ホームスクールのストレス

息子にイラついた。信じられない時間管理能力の乏しさ。今朝は久しぶりに学校に美術の課題を持っていくというので、自転車では大変だろうと思い、車で送っていく約束となっていた。先生の締め切りは11時。少し早くつくためにも10時半には家を出ようということに。

昨日の時点でほぼ完成していたなと思っていたのに、朝8時、まだまだ色々部品を切っている。「間に合うの?」と聞くと、大丈夫大丈夫と余裕の返事。10時10分には次女がオンラインで授業があるので、私のコンピューターを部屋に持っていくという段取りに。念のために、長男にもそれを伝える。長男はiPadを愛用しているが、印刷類は、私のコンピューターからやるので、もしもプリントアウトするものがあるならと念のために聞いてみたら、「うん、あるよ、いっぱい」と平然と答える。その時点で9時過ぎ。美術の模型は未だ完成していないし、朝食も食べてないし、シャワーも浴びてない。一体どういうことになってるの??あなたの時間管理はどうなってる???!私の怒声が響くのに、大丈夫だいじょうぶと、変な余裕。

結局9時半過ぎに完成し、庭に持って行き、写真を撮り、それをコンピューターからプリントアウト始めたのは10時。しかもいっぱいあって、カラーだし、時間がかかるかかる。私はイライラしているのに、次女のオンラインレッスン前直前に終了。ホッ。

イライラしたまま、長男を学校に送る。車の中で「もしも、インクがなかったり、プリンターが動かなかったりしたらどういうつもりだったの?少なくとも前日の夜には全て完成しておくべきでしょう?冬休みもゆっくりあったんでしょう」と説教。「うん、でも、どうにかなると思って」という長男。「でも、うん、ごめん」という素直な部分もまだ、ある。

生意気で正義感溢れる長女、優しくて社交性たっぷりの長男、個性的だけど気が強くできることも多いけど苦手なことも多い次女、そして末っ子の三女はさらりとなんでもやってのけそうなタイプで悠々としている。4人それぞれ。得意なことも、成績も性格も皆違う。

学校のことは、基本的に子供達に任せているし、成績や宿題に色々口出ししないが、最低限の締め切りは守って欲しいし、本人なりの努力をして欲しい。

ホームスクールでずっと家に子供がいるって本当にめんどくさい!学校で習って欲しいことも、家でやっているから、本当に先生方には頭がさがる。早く学校再開してーーーーー!!

ホームスクール初日

冬休みも終わって、今日から学校。とは言っても、ロックダウン中。学校も幼稚園も閉鎖で、キーワーカーと呼ばれる職業(病院関係、警察など)に就いていて、他に家で子供を見る人をアレンジすることができない家庭の子供のみ、幼稚園や学校の特別クラスに通うことができる。

そのほかの大多数の子供達は、家でホームスクールだ。大きな子供達はオンラインで授業やミーティングがあったが、うちの子の小学校はオンラインプログラムはほんのわずかで、あとは、プリントがどっさり渡された。結局、新しいことは、自分で家で親と学べ、っていうことだよねとおもった。まだ小学校だから、ドイツ語以外は、私が教えることも可能だが、ホームスクールって、すごい親の負担だ。

印刷類もいっぱいあるし、紙やインクもすぐになくなりそうな勢い。

私のコンピューターも子供が使うから、なかなか思うように自分の時間が取れないし、慣れるまではみんなちょっとストレスかも。

寒いし、小雨だし、ちょっと気が晴れなかったから、夕食はちょっと豪華にしたいなと思って、クリスマスに食べて美味しかったラム肉を少量買いに行った。それで、カレーを作って、ナンブレッド(市販品)と一緒に夕食にしたら、子供達大喜び。

ロックダウン中の楽しみは食事がすごい割合を占める。

映画「ヘルプ 心がつなぐストーリー」

名画。ちょっと下の子供たちには難しいかなと思うけど、もう5、6回家で見ているDVD。1960年代のミシシッピ州で黒人メイドたちの状況と、それに興味を持つ白人ジャーナリストとの交流と騒動が描かれる。

難しいテーマだけど、メイドの一人が、人種差別甚だしい、ひどい白人雇い主の女性にい不当に解雇されたあと、ちょっとした復讐のつもりで、自分の大便を入れた(!!)彼女が一番大好きなチョコレートケーキを持って、後日挨拶に行き、彼女がケーキを食べるのを眺める、というシーンが、下の子供達にはウケるようだ。

名優ぞろいだし、エマストーンは可愛いし、重たいテーマだけど、大事なことが描かれているので、ぜひオススメしたい。

明後日からドイツではホームスクール。8時過ぎにはオンラインレッスンが始まるので、また早起きの日々になる。今日から早寝させなきゃな。

餡子モチ&ロックダウン延長

ドイツのロックダウンは1月末までの延長になったという。予測はしていたが、ショックだ。子供達の学校も始まらないということだな。オンラインでのホームスクール。ちょっと気が滅入る。

今日は餡子もちを食べた。餅は先日作った手作り。餡子も数週間前に作って冷凍しておいた手作りだ。餡子が好きなのは、長女と次女のみ。長男はお餅は醤油で、三女はきな粉で食べるのが一番好きらしい。冬は寒くて、甘いものが欲しくなる。ロックダウン中は特に、こういう小さな楽しみが重要だなーと思う。

そういえば、私はヨモギのお餅が一番好きなのに、もう何年も食べてない。

帰りたいなぁ。今日の午後、近所の日本人友達と小一時間散歩した。同年代の独身男性だが、彼は男性が好きなゲイなので、私と彼は男女の関係になる可能性はなく、とても親しい友人だ。2ヶ月に一回くらい会う関係がこの3年くらい続いている。彼もホームシックだ。みんな日本に里帰りできる日を楽しみにしている。彼にも手土産でお餅を持っていった。年末年始私は日本人友達にお餅を配る。イギリス時代からの習慣だ。

今日は子供達が寝たら、日本のドラマか漫才を少し見ようっと。