サルサの踊れるパブへ

週末のことなんだけど。今週末はココとココとココで踊れるところがあるんだけど、もしも興味があったら来てみたら?というメッセージが、先日紹介された彼から来た。私の町と、近郊の町で、気軽にいけるところだという。

こんなコロナの中でも、いつもよりも気をつけて踊れるのだという。手を消毒したり、換気したり、連絡先を主催者に残したり、というルールがあるらしいが。

なんかすぐに誘いに乗るのも、ちょっと焦ってる感じがするかな?笑 とも思ったが、素直に興味があったし、行ってみることに。

22時ちょっと前から24時くらいまでいるから、というので22時15分ごろ行ってみたら、彼は学生のような若い子とサルサを踊っていた。曲が終わって、私に気づいて私の元へ。簡単な挨拶のみで、早速基本ステップを習う。とにかくどうも教えたいらしい。基本はとても簡単なので、私ももともと踊り好きだし、とりあえず1曲一緒に踊った。

そして一緒にノンアルコールビールを飲みながら、少し会話。子供のこと、ドイツのこと、サルサ、社交ダンスのこと。1時間くらい経って、私はもう帰ろうと思った。遅いし、そんなに基本ステップだけで踊れないし。

彼はまだ残っている感じだった。知り合いも多そうだし。

もうそろそろ帰るね、と告げると、あ、そう?じゃあまたね。次に踊れるところあったら知らせるから。と。

すごく近くに車を停めていたけど、暗いなか2分くらい歩いた。どこに車停めてるの?と聞いてくれなかったし、送ってもくれなかったから、私に好意があるわけじゃないな、と思った 笑。

だけど、久しぶりの夜遊びは楽しかったし、サルサの世界も全く健全で、若い学生から70近いだろうな?という人までいて、いい雰囲気だった。

コロナの前はもっともっともっと混雑していて週に何度も踊れるところがあったらしい。

また次回ぜひ!というメッセージが短く翌日来た。また会うだろうな、と思う。私としては、彼のことは好印象なのだ。フレンドリーだし、コミュニケーション力が高い人だな、という印象。

それにしても、コロナが少しずつ増えて来ていて、近くの学校も自宅待機になるところが出て来ている。感染者が生徒や先生に出た場合、その学年全部が2週間の自宅待機になるらしいのだ。どの学校も、いつ、そういう事態になってもおかしくないらしい。

その彼も、もう少し経つと大事なコンサート(彼はバイオリニスト)があるから、その前の期間はサルサは控えると言っていた。みんな気をつけながら、自己責任で行動しているなというドイツの雰囲気がある。

春の自粛期間はお天気も良かったし、日も長くて、人に会えなくても、子供達となんとか充実して過ごすことができたけど、これからどんどん日が短くなって、もう寒いし、こんな気候で自粛期間になったら、本当に辛そうだ。本当に、本当に、早く前の日常が戻って欲しい。

引きこもり生活23日目(日曜)

晴天の日曜日。オンラインで礼拝を聞いた後、子供達と今日1日どうやって過ごすのか相談。だって、今日はものすごくいいお天気になるらしいのだ。

どこかちょっとだけ遠出してハイキングに行こうか?という私の提案は、結構あっさり拒否され、その代わり、全員で近所の林をゆっくり散歩して、昨日の夜に娘たちが作ったケーキを食べよう、そして、夜はバーベキューしようということに決まった。

お昼ご飯は、それぞれパンやご飯の残り物で済ませることにして、14時に全員で散歩に出発。15時半までゆっくり外に出た。風が適度にあってすごく気持ちいい。子供達の機嫌も良く、家族5人でいい時間が持てた。子供達については、あまりここまでブログで詳細を書いてこなかったけど、いつか、それぞれの性格や面白いポイントについてまとめて書いてみようとは思っている。4人それぞれ違って面白い。

家に帰ってコーヒーを入れて、娘たちの作ったケーキを食べる。見た目はバッチリなんだけど、甘すぎた。私にはとっても甘すぎたけど、少しだけこっそり残したけど(汗)美味しくいただきました。

ケーキを食べたばかりなのに、30分もしないうちにバーベキューの炭の準備。せわしない。シングルマザーになってからできるようになった事の一つがバーベキューだ。4人も子供がいたら、普通におかずを作るよりもバーベキューにした方が簡単なので、夏は結構頻繁にやっている。今日は今年初めてのバーベキュー。

炭を待つ間に、ポテトサラダとアボカドディップを作り、ソースやお皿の準備。なんで私一人でバタバタやっているんだろう?なんで子供は誰も手伝いにこないんだろう?と私のイライラが募り、子供に説教。4人全員あっという間にお手伝いモードになって、色々やってくれたら、あっという間に準備が終わった!

本当に初夏のような陽気になったので、楽しいバーベキューになった。長女も長男もお肉を返すのを手伝ってくれたりして、だいぶ頼もしくなってきた。私のビールの量も進み、機嫌も良くなる。

仕上げは焼きおにぎりと、焼きチーズと、焼きマシュマロ。まだほろ酔いだ。

また新たな1週間。本来ならこちらは春休み1週目。学校からの課題も全くなくなってしまう。子供達とどうやって時間を過ごすかが、私の課題だ。

引きこもり生活22日目(土曜)

まだ買い置きはあるのだけど、この1週間どこのスーパーでもトイレットペーパーが売り切れていたので、そろそろ不安になって、今日は土曜だし、朝1番に行けばあるかもしれない、と思い、8時に歩いてスーパーに行った。そして、初めて、大人になって初めてマスクをつけた。給食当番以来のマスク着用だ。ドイツでマスクなんて本当にありえないと思っていたけど、この数日、マスクをつける人を見るようになっていたし、ネットの記事で、やっぱりマスクを着用する国はコロナ感染率が少ないと読んだ。そして、オーストリアでは今や、スーパーでの買い物時は、マスク着用が義務化されたのだと言う。そんなこんなで、ちょっとドキドキしてマスクをつける。外を歩くときにはつけず、スーパーの入り口でつけた。ちょっと違和感があったけど、同時に安心感も出た。今日は土曜というせいもあって、少し人は多めで、マスクの人もいたし、特別視されることもなかった。このスーパーはちょっと値段が高めに設定されているので、必要品だけを買った。トイレットペーパーも一人ひとパックだけというルールになっていて、10ロールのパックを買うことができた。これで一安心だ。

お昼ご飯はトマトとマッシュルームとニンニクのスパゲティにサラダ。食後、お肉を買いに別のスーパーまで自転車で行くことにした。移動中は何もつけず、また入り口でマスクをつけた。このスーパーは少し安めなので、結局色々買い込んでしまい、自転車のカゴはいっぱいになるし、帰りはハンドル部分にも荷物をかけてフラフラして帰ってきた。

家を片付けてからは、子供達と散歩。土曜なので、子供の同級生の家族やパパにも会ったけど、2メートルくらい開けて手短に挨拶するだけ。

お天気がとても良くて、家に戻ってからは、日当たりが最高のリビングの窓の汚れが気になり、窓掃除。窓掃除が苦手な私なりに綺麗になったと満足していたら、長女と次女がケーキを作りたいと言い出した。子供も暇を持て余している。

子供達がキッチンを独占している間、私は一人コーヒータイム。今日はあまりコロナ関係のニュースを見ずに、好きな音楽やユーチューブを見てまったり過ごした。

夜ご飯は、チキンのモモ肉のカレー煮込み。圧力鍋でやると、本当に手短にできるし、お肉がほろほろ柔らかく仕上がって子供達にも大人気のメニュー。

そして、仲良しのこちら在住の日本人友達と4人でオンライン飲み会。やっぱりギネスビールとコロナビールと、そしてドイツの地ビールを飲みながら、コロナの話、子供の話、仕事の話、これからの不安など語り合った。あっという間の3時間。

明日は初夏のようなお天気になるらしい。冬が長くて暗いので、暖かくなると急にドイツ人は陽気になったり、外に出たくなったりする。明日は警察が、人が集まってないか見回りが厳しくなるという。市民の憩いの場の芝生も今日から閉鎖されているらしい。

我が家は、ちょっと離れたところまでドライブして散歩に行って、今年初のバーベキューをやる予定だ。

ちなみに、今は、家以外の場所でバーベキューやピクニックをすると250ユーロか200ユーロの罰金だという。そういう意味でも、家に庭があってよかったな、と思う。こういうときに、バルコニーや庭のありがたさを感じる。家族仲良く、健康で過ごしたい。

引きこもり生活12日目(水曜)

昨日の夜はビール党の私が久々にワインを飲みながら、ずっといつか見ようと思っていた「ラストエンペラー」を見て、結局かなり遅寝してしまった。

12日目の昨日は、末っ子が覚えたてのインライナースケートを練習するのに付き合って、近所一周。お天気で本当に気持ちがいい。

その後、義母の携帯を届けに行く。義父がお昼寝中だったので、義母と、またかなりの距離をとっておしゃべり。もうずっと社交してないから私、絶対今感染の確率低いと思うんだけど。と、思いつつ。

家に戻って、チャールズ皇太子コロナ感染のニュースを知り衝撃。幸い軽いようで、公務を部屋で行えるほどらしいが、高齢なので心配だ。さすがイギリス王国、こういうニュースも隠さず伝えてくれる。誰にでも感染される、感染させる可能性あるなと実感。

今日のご飯は、お昼は残り物。先日のラザニア作った時のボロネーゼソースが余っていたので、それを挟んでホットサンド。夜は鳥の唐揚げ。やっぱ、これ大人気。

納豆を週に一回手作りしていて、昨日はそれもやった。もうすぐ完成予定。

友達に勧められて見た動画。山中教授とYoshikiの対談。わかりやすかったのでオススメです。探してみてください。

引きこもり生活3日目(月曜)

引き続きコロナのことでみんな混乱。今朝はドイツ人の一番仲良しの女友達と長電話。本当なら、毎週月曜の午前は彼女と会うのだが、コロナで社交が自粛されているので自主的にキャンセル。代わりに長電話した。同じような、もやもやとした混乱、この状況について意見を交わした。

ここからニュースを見ているだけだと、日本はうまくなんとかやっている気がする。症状がある人のみ検査しているのか、感染者数もとても少ない。ドイツはあっという間に2000人を超えた。

イタリアやスペインのように病院がパンクしたり、完全に外出禁止、というような事態にはなって欲しくないけれど、ドイツ人友達と話せば話すほど、こちらでも時間の問題のような気がしてきた。国境を部分的に閉じたとはいえ、こちらは大陸。日本のような島国ではない分、いろんな人が入ってくるし、感染が増えるのだろう。そして、コロナウイルス自体も感染力を強めているのかもしれない。

あくまで素人の私と周りの友達との会話での話だけど。全て。

というわけで、プール、ジム、サウナ、映画館、ショッピングモールが全て閉鎖になる。レストランの営業が制限されるのも時間の問題だろう。

スーパーマーケット、薬局、銀行、ガソリンスタンドだけは閉鎖しません、と報道された。それらが閉まったら、本気で困る。

今日は下の子は、近所のお友達のお宅で遊んだ。次女は友達とサイクリングへ。長男は友達の家にお泊まりだ。まだまだ平和に見えるが、買い物に出かけたら、スーパーからまた色々なものが消えていて唖然とした。トイレットペーパー、小麦粉、パスタ、トマト缶、保存のきくミルクなどなどはもう全くなかった。

我が家は大体備蓄をしている方だし、今日必要ではなかったのでいいのだが、異常事態を痛感した。

こんなことばかりで3日目にして疲労を感じる。

朝寝坊したので、朝と昼は兼用で残り物やトーストで食べ、夜は鶏のモモ肉のチーズ焼き、作り置きのトマトソースを使ってパスタ、そしてサラダにした。

ブリジット・ジョーンズの日記3を見ながらビールを飲む夜。

ダンスコース 娘もクラスメートと

週に1度のダンスレッスンだが、行けない日があれば他の曜日に切り替えることもでき、順調にいろいろなステップを覚えてきた。パートナーのおじさんは、シフト制の仕事なので、曜日が変わることが時々あるが、なんとか合わせている。

チャチャチャ、ディスコフォックス、ワルツ、タンゴから始まって、もうすぐ私の一番好きなクイックステップも習えそうな感じだ。

途中10分の休憩があって、おじさんとビールを飲みながら世間話をする。たまには、ダンスのレッスンの後、パブにビールを飲みに行くくらいの関係にはなった。アラフィフで、20代の時に数年だけ結婚していたことがあるらしい。素直で人当たりのいいおじさんだなという印象。

さて。そして、なんとうちの長女も同じ学校で3ヶ月のダンスコースを受講することになった。ドイツでは10代の子供が一般常識、社交マナーとして、社交ダンスの基本を習うのが伝統的だそう。高校の卒業パーティーで踊れるようにする目的もあるらしい。だから、ドイツのほとんどの大人は、基本的なステップはできる。

強制ではもちろんないが、長女はクラスメートと一緒に団体で申し込んだ。ボーイフレンドなどいない娘は、クラスでも1番のおちゃらけの男子に誘われ、ペアを組んだとのこと。

3ヶ月のコースの後には、正装で、保護者も参加のダンスパーティーがあるという。たのしみだな。

こういう楽しみがあることが、私の生活でハリとなっている。週に1度の自分の時間。そして快く送り出してくれる子供達、ありがとう。