2021年は毎日更新したい

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします

閲覧に来てくださっている方が増えると励みになります。2021年は、あまりネタがない日でも、とにかく日々更新して何か投稿することを目標に頑張りたいと思います。

今年はコロナが収束しますように。ドイツでは老人ホーム入居者や職員へのコロナ予防接種が始まりました。これから一般の人に行き渡るまでには、まだまだ時間がかかるでしょうが、本当に、早く落ち着くことを願うばかりです。

年末年始にかけて暴飲暴食しました。クリスマスイブはラム、クリスマスはローストビーフ、そして26日は鹿肉をいただきました。こちらではこの3日間がクリスマスです。いつもなら親戚の家を回って交代でお祝いですが、今年は、家族だけで過ごしました。だけど、25日の午後に、義父母と散歩に行くことができました。

友達の中には、簡易コロナテストを受けて、祖父母の家に行く人もいましたが、うちは、義父母と距離が近いので、クリスマスじゃなくてもいつでも会えるし、コロナに恐怖を覚えている様子なので、会わない選択になりました。だけど、外で会う分はリスクが減るので、マスクをつけて、距離をとって1時間ほど林の中を散歩できました。

27日からは色々な片付けないといけないことをやって、31日はチーズフォンデュで新年を迎えました。ダラダラと食べ、子供達とカードゲームをやって、ネットフリックスで映画を見て、カウントダウンの時にはクラッカーを鳴らしました。

あぁ、そうだった。年末にはお餅を作りました。わたしは餅つき機を持っているのです。元旦は朝寝坊して、お餅。ドイツでもイギリスでも、元旦はカウントダウンのパーティーの翌日で、ダラダラしている人が多いのです。

元旦の午後にSNSを見ていたら、今回はコロナで帰省できなかった友達がいっぱいで、日本でもドイツでもイギリスでも、おせちを自分で作った人が多くて感心しました。

子供向けではないし、自分だけのためにおせちを作るのはなぁ、と、これまで一回も作ろうとも思ったことのない私ですが、ホームシックもあいまって、本当におせちが恋しくなりました。来年は絶対絶対に作ろう!

ドイツでは5日の会議で、10日までのロックダウンが解除になるか継続になるか決まるそうです。絶対継続だろうな。感染者数、この冬休みの間にグッと上がったに決まってる。どうなることやら。

皆様にとっても笑顔多い2021年となりますように。

7月突入。夏休み突入。日本恋しい

私の住む州はもう夏休みに入ってしまいました。はやっ!子供達は最終日に今学年最後の通知表をもらって来ましたが、コロナで休校状態が続いていたので、通知表の評価がちゃんと出せず、前回と同じ通知表の結果、ということに。子供のやる気も削がれる感じです。

だらだら状態のまま夏休みに突入。

本当だったら今頃は機上の人。日本に向かっていたはずなのに。コロナは落ち着いているようで、全然落ち着いてない。ドイツでは精肉工場の会社で大規模なクラスターが発生し、周辺の町もロックダウンになりました。2000人感染とか、規模が大きくてびっくりします。

従業員の多くは東ヨーロッパからの出稼ぎの人も多くて、住居環境もよくなかったそうです。そういうことを全て改善していく必要があり、そうなると必然的にお肉の値段もグッと上がるそうです。

コロナが収まったあとも、値上がりやら失業やらで、いろいろ大変なことは間違えなし。

日本は国民一人当たり10万円支給されたそうですが、こちらは、子供一人に対して300ユーロ(感覚的には3万ちょっと)が支給されるらしいです。うちは4人だから1200ユーロ。

旅行に行こうか、テレビを買い替えようか。いや、貯金して、お肉代に消えていくのか。

これから6週間の夏休み。どうなるんだろうなー。日本に帰りたかったよ。とほほ。

日本行きの航空券をキャンセル&ダンススクール再開

悩んだけど、日本は緊急事態宣言も解除され、コロナは他の諸国に比べて、かなり治っていると思うけど、ドイツも頑張っているとは思うけど、だけど、やっぱり来月末から日本に行くことはリスクが高いと判断し、航空券をキャンセルした。

1月に買っておいた航空券。楽しみにしていたのに。両親も孫に会えなくて寂しい夏になってしまう。だけど、安全第一。健康第一。

命が儚いことを分かり尽くしている私たち。ちょっと繊細になってしまう。

さて。ダンススクールが2ヶ月半ぶりに再開した。パートナーのおじさんとも再会。自粛期間中、たまにワッツアップ(ラインのようなもの)をやりとりするだけで、告白されたことが嘘のような淡々とした感じが続いていた。再会しても、私の心はときめかなかった。おじさんの今の気持ちは不明だけど、万が一、また告白されたり、返事を求められたら、断ろう。

自粛規制大幅緩和後初の週末

コロナ規制の自粛が大幅に緩和されたのが月曜日。カフェもレストランも営業開始。子供達のバレエも始まったし、来週からは野球も練習開始だ。(そうです、うちの子供達はドイツで超マイナーな野球をやってます)

今日はコロナ騒動以来全く会っていなかった日本人友達と、久しぶりに再会して街を散歩した。

いやぁびっくりした。すごい人だった!店内は人数制限しているし、皆マスク着用が義務だけど、人数制限の分だけ、店の前に結構な行列がたくさんできていた。

末っ子の誕生日が来週あるので、ちょっとプレゼントを見たかったけど、あまりの行列に諦めた。来週の平日の朝に行った方が良さそうだ。

こうやって見てると、コロナは落ち着いてきたのかな、とも思う。でも、私の街にも今も集中治療室で戦っている人はいるし、感染者はもちろんゼロではない。

今年は2年ぶりの夏の日本への帰省のつもりで、航空券を買っている。だけど、この危機のために、特別処置で航空券をキャンセルすることもできるらしい。子連れで飛行機を乗り継いで、高齢者の実家に帰ることも憚られ、キャンセルのつもりでいるが、本音は諦めがたい。でも、現実は厳しい。東京からさらに地方への国内線の飛行機移動が必要なのだが、今の所、ドイツから帰国すると、成田で、全員コロナの検査があるらしい。その結果を待つのに数日、成田待機。用意されたホテル、もしくは空港内で待つというこだ。そのあと、陽性なら治療開始。成田待機。そして、どうやら陰性でも14日は隔離なので、公共の交通機関を使えないので、自分でアレンジした成田空港そばで待機になるというのだが、これは本当の情報だろうか?それとも、海外から成田について、さらに国内線で飛行機移動が必要な陰性反応者だけを集めて、実家の最寄りの空港まではすぐに飛べるのだろうか?

この辺り、ネットで情報検索したり、ブログを探しているけど、とにかく状況は変わるし、なんとも言えない。情報お持ちの方は、ぜひ教えて欲しい。

2年ぶりの帰省はすごく楽しみだったけど、お祭りもないし、子供達も日本の体験入学にも行けないし(14日の隔離があるため。さらに今の状況では日本の学校にお願いしにくい)、日本の状況はこちらよりも良いとは言え、友達とプチ同窓会で騒いだりする雰囲気でもないだろう。

何よりも、私たちがくることで持ち込まれるリスクがぐっと上がって、高齢の親にとっては危険すぎるだろう。

一体いつ帰れるのだろう?秋?冬?

ピクニックも解禁されたようで、芝生でピクニックを楽しむ若者たちを見ながら、活気ある街の様子に、あぁきっとコロナはあっという間に収まって、普通に日本に帰れるんじゃないかな、と思ってしまうけど、現実はそれほど甘くないだろうな。

ドイツから子連れでこの夏に帰省したりしたら、やっぱり近所でも親は陰口を叩かれるかもしれないしな。

95パーセントは諦めてる。もっとかな。でも、やっぱり辛いな。日本に帰りたい。