下腹

下腹がやばい。コロナになって社交が減って、お酒の量もぐっと減ったはずだが、年末年始のだらけた生活もあり、下腹がやばい。

子供達からも笑われる始末。長女だけは、私に気を遣っているつもりで、4人目産む前までは痩せてたのにね、と、フォローにもならないことを言う。

もともと小さい胸も4人の授乳でさらに小さくなり、下腹は出て、本当に、こんなんじゃ終わってるなと思う。恋もしてないし、キスもしてない。

子供達がやっているバレエを私も子供から教わろうか、ごくたまに連絡を取っているサルサ好きな音楽家と一回だけやったサルサをユーチューブで始めてみようかな、と思う週末。地道な筋トレやヨガは向いてないなと、これまでの経験で感じている。エアロビクスだけは結構好きで続いていたことがあるから、またエアロビクスでもいいけど、家の中でやるには、うるさいかなぁ。

このコロナで、自分が結構インドア派だったことに気づいてしまった。人に会わなくても割と大丈夫になったし、動画や映画を見ていたら一人でも全然幸せだと思えてしまう。だから自分の下腹もそんなに気になっていなかった。

まずはビールを休もう。そしてチョコレートを断とう。体重よりも、見た目。ゴムのスカートとパンツはしばらく着ないでおこう。

かなり落ちていて皮膚も悪化の気配

半ロックダウンになって、接触も減らすような雰囲気。子供達はそれぞれ一人ずつ親友に会うのみ、私はドイツ人の友達と週に一度会うのみ。義父母もかなりの距離を開けて、外で会っているだけの日々。

毎日日に日に暗くなるこの季節。16時半も過ぎれば本当に真っ暗。今年はクリスマスマーケットも開催されないし、本当に精神的に辛い日々だ。

紹介された音楽家の彼とも毎日やり取りするような仲でもないし、日本人友達もそれぞれみんな家庭があるし、本当に寂しい。

やっぱり皮膚が悪化してきた。夜になるとかゆみがまた出て来たのだ。夏に入院して、注射治療を続けていましたが、もらっていた分の注射がなくなったので、皮膚科にまた行って来たところ、注射治療の延長が決定しました。というか、先生が言うには、最低でも向こう1年は2週間に一度の注射を続けないと、また再発して、大変なことになるのだと!

ストレスが大きく関わっているのだろうとは、わかります。ヨガや呼吸法を習ったほうがいいかなぁとも思い始めてきました。私のストレス解消はお友達とのおしゃべりや飲み会でした。それか、ダンス。全部できない今、子供達とのみ向き合う、この暗い日々。あーぁ。

読書と動画で息抜きしています。ドイツではコロナの予防接種がもうすぐ可能になるということで、かなりの希望を多くの人が持ち始めています。もちろん、最初は医療関係者や高齢者、持病のある人、となるので、全員に行き渡るには当分かかるでしょうし、本当にリスクや副作用が長い目で見たときにないのかどうかは、不安なところです。

とにかく私も気持ちを暗く保たないように、上げていきます。とりあえず大好きなティーでも淹れようと思います!