学校再開はまだ

4日の月曜から学校が再開すると言われていたが、詳しいことは未定だった。昨日になってメールが来て、小学校は最終学年のみ木曜から、長女と長男の中高一貫教育のギムナシウムも、まだ様子を見ることで決定したそうだ。

来週いっぱい、まだ我が家は全員ホームスクーリングだ。

3月16日から学校に行っていない。オンラインで課題をもらうだけ。オンライン授業ではない。各自がログインして課題をこなすだけだ。こんなんで大丈夫なんだろうか?長女は独学でも参考書を見ながらコツコツこなすタイプなのでどうにかなりそうだが、長男が心配になってきた。

もう5月。今日はメーデーで祝日だ。家族でサイクリングをしてバーベキューというのが、だいたい5月1日のドイツ人の祝日の過ごし方だが、今年は、毎日が休みのようなものだし、とにかく、今日はなぜかすごく寒い。異様に4月のお天気が素晴らしかったので、今日の肌寒さは久しぶりすぎて、驚く。とてもサイクリングを楽しめるお天気ではないし、バーベキューも無理な感じだ。

我が家は今日は手羽先の唐揚げにしよう。日本のお友達に教えてもらったレシピだ。片栗粉をまぶした手羽先を揚げて、ゴマ、にんにく、醤油、みりん、酒、はちみつで作ったタレに少し浸すだけ。

自粛になってから、臭いを気にしなくていいので、にんにくの消費量が増えた。

エッチな映画を観る 2

先週に続き、テレビで「フィフティシェイズオブグレイ」のパート2が昨夜放送されたので、また一人で見た。

パート1よりもストーリー性があって、キャラクターの描かれ方が深くなっていたように思えて、ずっと楽しめた。とにかくダコタジョンソンが可愛いのだが、相手役のジェイミードーナンもかっこよすぎる。イケメンは綺麗すぎて苦手な私だが、彼は、少年らしさや、なぜかアジアのイケメンぽさも感じてしまう。イケメンのアジア人は、イケメンの西洋人よりも格段にかっこいいというのが、私の持論だ。夫は、真っ白の金髪の外国人だったけど、本当は、色が黒くて、あっさりした昔でいう醤油顔が好みなのだ。

キムベイシンガーが出ていたことにも驚いた!昔のエッチな映画の代表作とも言える「ナインハーフ」の女優さんだ。調べたら1986年公開だったという。私はずっと後になって、レンタルで見たはずだ。エッチな映画、やっぱり昔から好きだったのかな。前にここに「性欲」というタイトルでブログを書いたぐらいだから、やっぱり少しエロいのかもしれない。あ。「全裸監督」も見て、そのことにも書いたはずだ。やっぱり私はエッチなものが好きなのだろう。

昨日見たパート2は、性描写が過激すぎて度肝を抜かれた。超特殊だけど、あまりにも非日常のレベルの世界で話が進むので、完璧に自分に置き換えることなくエンターティニングなものとして見れてしまった。

あまりに過激すぎて眠れなくなって、この映画について英語で検索していたら、コスモポリタンという雑誌に、この映画で描写されたセックスを夫婦で全部経験してみた、という人のコラムに行き着いて、また度肝を抜かれた。世の中には色々な人がいるもんだ。平和だな。と思いながら眠りについた。

来週から学校が再開しそうなので、早寝早起きにしようと調整中。私のリズムも完全に狂っているので、どうにかしなければいけない。夜中にエッチな映画を観る場合じゃない。パート3はテレビで放映されないようで、来週は別の映画だそうだ。パート2がよかったから、3にも興味が出てきた。アマゾンプライムで見れたらいいな。

マスクを縫う。とりあえず5枚

月曜からマスク着用が義務化になるということで、マスクを縫うことにした。そして、月曜からはお店が全て営業再開になるという。感染者数がぐっと増えれば、また閉鎖の可能性は十分あるが、とりあえず、感染者数が抑えられるように、少しでも日常生活が戻ってくるように、そのためにも、とにかく全員マスク着用ということになったようだ。お店の中、バスや電車など、そして市役所などでも着用が義務になるという。ドイツ人は決まりごとが好きだし、決まってしまえば、ちゃんと従う人が多いので、きっと定着すると思う。でも、もう日が長いし、サングラスの季節でもある。サングラスにマスクじゃ、本当、ちょっと怖いな、誰がだれかわからないな、という危惧は私にさえある。そういう意味ではマスク義務化に、不満を唱える人もいることはいるが、店内では、マスクをつけてサングラスを外し、外に出たら、マスクを外してサングラスをつければいいのだから、まぁなんとかなるだろう。

我が家も最低10枚は作らないといけない。洗濯を考えて一人2枚だ。とりあえず、まだ医療用のマスクが残っているので、時間はあるのだけど、友達から、YouTubeでいい作り方を教えてもらったので、今日作り始めることに決めた。

2枚がさねで、ひだがついて、ゴムを通すところに別布をつけるやり方だ。家に余っていたIKEAで買った春らしいピンク系のストライプの布と、淡いブルーのギンガムチェックのハンカチで、とりあえず私と娘3人分を作った。途中、20年以上使っているミシンが壊れ、どうしようもなくなって、途中からは全て手縫いで。息子は、グレー系の布がいいと言っていたけど、うちには麻のグレーしかなく、なんだかゴワゴワするし、古くなったトレーナーは、少し生地が分厚すぎるし、結局、小さくなったブラックのチノパンを活用することに。黒いゴムがないなぁ、ヘア用だと痛いしなぁと思っていたら、友達が、タイツで作るゴムのサイトを送ってくれた。私の古い黒いタイツを切ったらあっという間にゴムになった。手縫いは面倒だったけど、やり始めたらハマるタイプなので、5枚作るのは全く苦ではなかった。

ミシンを修理に出して、残り5枚作るか、修理は後回しにして、手縫いでもう5枚作るか。とりあえず、5月4日の学校再開までには完成させないといけない。

今日は一回も外に出なかった。ほとんど動かず、リビングのソファで過ごした。庭に出たのは、夕方の水やりの時だけ。家庭菜園の畑からは、ラディッシュとレタスとグリーンピースの芽が順調に育ってきている。庭の水仙ももう終わってきたし、明日は芝刈りをして、少し庭仕事に励もうと思う。明日はマスク作りはお休みだ。