと胸が痛むこと、もしも、吐き出したい想いや何かあったらいつでも連絡ください、ということだけを書きました。死別直後なんて、その日1日を生きるので一生懸命だった。その日その日、目の前の数分を頑張って過ごすことでいっぱいいっぱいだった。本当に、人が亡くなるって悲しいことだ。寂しい。