寂しくて泣く夜&死別の悲しい統計

子育てってうまくいかないなぁ。反抗的だけならまだしも、兄弟喧嘩が頻繁すぎて、なんとも生意気で、かと思ったら覇気がないんじゃない?というような子供達に囲まれ、本当にたまに本気でイライラする。ホームスクールだし、友達とも遊べないし、みんなのストレスもピークなのかもしれない。雨も多いしなぁ。

なんだか、本当に寂しくて、私、一人で何やってるんだろう?なんで夫はいないんだろう?と久しぶりに結構泣いた。泣いたらスッキリしたけど、目が痛い。

そして、フェイスブックで死別に関する統計を見てしまった。アメリカの死別者向けグループのページが発表したものだ。

「毎年80万人の人が配偶者と死別しているって知っていましたか?そのうちの70万人が女性だと知っていましたか?多くの死別者が貧困に苦しんでいると知っていましたか?配偶者との死別はストレスレベルで最高のレベルとみなされていることを知っていましたか?配偶者と死別した60%の人は12ヶ月以内に大きな病気をすることを知っていましたか?死別経験者のほとんどが睡眠障害に苦しむことを知っていましたか?ほとんどの死別経験者は75%のサポートを配偶者を亡くした後失うことを知っていましたか?ほとんどの死別経験者が、一年以内に配偶者の家族や親戚と関係が希薄になることを知っていましたか?配偶者を亡くした悲しさから、本当に死に至るケースもあることを知っていましたか?配偶者と死別した30%の人は、6ヶ月以内に大きな死の危機にあっています。周りの死別経験者に優しくしてください。彼らがどんな苦しみを一人で味わっているか想像もつかないでしょう」

というメッセージだ。

私は妊婦だったし、夫の実家の近くに引っ越してきたので、夫の家族とは希薄になるどころか関係は密になったが、睡眠障害は当てはまるし、歯も抜く羽目になったし、ストレスレベルは本当に最高だった。

今日のように子育てで疲れ悩み、一人泣く夜。夫が恋しい。

引きこもり生活37日目(日曜)

学校閉鎖が決まって、社交をやめて37日目。ドイツ人の友達と2回散歩に行った以外は誰にも会ってない。なんとなく「引きこもり生活」とタイトルをつけてしまったが、散歩や買い物やサイクリングには行っている。このタイトルで日記を書くのは、一旦今日でおしまいにしようと思う。

だって、明日からは大型店以外のお店はまた営業を再開する。学校の先生たちも明日から職場復帰。木曜からは受験生が学校再開となる。高校の最終学年の生徒たちだ。他の学年の子供達や、美容院は5月初旬から再開だそう。ただ、レストランやカフェの営業再開の目処は立ってないようだ。

というわけで、なんとなく、明日からは少しだけ気持ちがオープンになる気がするのだ。カレンダー的には今日で春休みもおしまい。明日からは、子供達もまた、オンラインで課題が出て、ちゃんと宿題をこなしていくことになる。バレエもピアノもオンラインで再開だ。

今日は、夕方バーベキューにすると決めていたので、お昼は、昨日の残りのアスパラガスやご飯と納豆など、それぞれ簡単に好きなものを食べた。

午後は、庭でバトミントンとカードゲーム。今日は次女が荒れた。次女は反抗期真っ只中で、兄弟喧嘩の原因にもなりやすい性分だ。何かのはずみで長女と次女が言い合いになって、大きな喧嘩に発展し、次女が泣きながら自分の部屋に閉じこもる羽目に。

あれ?これ、昨日の私?昨日も衝突したのは、長女。。。。汗

まぁ、子供が4人もいたら、やっぱり日々色々ある。なだめたり、説教したり、大好きだよと甘い言葉を伝えたり、私もそれなりにそれぞれの子供と向かい合いつつ頑張るけど、喧嘩が起こるのは仕方ない。兄弟喧嘩は普通のことだし、とにかく、今はみんな、友達にも会えずやることも毎日同じで、やっぱりストレスが溜まっている。

気を取り直して、みんなでバーベキュー。今日はサーモンも焼いた。そして、最後には焼きおにぎりと、焼きマシュマロも。

夜は、アマゾンプライムでマンマミーア2を見た。これは、私は次女と映画館で見ていたけど、パート1はDVDで何十回も見るほど好きだけど、2の方は、買うまでもないかなと思っていたので、プライムで無料で見れるのを待っていたのだ。長男は流石にもうミュージカルは嫌だと見なかったけど、女子組でまったりした時間になった。長女と次女も仲直りできたようだ。

社交自体は、距離を持って、友達一人と会うのはオッケーというルールがしばらく継続するけど、明日からは、少し規制が緩む。段階的にゆっくりと日常に戻るための一歩だ。コロナ感染自体がすぐになくなるわけではないので、引き続き気をつけながら、感染者が病院に溢れることのないように、医療崩壊にならないように、感染しないように、させないように努力していきたい。私が感染してしまったら、長女に負担がかかる。ドイツは相当ひどくならない限り自宅療養だから、その時のために消毒液は買ってある。感染者が触ったところは消毒しないと、一緒に暮らせない。そして、重症化になったら子供達だけで大丈夫だろうか。高齢の義父母には頼めない。義弟の家に子供達を預けることになるだろう。色々頭の中で想像し、不安にもなる。私しか親がいないのだから、倒れないように、子供達に心配かけないように悲しませないようにしたい。

引きこもり生活15日目(土曜)

お天気が良くて本当に気持ちいい。こんなに気持ちいいのに、公共の場でのピクニックやバーベキューも今は禁止。庭やバルコニーでやる分にはいいので、来週にでもやりたいな。お友達が家でのバーベキューの様子をインスタグラムにアップしていて、食べたくなった。

お昼は冷凍のパイ。また手抜きだ。そのあと、末っ子とサイクリング。上の3人はだらだら家で過ごす生活にすっかり慣れて、部屋着から着替えるのも面倒らしい。なんてこった。やっぱり私がたまにだらけているからかもしれない。

午後は即席卓球セットをダイニングテーブルに取り付けて、子供達と卓球。3年前のクリスマスに子供達にプレゼントしたのが、今役に立つ!

そのあと、義父母と長電話。義父母は本当にコロナを心配している。とにかく健康で長生きしたいという意思が強い人たちなのだ。私はちょっとだけ、意地悪な気持ちになる。息子は突然死したのに、自分たちは健康で楽しく生きているのに、もっともっともっともっと長生きしたいというのか、と思ってしまう。私はやっぱり悪い。優しい人間じゃない、と反省する。義母のいろいろな心配や、呆れる発言を黒い気持ちで聞き流す。いつもお世話になってるし、基本的には私は仲がいいし、好きだけど、たまに、義母には好きになれない部分がある。70も十分に超えているのに、いつまでも少女のように振る舞い、発言するところを、たまに軽蔑する。今日の私は毒があるな。ストレスかな。こういう自分に気づくと、私はすぐ、神様に反省して謝る。やっぱり私は弱い。

夜ご飯は、子供たちも全員大好きなキッシュ。具は、ネギと茄子とマッシュルームとトマトだ。

夕食後は、家族で卓球トーナメント。人数多いと、こういう時は盛り上がる。今日は数回大きな兄弟喧嘩があったけど、明日は仲良く過ごせるといいな。

久しぶりに泣いた凹んだ

私は子育てに失敗しているのかも。一生懸命、4人がそれぞれ好きなことができるように、個性と得意なことを伸ばせるように、ひとり親だけど、私がパパの分まで頑張れるように、努力してきているつもりだ。

でも、子供たちは兄弟げんかを繰り返し、私に反抗的な態度をとる。私も大人なのに、母親なのに、たまに我慢できずに大人げなく厳しく冷たい態度で子供に接する。

今日は最悪だった。

ついに長女がお昼ご飯の焼きそばを床に投げ散らし、長男は叫んで壁を殴り、私は子供たちに「顔も見たくない。みんな何も喋らずに私の前から出てってくれ」と叫んだ。

最悪だ。最悪の親子関係。

出て行きたい。一人になりたい。もうこんなのやめてしまいたい。

一人で頑張ってるのに。うまくいかない。

うまくいかない。私は一人じゃ何もできない。

兄弟喧嘩

4人の子どもたちと向き合う毎日。それぞれ個性的でいいのだが、最近の私のストレスは、絶えない兄弟(姉妹)喧嘩だ。

ちょっかいを出しがちなのは、真ん中の二人。怖いくらいに叱りつけるのはしっかり者の一番上。4人の組み合わせが色々あって、喧嘩はしょっちゅうだ。ホントいい加減にしてほしい。

たまに子供達を義両親や親戚に預ける。お友達の家に子供だけでお泊まりもよくある。

誰でもいい。誰か一人いないだけで、家の中はぐっと穏やかに過ごしやすくなる 笑

なぜ? 笑

きっと私のアテンションを求めているのだと思う。私に構って欲しくて、怒られてでも注目されたいのだろう。愛情かけてるつもりだけど、足りてないのだろう。

兄弟喧嘩なんてきっと当たり前のことだろうけど、イライラする。怒らない日はくるのかな。

ドイツには子育てについて、こういう言い回しがあるらしい。「(子供が)小さい時は小さな悩み。大きくなれば大きな悩み」

我が家も反抗期がいる。これからも続くんだろうな。胃がキリキリするよ。