映画 セブンシスターズ

ちょっと怖いけど、わたしは好きだった映画。年齢制限、こっちは16歳以上になってて残虐シーンも多かったけど、見てよかった。長女が見たいというので、一緒にネットフリックスで見た。クリスマスにネットフリックスを親戚からプレゼントされた子供達は、最近色々情報を仕入れてくる。

英語のタイトルは「What Happened to Monday」月曜日に何が起こった?の時間としての on Mondayではなくて、toになっているのがポイント。これ、名前なんです。

月曜日と名付けられた女性。

時は2073年。遺伝子組み換え食品が増えたことで、人間の生体にも影響が起き、双子や三つ子などの多胎児妊娠が増える。人口が増え続け、食糧危機になっていく中、政府は一人っ子政策を押し出す。チップで徹底的に管理され、兄弟がいる家庭の子供は1人を残し、政府に連れていかれる。政府の施設に送られた人たちは、冷凍保存され、地球の環境が整った頃にまた戻される、というのが表向きの説明だが、施設の中で本当は何が起こっているかは皆知らない。

そんな中、7つ子が産まれる。表向きには1人だけ残ったことにして、7人全員隠れて育てる決心をする医者の祖父。月曜日から日曜日までの名前をもらう7人。自分の名前の曜日になると、彼女たちは外出し、普通の暮らしをする。家に帰ると、その日の出来事を詳細に分かち合い情報を共有する。同じチップを入れられ、表向きは1人の人間に見えるけど、本来の個性や性格はそれぞれ。

ちょっとやんちゃな「木曜日」ちゃんがスケートボードで怪我をして指を失うと、他の6人の指も祖父によって切断される。そうやって、この7人は大人になっていく。もう祖父もいなくなって、30代になった彼女たちだけでの生活が続く中、「月曜日」が帰宅しない夜がある。

「月曜日」の行方を知るために、姉妹が協力するのだが、政府に正体がばれて、残虐な戦いになっていく。

ストーリーも面白いなと思ったし、このノオミラパスという女優さんが1人で七役しているところもすごいと思う!イギリス、アメリカ、フランス、ベルギーの合同作品だそう。

ちょっと怖いのが好きな人にはおすすめかも。

それにしても、こんな世の中だったとしたら、4人も産んでしまった私は地球のために最悪なことをしてしまったということになるのか。汗 とほんの一瞬だけ思った 

引きこもり生活16日目(日曜)

今日からこちらは夏時間。10月末まで時計を1時間ずらすのだ。夜中に時間が変わるので、朝起きたら、時間が違って昔はびっくりしていたが、この数年は携帯が勝手に時間を変えてくれているので、焦ることも少なくなった。今朝は目覚めたら9時40分、となっていたが、昨日までなら8時40分。炊飯器や、壁時計などの時計を手動で1時間進めて、変更おしまい。夏時間のおかげで、日が長くなって、真夏だと22時くらいまで明るいので、気持ちがいい。

朝は、先週同様、また教会の礼拝をオンラインで視聴した。悪くないなと思う。私は朝が弱いので、パジャマのままでだらだらオンラインで済むのはありがたい。昨日の私の義母に対する黒い気持ちを反省して悔やむ。もう少しいい人間になりたい。

そのあとは、ドイツ語の自習。そして子供達と卓球。お昼ご飯は一昨日の残り物のカレーと決めていたので、準備が楽だったのだ。

日本で桜が満開なのに、雪が降ったというニュースに驚いていたら、こっちも少し雪が降ってびっくりした。昨日まで毎日天気が良かったのに、今日は暗くて、雪というよりは雨混じりだ。

午後は、読書にコロナ関係ニュースの動画を追う。フランスで16歳の健康だった少女が亡くなったという記事などを読み、落ち込む。ウイルス自体が変化しているのだろうか?素人の私には何も分からないけど、怖い。

午後、お菓子づくりの得意な長女がチェリーケーキを焼いてくれた。私は全くできないので、本当にありがたい。おかげで美味しいコーヒーの時間が持てた。

ケーキで満たされていたので、夜ご飯は簡単にお好み焼き。今日は誰もどこにも出かけず、誰からも電話もなく、静かな1日だったな。こんな日常がまだまだ続く。やっと2週間終えたばかり。予定ではあと3週間、これが続くけど、みんな、もっと長引くだろうと思っている。怖く寂しい。