コロナ増加中 秋休み

秋休み中だけど、遠出もしないで、おとなしい毎日を送っている。コロナが増えてきているのだ。周辺のヨーロッパ諸国に比べると、ドイツはまだ保たれている方なのだろうが、確実に第2波がきていると思われる。

子供達とボードゲームをして、DVDを見て、のんびり読書をして、たまに散歩やサイクリング。好きなだけ眠って好きな時に好きなものを食べる。

私、以外にインドア派かもしれない。友達とも随分集まっていない気がするが、なんだか大丈夫だ。義父母には頻繁に会ってるからかな。

音楽家の彼とは、あれから、もう一回友達含め4人で会いました。友達の家で、サルサと音楽談義。難しい話も出てきたけど、退屈することなく聞くことができました。

今日は薄暗く小雨模様。上の子供達は友達と会うというので、下の子供達を連れて、久しぶりに夕食は外食にしようかなと思っているところ。

そうそう、ずっと書くことが躊躇われて、遅くなってしまったけど、昨日、ようやくイギリスの知人にお悔やみのカードを送りました。数日前がお葬式だったそうです。ありきたりの文章じゃ、同じ死別者として、ちょっと足りないかな、と思ったり、でも、悲しみはそれぞれなのだから、お節介なことも書けないし、すごく悩みました。ただ、悲しみを想像すると言葉が見つからずに、すぐにカードを書けなかったこと、これからの寂しさを思うと胸が痛むこと、もしも、吐き出したい想いや何かあったらいつでも連絡ください、ということだけを書きました。死別直後なんて、その日1日を生きるので一生懸命だった。その日その日、目の前の数分を頑張って過ごすことでいっぱいいっぱいだった。本当に、人が亡くなるって悲しいことだ。寂しい。

今日印象に残った言葉

Do what’s right for you. No one else is walking in your shoes.

自分が思ったことをやればいい。あなたの人生なのだから。

後半直訳すれば、「他の人は誰もあなたの靴を履いて歩いているわけじゃないんだから」となるだろうか。この方がしっくりくる。

ヨーロッパに住んで長くなる。欧米はやっぱり、日本よりも個人主義。それでも、周囲の意見に心揺れたりすることは、ある。

死別して、若くして、普通ではない人生を歩むようになってから、いろんな人にいろんな意見を言われることがある。アドバイスのつもりで。親身になって。の人がほとんどだけど、時々、ちょっと高圧的な人や批判的な意見を聞くこともある。(あった)

だけど、これは私の人生。

誰も私の人生を歩いてない。私の経験をしてない。気持ちも悩みも涙も私のもの。だからやっぱり自分で思ったように生きていくしかない。

死亡届が出されてから

とにかくやらなければならないことがたくさんあった。私は妊娠安定期に入った。

毎日やらなければいけないことをこなしていった。今思えば、この慌ただしさが私には必要だった。後々記事にしていくが、遺書についてや、法律会社とのやりとり、夫の会社とのやりとり、銀行口座の一時凍結問題、そして葬儀会社決めから葬儀のアレンジなど毎日やることがありすぎた。

私たち家族は外国人としてイギリスに住んでいた。夫がヨーロッパ人だったのでEU圏内ということでなんの問題もなかったのだ。

が、大黒柱の夫が亡くなった今。私たちはこのままイギリスに住む権利はあるのか?移民局にも出向くことになった。

人がひとり亡くなるということは膨大な影響があり、本当に、なんで夫は40代の若さで逝ってしまったのか?私はなんでこんなに若く未亡人になってしまったのか?泣いても泣いても誰も私の気持ちを分かってくれない。