皮膚科で光線療法が始まった&ロマンス終了

もう半年以上苦しんでいる湿疹。寝不足にもなるし、手足背中ひどい状態で、薄着もできない。1ヶ月ぶりの検診で訴える。ステロイドを飲んでも塗っても改善しなかったので、先生も少しがっかり。光線療法を始めることになった。

週に3回、わずか1分半の照射だが、これに期待しよう。これで無理だったら、本格的な検査になるらしい。

こんな汚い手足で踊るのも嫌だし、ダンススクール、せっかく再開したけど、なかなか気が進まず、久しぶりに会ったダンスパートナーのおじさんとも、ちょっと変な雰囲気。ロマンスは、お互いに何もないまま終了した。のだろうと思う。

私の今の一番の希望は、早く湿疹が治って、不眠症状がなくなること。

でも、夫に一瞬でも会えるなら、この湿疹と一生付き合っていってもいい。当たり前だけど。

日本行きの航空券をキャンセル&ダンススクール再開

悩んだけど、日本は緊急事態宣言も解除され、コロナは他の諸国に比べて、かなり治っていると思うけど、ドイツも頑張っているとは思うけど、だけど、やっぱり来月末から日本に行くことはリスクが高いと判断し、航空券をキャンセルした。

1月に買っておいた航空券。楽しみにしていたのに。両親も孫に会えなくて寂しい夏になってしまう。だけど、安全第一。健康第一。

命が儚いことを分かり尽くしている私たち。ちょっと繊細になってしまう。

さて。ダンススクールが2ヶ月半ぶりに再開した。パートナーのおじさんとも再会。自粛期間中、たまにワッツアップ(ラインのようなもの)をやりとりするだけで、告白されたことが嘘のような淡々とした感じが続いていた。再会しても、私の心はときめかなかった。おじさんの今の気持ちは不明だけど、万が一、また告白されたり、返事を求められたら、断ろう。

エッチな映画を観る

といってもAVではない。昨夜ドイツのメジャー放送局で放送された映画「フィフティシェイズオブグレイ」だ。

本がやたら主婦たちに受けている、ブームになっていると聞いていたが、読んだことないまま、映画も見てないままだった。

主演女優ダコタジョンソンがとにかく可愛い。先週子供達と「ワタシが私を見つけるまで」をアマゾンプライムで見て、すっかり彼女の魅力に取り憑かれた私。

その彼女が、すごい脱ぎっぷり、大胆な演技。でも、品があるというか。ストーリー自体はなんだか親近感も湧かないし別世界のような話だったけど、テレビで夜中に一人で見るには、充分満足だった。来週は第2弾が放送されるらしい。あまりにも綺麗なヌードと、特殊なエッチの世界すぎて、これを見て悶々としたということは、ない。念のために言っておくけど。

こんなに長く社交をやめて、誰にも会わない生活を続けていたら、恋愛が必要かどうかもわからなくなってきた。私に告白してくれたダンスパートナーとも時々やりとりするだけだし、彼も今やどう思ってるか分からない。とにかく、子供達と健康で過ごしていきたいと思うばかりだ。コロナ騒動がもたらした思わぬ私の心の落ち着き。

さて。今日は、子供の矯正歯科の予約があったので、38日ぶりに街の中心部に出た。そして、昨日から大型店舗以外は全て営業再開。街の様子をドキドキしながら行ったけど、人はそれほど多くなかった。お店の人もほとんどマスクをしているし、お客さんも本当に少ない。末っ子の靴下をどうしても買いたくて、子供服のお店に行ったら、ちゃんとお店に消毒液がおいてあった。久しぶりに食材以外の買い物をして、すごく心が躍った。

それにしても、子供達のホームスクーリングが結構大変だ。オンライン授業ではなくて、メールやネット上で宿題と課題が出るのだけど、印刷したり、コンピューター操作のために、結局私の手伝いが必要だし、なんだかんだで午前中あっという間に時間が飛んで行く。なんか、春休み前の時のホームスクーリングの時よりも大変になっている気がするのはどうしてだろう?

そして、異常に眠たい。子供達とハリーポッター4を見ていたら、私だけソファで寝落ちしてしまった。緊張感のない毎日。エッチな映画を見ても、恋愛欲が掻き立てられない。コロナが落ち着いて欲しいと願うばかりだ。

告白された

ダンスのパートナーのおじさんが、どうも私のことを好きになったらしい。「好きになってしまった」と昨日告白されてしまった。びっくりしてしまって、「いやいやいやいや、そんなことないでしょ」と誤魔化した私。「いや、ちょっと考えてみてくれ」と言われて、ぎこちなく他愛のない話してバイバイ。次に会うのは来週のレッスンかな。

そのダンスパートナーのことは嫌いではない。紳士的だし、控えめだし。だけど、好きになれるのか分からない。価値観が違うような気がしている。

でも、何度も言うけど、こんな悪条件(外国人、たくさんの子持ち、死別という複雑な状況)を受け入れてくれる人なんて、なかなか貴重な稀有な人だと思う。

そして、私は人恋しく、また恋愛がしたいと思っている。どうしようかな。

ダンスコース 娘もクラスメートと

週に1度のダンスレッスンだが、行けない日があれば他の曜日に切り替えることもでき、順調にいろいろなステップを覚えてきた。パートナーのおじさんは、シフト制の仕事なので、曜日が変わることが時々あるが、なんとか合わせている。

チャチャチャ、ディスコフォックス、ワルツ、タンゴから始まって、もうすぐ私の一番好きなクイックステップも習えそうな感じだ。

途中10分の休憩があって、おじさんとビールを飲みながら世間話をする。たまには、ダンスのレッスンの後、パブにビールを飲みに行くくらいの関係にはなった。アラフィフで、20代の時に数年だけ結婚していたことがあるらしい。素直で人当たりのいいおじさんだなという印象。

さて。そして、なんとうちの長女も同じ学校で3ヶ月のダンスコースを受講することになった。ドイツでは10代の子供が一般常識、社交マナーとして、社交ダンスの基本を習うのが伝統的だそう。高校の卒業パーティーで踊れるようにする目的もあるらしい。だから、ドイツのほとんどの大人は、基本的なステップはできる。

強制ではもちろんないが、長女はクラスメートと一緒に団体で申し込んだ。ボーイフレンドなどいない娘は、クラスでも1番のおちゃらけの男子に誘われ、ペアを組んだとのこと。

3ヶ月のコースの後には、正装で、保護者も参加のダンスパーティーがあるという。たのしみだな。

こういう楽しみがあることが、私の生活でハリとなっている。週に1度の自分の時間。そして快く送り出してくれる子供達、ありがとう。