ワクチン接種1回目終了

結局、義父母のコネで知り合いの医者がワクチンを私に打ってくれることになり、急遽行ってきた。ファイザー。接種センターだけではなく、個人の開業医にもワクチンが回されてきているので、医者個人の判断になり、こういうケースが増えているらしい。

街の保健局で、とにかく医者に飛び込んで訴えるしかない、と言われていたので、かかりつけの医者に訴えるつもりで予約をとっていたが、結局、この医者の方が早く呼んでくれたので、そちらに行くことに。

80歳の義父は、ワクチン2回終わって2週間経過したので、急に安心したようで、マスクなしで、私を車で迎えにきてくれて、一緒にその医者まで行った。もしももしも、ショック反応が出たらいけないので、私が運転しないほうがいいだろう、という判断だ。80歳に付き合ってもらう私。でも、ありがたい。

ちょっと早く着きすぎたので、アイスを食べて、義父とウロウロしていたら、結局時間ギリギリで走る羽目に。受付の女性が明らかにトランスジェンダーで、でも、全然普通で、やっぱここはヨーロッパだなと内心思いつつ。

書類にサインをして、簡単な問診へ。問診の時に言われたのは、ほとんどの人は1回目は副反応がないこと。2回目で多くの人が、1日か2日発熱したり頭痛が出たりすることだった。2回目は4週間後。そして、別室で若い女の子が、あっという間にワクチン接種。あっという間だった。本当に。

午後3時に接種して、その日は腕が少し重いなぁというだけだったけど、夜になって、急に眠気が強くなり、22時には就寝。次の日は休みで9時半まで寝ていたので、すごい長く寝た!!

そして、朝、次女がいった。「ママ、夜中にすごい叫んだよ。私、心配で起きて見にきたけど、ママ寝てた」だって。

これも副反応?!!

ドイツでは12歳から16歳の若者にもワクチン接種ができるようになるそう。そして、6月7日からは、優先順位が一切なくなって、誰でもワクチン申し込みができるようになるらしい。それなのに、ワクチン自体は足りてなくて、現場はてんてこ舞いだと。

私は結局ワクチン接種ができて、だいぶホッとしているけど、まだまだコロナは油断ができないなと思っている。新しい変異種もまたベトナムで見つかったらしいし。

それなのに、今日から学校は再び普通に再開。大丈夫かなぁ。。夏休みまであと5週間。このまま治まりますように!!

入院してました。。。。。

なんと、ドイツで初めての経験、私、緊急入院になってました。

コロナではありません。

湿疹です。

そう、湿疹が原因で、大学病院の皮膚専門病棟に入院していました。成り行きはこうです。。。話は3週間以上前に遡ります。

光線治療が効いていたと思っていたのに、やりはじめて4週目くらいからあんまり効果を感じず、5週目に差し掛かり、時間も5分半を超えるほどになっても、湿疹は増えるばかり。あまりの醜さに、かかりつけの皮膚科の先生に訴え、先生も納得、次の段階「皮膚検査」へ。皮膚の一部を切り取って、研究所に送る検査です。皮膚科で背中2箇所の小さな「手術」の処置を受け、傷跡も縫われて、2週間後に抜糸の予約を取り、帰宅。結果が出るまでどのくらいかかるのかも聞き忘れたし、何より、今ある、この、痒くてたまらない醜い湿疹をどうにかして欲しいのに、どの薬もきかない。

家にあるクリームや薬でごまかして、ちょっとした睡眠薬を処方してもらって、なんとか過ごしていたのですが。皮膚検査翌日の夜に、足の脛と腕の一部がすごい状態に。皮膚がなくなって、肉片が見えるような状態になり、その部分が盛り上がって足全体がむくんでいる。腕も傷だらけ。それなのに、その部分は痛みも痒みもない。だけど、汁も出るし、どうしようと思って、子供達に久しぶりに皮膚を見せたら、長女がパニック状態に。

そして、すぐに救急センターに電話。このままだったら、感染の危険もあるだろうし、消毒応急処置が必要だと言われ、すぐに家のそばの緊急病棟へ。そこで、応急処置を受け、大学の皮膚クリニックに行くように言われる。

22時を過ぎて、皮膚科に着くと、夜勤の若い女性の先生が、私の肌の状態を見て衝撃を受けて、すぐに入院だという。

そこからの話はまた次回に書くとして。。。

というわけで、思いがけず皮膚科に入院していました。もう肌自体はだいぶ治りはじめて、家に戻っていますのでご心配なく。

ドイツの入院経験もいろいろと勉強になったので、近々書いていこうと思います。