今日も泣く

長女と折りが合わず、今日も泣いてしまった。長女とは本音で話し合えるが、その分、衝突も多い。なにせ私と性格が正反対。彼女は完璧主義だし、相当な努力家だし、頑固でど真面目だ。悪くいえば融通性がなく、人に誤解もされやすい。

死別したら、どうしても亡くなった人を美化してしまうものだが、長女も、父親のことを完璧に尊敬している。私と衝突するたびに、娘は父親のいない辛さにぶち当たる。そして私も夫のいない辛さを痛感する。共倒れだ。

夫だって厳しい面はあったから、反抗的な娘をしかったはずだと思うのだが、娘の中ではパパは完全に優しいパパのままで残っている。

どうしたって私には分が悪い。私はママであり、パパの役割もしつつ、一家をまとめていかなくてはならない。長女はしっかりしている分、ついつい頼ってしまって、かわいそうなことをさせていると分かっているのだが、だから、こうやって子供らしく反抗しているのは悪いことではないと分かっているのだが、心が折れる。疲労する。

同じシングルマザーでも、離婚の場合だったら、特にこちらでは、子供達はパパと十分に時間を過ごせるので(週末は父親のところで過ごす。週の半分は父親と住むなど)そういう難しい面も協力したりできるのかなーと想像する。別の難しい面はあるとは思うけれど。

ティーンエイジャーは難しい。ホルモンのバランスと、コロナのストレスと。

寂しくて泣く夜&死別の悲しい統計

子育てってうまくいかないなぁ。反抗的だけならまだしも、兄弟喧嘩が頻繁すぎて、なんとも生意気で、かと思ったら覇気がないんじゃない?というような子供達に囲まれ、本当にたまに本気でイライラする。ホームスクールだし、友達とも遊べないし、みんなのストレスもピークなのかもしれない。雨も多いしなぁ。

なんだか、本当に寂しくて、私、一人で何やってるんだろう?なんで夫はいないんだろう?と久しぶりに結構泣いた。泣いたらスッキリしたけど、目が痛い。

そして、フェイスブックで死別に関する統計を見てしまった。アメリカの死別者向けグループのページが発表したものだ。

「毎年80万人の人が配偶者と死別しているって知っていましたか?そのうちの70万人が女性だと知っていましたか?多くの死別者が貧困に苦しんでいると知っていましたか?配偶者との死別はストレスレベルで最高のレベルとみなされていることを知っていましたか?配偶者と死別した60%の人は12ヶ月以内に大きな病気をすることを知っていましたか?死別経験者のほとんどが睡眠障害に苦しむことを知っていましたか?ほとんどの死別経験者は75%のサポートを配偶者を亡くした後失うことを知っていましたか?ほとんどの死別経験者が、一年以内に配偶者の家族や親戚と関係が希薄になることを知っていましたか?配偶者を亡くした悲しさから、本当に死に至るケースもあることを知っていましたか?配偶者と死別した30%の人は、6ヶ月以内に大きな死の危機にあっています。周りの死別経験者に優しくしてください。彼らがどんな苦しみを一人で味わっているか想像もつかないでしょう」

というメッセージだ。

私は妊婦だったし、夫の実家の近くに引っ越してきたので、夫の家族とは希薄になるどころか関係は密になったが、睡眠障害は当てはまるし、歯も抜く羽目になったし、ストレスレベルは本当に最高だった。

今日のように子育てで疲れ悩み、一人泣く夜。夫が恋しい。

久しぶりに泣いた凹んだ

私は子育てに失敗しているのかも。一生懸命、4人がそれぞれ好きなことができるように、個性と得意なことを伸ばせるように、ひとり親だけど、私がパパの分まで頑張れるように、努力してきているつもりだ。

でも、子供たちは兄弟げんかを繰り返し、私に反抗的な態度をとる。私も大人なのに、母親なのに、たまに我慢できずに大人げなく厳しく冷たい態度で子供に接する。

今日は最悪だった。

ついに長女がお昼ご飯の焼きそばを床に投げ散らし、長男は叫んで壁を殴り、私は子供たちに「顔も見たくない。みんな何も喋らずに私の前から出てってくれ」と叫んだ。

最悪だ。最悪の親子関係。

出て行きたい。一人になりたい。もうこんなのやめてしまいたい。

一人で頑張ってるのに。うまくいかない。

うまくいかない。私は一人じゃ何もできない。

兄弟喧嘩

4人の子どもたちと向き合う毎日。それぞれ個性的でいいのだが、最近の私のストレスは、絶えない兄弟(姉妹)喧嘩だ。

ちょっかいを出しがちなのは、真ん中の二人。怖いくらいに叱りつけるのはしっかり者の一番上。4人の組み合わせが色々あって、喧嘩はしょっちゅうだ。ホントいい加減にしてほしい。

たまに子供達を義両親や親戚に預ける。お友達の家に子供だけでお泊まりもよくある。

誰でもいい。誰か一人いないだけで、家の中はぐっと穏やかに過ごしやすくなる 笑

なぜ? 笑

きっと私のアテンションを求めているのだと思う。私に構って欲しくて、怒られてでも注目されたいのだろう。愛情かけてるつもりだけど、足りてないのだろう。

兄弟喧嘩なんてきっと当たり前のことだろうけど、イライラする。怒らない日はくるのかな。

ドイツには子育てについて、こういう言い回しがあるらしい。「(子供が)小さい時は小さな悩み。大きくなれば大きな悩み」

我が家も反抗期がいる。これからも続くんだろうな。胃がキリキリするよ。

シンママの責任

は大きい。いくら友達がいても、おじいちゃんおばあちゃんがいても、子供のいろいろな決定権は全て私にのしかかってくる。

子供の学校の保護者会だった。ドイツの高等教育システムは複雑だ。学校の成績は態度は本人が頑張るしかないが、方向性や可能性を導くのは保護者の役目だと思っている。

外国人なのに。ドイツ語も苦労してるのに。子供達にアドバイスし、導いていく責任がある。

夫婦で参加し、一緒に語りながら帰途につく保護者を横目に、久しぶりに胸がツンと痛くなった。

シングルペアレントって大変だ。肉体的にだけじゃなくて、責任感を全て負うことに、時々ふっと怖くなる。

間違っていたらどうしよう。私の子育て、あってるのかな。夫が恋しい。