引きこもり生活18日目(火曜)

晴天で気持ちがいい。一番近所のスーパーまで買い出しに行った。歩いても行ける距離だけど、たくさん買うので車で。週に何度も通うスーパーなのに、コロナ騒動以来、雰囲気が暗い。買い物客は皆距離をとって歩くように奨励されて、2メートルあけてください、と放送が定期的に入るし、近所の人や顔見知りの人とおしゃべりにふける人もいない。やっぱり異様だ。明日こそは旦那の墓参りをしようと、お花も買った。引きこもって以来、なんとなくお墓に行く気持ちになれなかった。行こう行こうと思いつつ、なぜか気持ちがついていかなかった。だけど明日は絶対に行こう。子供達にも宣言しておいた。

子供達が学校の課題をする間、私はドイツ語の勉強。本当に難しい。特に前置詞が私には難しい。子供はあっという間に習得したのにな。

お昼は、昨日のそぼろの残りを乗せて肉うどんにした。デザートはイチゴと生クリーム。午後は、庭仕事。お天気なので気持ちがいい。子供達は、ジョギングに出かけて行った。子供達もひどい運動不足だ。

夜はドイツでは一般的な「冷たい夕食」パンとハムとチーズなど。これ、ほとんどのドイツ人家庭では一般的な夕食だ。朝と夜は「冷たい食事」お昼だけ「温かい食事」なのだ。我が家は私が食べたいものを作るので、お米派の私は、ほぼ毎日昼も夜も温かいものを作るが、月に数回、パンを夕食にする。パンもハムもチーズも美味しいし、野菜を切ったり卵料理をつければ、お腹もいっぱいになるし、栄養も取れるし、何よりも楽だ。それでも、なんだか食べた気持ちになれなくて、食後に一人でご飯をお茶碗に半分だけ入れて、ふりかけとお味噌汁で食べた私。ご飯が一番美味しい。

スーパーで買ったコロナビールとギネスビールを飲みながら、今夜は友達とビデオ電話。子供達はそれぞれ部屋で遊んでいる様子。いつもだったら末っ子は19時過ぎには就寝、ほかの子供達も22時には寝ているが、全てが閉鎖になってからは、もう勝手にやらせてしまっていて、23時や24時もざらになってしまっている。遅寝遅起き。そして毎日白米。完璧に私の子供たちだ。