FFP2マスクなどの医療用マスク着用義務化

ロックダウン延長が最低でも2月14日まで延長されることが決まり、先日書いたバイエルン州では始まっていたF F P2マスク(サージカルマスクなどの医療用マスクでも良い)の義務化がドイツ国内全体で始まりました。

毎日2万人前後の新規感染者がいて、千人前後毎日コロナで亡くなっていっています。異常な状況。

友達とも会えないし、もう結構精神的に限界。週末は仲良しの日本人数人でオンラインで飲み会をすることにしました。

今日の夕食はカツ丼。豚肉が安くて美味しいので、ドイツにきてから豚肉料理が増えました。生姜焼きかとんかつにすることがやっぱり多いのですが、子供達のリクエストで、今夜はカツ丼に決まりです。

実家の親とライン電話をしていたら、なんと骨折したそう。家の中でこけただけで、骨折。親も老けてきたのだなぁと思います。今年帰れるのかな。私たち。日本に飛べるのかな。多分無理だろうなぁ。

マスクの話 布マスクなんてアウト!

コロナが猛威をふるうドイツ、今日からバイエルン州では公共交通機関、スーパーマーケット、薬局、病院、食べ物のマーケット、とにかくロックダウン中の今普通の生活をしている中でのほとんど全ての外出において、15歳以上のF F P2マスクの着用が義務化となりました。ごっつい見た目の医療用防護マスクです。サージカルマスク(不織布マスク)でもダメ、布マスクなんてとんでもない!という状態になっています。

私はバイエルン州には住んでいなくて、この3ヶ月くらい、スイスのメーカーのリビングガード というマスクを使用しています。布マスクですが、特許をとっていてF F P2マスクと同様の効果がある、週に1回水洗いすれば10ヶ月程度使えるので、経済的というのが売りです。でも、どうやら、バイエルン州では、このマスクが今後公に認められるかどうかはわからないようです。

私の州でも、きっとF F P2マスクの義務化が進むでしょうから、今日子供達の分も買いこみました。一つ2ユーロ弱。使い捨ては勿体無いので、オーブンで80度で殺菌できるという裏技も、先ほどドイツ人友達から教えてもらいました。

秋までは、家の古い洋服でマスクを手作りして楽しんでいたのに、状況がどんどん悪くなる中、布マスクじゃ怖いな、と自分でも思っていたので、この流れは自然といえば自然です。すでにクリスマス前には、65歳以上の高齢者にはF F P2マスクが確か一人当たり3枚、無料で配られたはずです。

でも、街の中で全員がごっついごっつい防護マスクつけてるって、ほんと、異常事態。すごい時代にいるんだなと感じます。

昨夜、医療に関心を持つ長女が心臓のことを色々聞いてきて、夫の解剖結果を経ての死因について尋ねてきました。あの時のことがまた蘇ってきて、きつかったけど、正直に伝えました。私の中では、死というのは遠いテーマじゃないだけに、この変異型コロナがすごい脅威となってヨーロッパーに広まってくることに恐怖を覚えます。

夫の死後の私の人生は子供を育て上げるため、ある意味、私の半分は夫と一緒に亡くなってて、今の私の人生はある意味ボーナス、っていうような気持ちもあるけど、コロナで重症化にはなりたくない、本当に怖い、という気持ちもあります。

心配性の夫が生きていたら、彼は本当に私以上に気をつけまくって神経質になってるかもなぁと思います。夫の知らないことがどんどん世界で起こっている。月日は確実に立っている。

コロナウイルス変異種出現

これまでよりも7倍も強い感染力を持つと言われるコロナウイルスの変異種がイギリスで結構な数が確認され、オランダやデンマークでも見つかったということで、クリスマス前にまた、ドイツはざわざわしている。

イギリスからの渡航は禁止。飛行機は飛ばないし、車も検査が強まるようだ。今日のラジオで聞いたが、かなりの数のトラックが足止めされていて、このままだと、イギリスでは日用品や食料などの物資がクリスマス前にちゃんと届くのか不安もあるという。

きっとイギリスでは、また買い占めが起こるかもしれない。みんな不安だろうなと思う。

そして、こちらはクリスマス直前。我が家も買い出しが進んでいる。明日の23日に最後の買い物をする。ドイツでは、スーパーは24日の14時くらいまで開いている。25日と26日はクリスマスなので完全に閉店。そして、今年は27日が日曜日なので、また閉店。28日までは買い物に行くことができないので、相当焦る。

明日は早起きして、スーパーを3つくらい回る予定だ。お肉屋さんにも行きたいし、お米ともち米を買いに、アジア食料品店にも行く。早起きしよう。

今日、夫の両親が手作りのクリスマスのクッキーを持ってきた。義父母は医療用のごついマスク着用して、玄関の外で、3分くらい喋った。子供達の顔を見て、義母はまた泣いていた。抱きしめたい、一緒に遊びたい、一緒に食事がしたいと。

ドイツに来て初めてのバラバラのクリスマス。本当に、大変なことになってしまった。先日夫の命日があったのだが、その時も、マスク着用で一緒にお墓まいりをしたのみ。正味10分も一緒に過ごせなかった。

クリスマスカードが毎日届く季節になったのだが、今年の書き出しはほぼみんな一緒だ。「What a year!!」ほんと、なんという一年だったのだろう。今年は。

自粛規制大幅緩和後初の週末

コロナ規制の自粛が大幅に緩和されたのが月曜日。カフェもレストランも営業開始。子供達のバレエも始まったし、来週からは野球も練習開始だ。(そうです、うちの子供達はドイツで超マイナーな野球をやってます)

今日はコロナ騒動以来全く会っていなかった日本人友達と、久しぶりに再会して街を散歩した。

いやぁびっくりした。すごい人だった!店内は人数制限しているし、皆マスク着用が義務だけど、人数制限の分だけ、店の前に結構な行列がたくさんできていた。

末っ子の誕生日が来週あるので、ちょっとプレゼントを見たかったけど、あまりの行列に諦めた。来週の平日の朝に行った方が良さそうだ。

こうやって見てると、コロナは落ち着いてきたのかな、とも思う。でも、私の街にも今も集中治療室で戦っている人はいるし、感染者はもちろんゼロではない。

今年は2年ぶりの夏の日本への帰省のつもりで、航空券を買っている。だけど、この危機のために、特別処置で航空券をキャンセルすることもできるらしい。子連れで飛行機を乗り継いで、高齢者の実家に帰ることも憚られ、キャンセルのつもりでいるが、本音は諦めがたい。でも、現実は厳しい。東京からさらに地方への国内線の飛行機移動が必要なのだが、今の所、ドイツから帰国すると、成田で、全員コロナの検査があるらしい。その結果を待つのに数日、成田待機。用意されたホテル、もしくは空港内で待つというこだ。そのあと、陽性なら治療開始。成田待機。そして、どうやら陰性でも14日は隔離なので、公共の交通機関を使えないので、自分でアレンジした成田空港そばで待機になるというのだが、これは本当の情報だろうか?それとも、海外から成田について、さらに国内線で飛行機移動が必要な陰性反応者だけを集めて、実家の最寄りの空港まではすぐに飛べるのだろうか?

この辺り、ネットで情報検索したり、ブログを探しているけど、とにかく状況は変わるし、なんとも言えない。情報お持ちの方は、ぜひ教えて欲しい。

2年ぶりの帰省はすごく楽しみだったけど、お祭りもないし、子供達も日本の体験入学にも行けないし(14日の隔離があるため。さらに今の状況では日本の学校にお願いしにくい)、日本の状況はこちらよりも良いとは言え、友達とプチ同窓会で騒いだりする雰囲気でもないだろう。

何よりも、私たちがくることで持ち込まれるリスクがぐっと上がって、高齢の親にとっては危険すぎるだろう。

一体いつ帰れるのだろう?秋?冬?

ピクニックも解禁されたようで、芝生でピクニックを楽しむ若者たちを見ながら、活気ある街の様子に、あぁきっとコロナはあっという間に収まって、普通に日本に帰れるんじゃないかな、と思ってしまうけど、現実はそれほど甘くないだろうな。

ドイツから子連れでこの夏に帰省したりしたら、やっぱり近所でも親は陰口を叩かれるかもしれないしな。

95パーセントは諦めてる。もっとかな。でも、やっぱり辛いな。日本に帰りたい。

マスクを縫う。とりあえず5枚

月曜からマスク着用が義務化になるということで、マスクを縫うことにした。そして、月曜からはお店が全て営業再開になるという。感染者数がぐっと増えれば、また閉鎖の可能性は十分あるが、とりあえず、感染者数が抑えられるように、少しでも日常生活が戻ってくるように、そのためにも、とにかく全員マスク着用ということになったようだ。お店の中、バスや電車など、そして市役所などでも着用が義務になるという。ドイツ人は決まりごとが好きだし、決まってしまえば、ちゃんと従う人が多いので、きっと定着すると思う。でも、もう日が長いし、サングラスの季節でもある。サングラスにマスクじゃ、本当、ちょっと怖いな、誰がだれかわからないな、という危惧は私にさえある。そういう意味ではマスク義務化に、不満を唱える人もいることはいるが、店内では、マスクをつけてサングラスを外し、外に出たら、マスクを外してサングラスをつければいいのだから、まぁなんとかなるだろう。

我が家も最低10枚は作らないといけない。洗濯を考えて一人2枚だ。とりあえず、まだ医療用のマスクが残っているので、時間はあるのだけど、友達から、YouTubeでいい作り方を教えてもらったので、今日作り始めることに決めた。

2枚がさねで、ひだがついて、ゴムを通すところに別布をつけるやり方だ。家に余っていたIKEAで買った春らしいピンク系のストライプの布と、淡いブルーのギンガムチェックのハンカチで、とりあえず私と娘3人分を作った。途中、20年以上使っているミシンが壊れ、どうしようもなくなって、途中からは全て手縫いで。息子は、グレー系の布がいいと言っていたけど、うちには麻のグレーしかなく、なんだかゴワゴワするし、古くなったトレーナーは、少し生地が分厚すぎるし、結局、小さくなったブラックのチノパンを活用することに。黒いゴムがないなぁ、ヘア用だと痛いしなぁと思っていたら、友達が、タイツで作るゴムのサイトを送ってくれた。私の古い黒いタイツを切ったらあっという間にゴムになった。手縫いは面倒だったけど、やり始めたらハマるタイプなので、5枚作るのは全く苦ではなかった。

ミシンを修理に出して、残り5枚作るか、修理は後回しにして、手縫いでもう5枚作るか。とりあえず、5月4日の学校再開までには完成させないといけない。

今日は一回も外に出なかった。ほとんど動かず、リビングのソファで過ごした。庭に出たのは、夕方の水やりの時だけ。家庭菜園の畑からは、ラディッシュとレタスとグリーンピースの芽が順調に育ってきている。庭の水仙ももう終わってきたし、明日は芝刈りをして、少し庭仕事に励もうと思う。明日はマスク作りはお休みだ。

引きこもり生活35日目(金曜)

目覚ましをしっかりセットして8時半に起床。学校があるときは6時半起床なので、これでも遅いけど、ここ最近にしてはまともな時間だ。午前中からしっかり動きたい。まずは家事、そして、子供達のピアノの練習。

今日は長女が夕食を作りたいとずっと言っていたので、ありがたくお願いすることに。買い出しも自分で行くと、マスクをして家の前にスーパーまで行った。

長女が戻って、昼食。キャベツとトマトのパスタ。ニンニクと醤油を少し入れたら、美味しくなった。

読書、ドイツ語の勉強、そして長男が芝刈りをしている間に、他の庭仕事。今日もお天気で気持ちがいい。週末、またバーベキューがしたくなり、私もスーパーへ。明日の土曜に買い物に行くよりは、今日行った方が混雑してないだろうから。

戻って末っ子のインラインスケートの練習に自転車で付き合う。次女の描いた絵を褒め、この子は本当にクリエイティブだなぁと内心感心する。

本当に、毎日同じことの繰り返し。だけど、仕方ない。ドイツは頑張っている。一人当たりが感染させる数も1以下になっているらしい。

月曜からは、小売店が開き、木曜からは、受験生は学校が始まるという。

さて。長女が作った夕食は、とっても美味しかった。ひよこ豆とごまペーストとオリーブオイルとレモンとニンニクで作ったフムス。そして、トルティージャの上にチーズとパプリカ、ネギ、ニンジンなどを入れて、その上にさらにもう一枚トルティージャを重ねて焼いたもの。

こういう中東の味って本当に大好きだけど作ったことなかった!美味しかった!!ありがとう。インスタなどで色々情報仕入れて、おかし作りやこういうことをやってくれるのは本当に嬉しい!

夜は、子供達は映画を見て、私は日本人友達と3人でオンライン飲み会。話題はやっぱりコロナのことだけど、久しぶりに大笑いできていっぱいおしゃべりできて嬉しかった。先が見えないけど、頑張るしかない。

明日は遠くまで散歩に行こう。早起きしよう。

引きこもり生活34日目(木曜)

決めた。明日からは絶対に目覚ましをかけて、ちゃんと起きる。昨日はオンライン飲み会をしたこともあって、今朝は10時過ぎまで寝てしまった。学校閉鎖になってから、本当に怠けている。今日は子供孝行で、いっぱい子供と遊ぼうと思ったのに、末っ子は一人で部屋で工作に忙しく、一人で続けたいというし、上の3人の子供たちもそれぞれ友達とオンラインで話して、なんともつれない。

お昼ご飯はホットサンドイッチ。午後は庭の仕事をしようと思ったら、長女が末っ子を連れてサイクリングしたいと言い出した。私もいってもよかったのだが、二人で行きたいという。どうもうちの子供達は、私がいない時の方が仲がいいらしい。どうしたことか。

二人がいない間に、私はまずはスーパーへ買い物へ。天気もいいし、来週からは規制が少し緩んで、本屋さん、自転車の修理屋さん、他にも小売店が営業を再開するというニュースもあって、心なしか、みんなリラックスして、緊張感が減ったような気がする。それでも、マスクの人は4割はいただろうか。ドイツはマスク着用義務の方向にはいかなかった。やっぱりマスクに対する抵抗が大きいという。みんながつければ、絶対に意味があるのにな。お昼を手抜きしたので、夕飯はちゃんと作りたくて、スペアリブを1キロ買った。

まだ長女と末っ子が帰る前から、庭仕事。次女も手伝ってくれた。雑草を取り除き、芝生を掃いてコケのようなものを取り除き、垣根に少し生えてきていたアイビーも抜いた。あっという間にゴミ袋2つ分たまり、爽快な達成感。やっぱり、庭というのは、手をかけたらかけた分だけ、成果が出てくる。せっかく家にいるのだから、庭も綺麗に保ちたい。芝生ももっといい状態になるはずなので、手をかけていこうと思う。明日はガーデンセンターで少し芝生が良くなるものを探したい。明日は長男が芝刈りをしてくれると約束してくれた。

長女と末っ子は楽しく汗ばんで戻ってきた。結構な距離を行ったらしく、パパのお墓にも行ってくれたらしい。そのあと、今度は長男と次女がサイクリングへ。兄弟が多いといろんな組み合わせがあるのはいいことだ。長男と次女の組み合わせは珍しいので、微笑ましく思った。

夜ご飯はスペアリブのマーマレード煮。圧力鍋で調理するのであっという間だ。赤ワインと醤油とマーマレードとコショウのみ。これが、本当に美味しい。私はご飯で、子供達はポテトで食べた。付け合わせは、インゲンと人参の炒め物と、ヨーグルトドレッシングのサラダ。美味しかったので、大満足。

そのあとみんなでまたボードゲーム。そして、テレビ。そして、ダンスをYouTubeで自主練。ダンススクールも閉鎖のままだし、ダンスパートナーともオンラインでやり取りするだけになっている。夏までは再開しないだろうけど、自主練は続けたい。

引きこもり生活29日目(土曜)

久しぶりに早起きして、朝一番でスーパーに。マスクの人がいつもより少ないような気がする。そして、スーパーがもう混んでいる。イースターの週末でみんなリラックスしてきたのだろう。そして、昨日ラジオで聞いたのだが、ドイツはこの接触制限など、国民の3分の2も政府のコロナ対策に満足していると答えたらしく、対策もうまくいっているので、制限を少し緩めてもいいのではないか、という意見も出始めているらしいのだ。感染者数のカーブが緩やかになってきたということだろうが、こういう時が一番不安になってしまう。

兎にも角にも、一つ目のスーパーで買い物を終え、二つ目のスーパーへ。コロナ危機になってから、あまりスーパーのハシゴはしていないけど、今日はイースターのためにいっぱい買いたいので仕方ない。そのあとは、飲料専門店で地ビールをひとケース。こちらのビールは瓶が基本だ。飲み終えた瓶とケースを返すとお金が戻ってくるシステム。さて。全ての食料品飲料品の買い物を終え、園芸店へ。種と苗とさらに、やっぱり土も少し買い足したい。

家の近所のお花屋さんがメインの園芸店に行ったら、なんとかなりの行列ができている。今はどの店も、店内のお客さんの人数を制限しているので、大変だ。食料品を車においたままなのに、結構並んでようやく店内へ。やっぱりお花がメインで種はあるけど、野菜の苗はなかった。そして、土の値段も高めだ。あー失敗した。それでもタネは種類がいっぱいあったので、レタス、ラディッシュ、人参、グリーンピースの種を買った。

家に帰ったら、長女以外みんな起きていたけど、なんだか皆だらけている。すぐに、家庭菜園をやりたかったのに、なぜか皆愚図り、「夕方にしかしたくない。17時で」という長男の一言に、結局全員合意。

日本の友達からライン電話が入り、小一時間話し込む。話題は8割コロナのこと。不安はどこも一緒だ。

お昼ご飯はポテトの茹でたものに、チキンのチーズ焼き。デザートはイチゴと生クリーム。午後は、子供達とゲームしたり散歩したり、本当にこのほぼ1ヶ月変わらない同じことの繰り返し。

17時きっちりに全員で庭に。土を足して、種を植えていく。そして、スーパーで買ったハーブも植え込む。チームワークと達成感!記念写真を撮って、またみんなでゲーム。末っ子の負けん気が強くて笑える。

日差しが強くご飯を作る気がしなくて、そうめんと、野菜炒めと、冷凍の魚フライで夕食。暑かったからそうめんが美味しかったな。

明日はイースター。教会に行かない、誰にも会わないイースター。

引きこもり生活22日目(土曜)

まだ買い置きはあるのだけど、この1週間どこのスーパーでもトイレットペーパーが売り切れていたので、そろそろ不安になって、今日は土曜だし、朝1番に行けばあるかもしれない、と思い、8時に歩いてスーパーに行った。そして、初めて、大人になって初めてマスクをつけた。給食当番以来のマスク着用だ。ドイツでマスクなんて本当にありえないと思っていたけど、この数日、マスクをつける人を見るようになっていたし、ネットの記事で、やっぱりマスクを着用する国はコロナ感染率が少ないと読んだ。そして、オーストリアでは今や、スーパーでの買い物時は、マスク着用が義務化されたのだと言う。そんなこんなで、ちょっとドキドキしてマスクをつける。外を歩くときにはつけず、スーパーの入り口でつけた。ちょっと違和感があったけど、同時に安心感も出た。今日は土曜というせいもあって、少し人は多めで、マスクの人もいたし、特別視されることもなかった。このスーパーはちょっと値段が高めに設定されているので、必要品だけを買った。トイレットペーパーも一人ひとパックだけというルールになっていて、10ロールのパックを買うことができた。これで一安心だ。

お昼ご飯はトマトとマッシュルームとニンニクのスパゲティにサラダ。食後、お肉を買いに別のスーパーまで自転車で行くことにした。移動中は何もつけず、また入り口でマスクをつけた。このスーパーは少し安めなので、結局色々買い込んでしまい、自転車のカゴはいっぱいになるし、帰りはハンドル部分にも荷物をかけてフラフラして帰ってきた。

家を片付けてからは、子供達と散歩。土曜なので、子供の同級生の家族やパパにも会ったけど、2メートルくらい開けて手短に挨拶するだけ。

お天気がとても良くて、家に戻ってからは、日当たりが最高のリビングの窓の汚れが気になり、窓掃除。窓掃除が苦手な私なりに綺麗になったと満足していたら、長女と次女がケーキを作りたいと言い出した。子供も暇を持て余している。

子供達がキッチンを独占している間、私は一人コーヒータイム。今日はあまりコロナ関係のニュースを見ずに、好きな音楽やユーチューブを見てまったり過ごした。

夜ご飯は、チキンのモモ肉のカレー煮込み。圧力鍋でやると、本当に手短にできるし、お肉がほろほろ柔らかく仕上がって子供達にも大人気のメニュー。

そして、仲良しのこちら在住の日本人友達と4人でオンライン飲み会。やっぱりギネスビールとコロナビールと、そしてドイツの地ビールを飲みながら、コロナの話、子供の話、仕事の話、これからの不安など語り合った。あっという間の3時間。

明日は初夏のようなお天気になるらしい。冬が長くて暗いので、暖かくなると急にドイツ人は陽気になったり、外に出たくなったりする。明日は警察が、人が集まってないか見回りが厳しくなるという。市民の憩いの場の芝生も今日から閉鎖されているらしい。

我が家は、ちょっと離れたところまでドライブして散歩に行って、今年初のバーベキューをやる予定だ。

ちなみに、今は、家以外の場所でバーベキューやピクニックをすると250ユーロか200ユーロの罰金だという。そういう意味でも、家に庭があってよかったな、と思う。こういうときに、バルコニーや庭のありがたさを感じる。家族仲良く、健康で過ごしたい。

引きこもり生活19日目(水曜)

いつもより早く目が覚めたので、午前のうちに色々なことを片付けることができた。さてゆっくりお昼ご飯の準備をしようかと思っていたら、ドイツ人の親友から電話があって、一気に話し込んでしまい、気がついたら1時間。おかげで、ゆっくりお昼ご飯の準備じゃなくて、バタバタで簡単にできるものに変更。だけど、友達と話せて嬉しかった。やっぱり大人との会話に飢えている。来週は、二人で散歩に行こうということになった。もちろん、ハグはなしで、適度な距離をとって、だ。

結局お昼ご飯は、ジャガイモとネギのスープにパン。これ、子供向きじゃないと思うかもしれないけど、末っ子も大好きなメニュー。トロッとしたスープは美味しい。というか、私はスープなら大抵なんでも好きだ。

昼食後、全員でパパのお墓へ。昨日買っておいたお花を植えて、キャンドルを添えた。5人でお墓に行くのはクリスマス以来かもしれない。

そのあとは、一人でじっくり志村けんさんの追悼番組をネットで見た。いしのようこさんの肌が相変わらず綺麗で見入ってしまった。もう50歳超えているはずなのに。美しい。子供ながらに、この二人は仲がいいなぁ、付き合っているんだろうなぁと思っていた記憶がある。8時だよ全員集合の記憶もあるけど、志村けんのだいじょうぶだぁや、カトちゃんけんちゃんテレビの方がどっぷりはまっていたかもしれない。

夜ご飯は、二種類のパスタ。ニョッキはオリーブオイルと塩で炒め焼き。これが美味しい。あとは、買っておいたラビオリを手作りのトマトソースで。これにサラダで満腹。

結構シリアスな映画が見たい気分で、子供達を誘う。トムハンクスのCast Awayを見た。もちろん下の二人は年齢小さすぎるけど、適正年齢は12歳以上となっていたけど、まぁ大丈夫だろう、と思って見ていたら、末っ子はやっぱり怖がってしまった。冗談言いながら、ごまかしごまかし見ていたら、末っ子も気が紛れたようで、まぁ、大丈夫。でも、今夜はお姉ちゃんと一緒に寝るらしい。兄弟の年齢差があるので、こういうとき、ついつい上の子に合わせてしまって、かわいそうな末っ子。この映画の後、ミスタービーンのエピソードを一話だけ見て、大笑いして、ちょっとスリリングだった最初の映画の記憶をチャラにした。はず。

あ。お墓参りの時に気づいたんだけど、マスクをしている人の率が高くなってきました。2割くらい?これまでは私もまだ一回もしてないんだけど、一応我が家もマスクは買っています。でも、念のために、自分でも作ろうと思っています。あしたはまずはマスク作りからスタートかな。

コロナのニュースを見る時間を自分なりに減らしています。ちょっと気持ちが落ち着いてきました。