皮膚科で光線療法が始まった&ロマンス終了

もう半年以上苦しんでいる湿疹。寝不足にもなるし、手足背中ひどい状態で、薄着もできない。1ヶ月ぶりの検診で訴える。ステロイドを飲んでも塗っても改善しなかったので、先生も少しがっかり。光線療法を始めることになった。

週に3回、わずか1分半の照射だが、これに期待しよう。これで無理だったら、本格的な検査になるらしい。

こんな汚い手足で踊るのも嫌だし、ダンススクール、せっかく再開したけど、なかなか気が進まず、久しぶりに会ったダンスパートナーのおじさんとも、ちょっと変な雰囲気。ロマンスは、お互いに何もないまま終了した。のだろうと思う。

私の今の一番の希望は、早く湿疹が治って、不眠症状がなくなること。

でも、夫に一瞬でも会えるなら、この湿疹と一生付き合っていってもいい。当たり前だけど。

日本行きの航空券をキャンセル&ダンススクール再開

悩んだけど、日本は緊急事態宣言も解除され、コロナは他の諸国に比べて、かなり治っていると思うけど、ドイツも頑張っているとは思うけど、だけど、やっぱり来月末から日本に行くことはリスクが高いと判断し、航空券をキャンセルした。

1月に買っておいた航空券。楽しみにしていたのに。両親も孫に会えなくて寂しい夏になってしまう。だけど、安全第一。健康第一。

命が儚いことを分かり尽くしている私たち。ちょっと繊細になってしまう。

さて。ダンススクールが2ヶ月半ぶりに再開した。パートナーのおじさんとも再会。自粛期間中、たまにワッツアップ(ラインのようなもの)をやりとりするだけで、告白されたことが嘘のような淡々とした感じが続いていた。再会しても、私の心はときめかなかった。おじさんの今の気持ちは不明だけど、万が一、また告白されたり、返事を求められたら、断ろう。

母の日

イギリスの母の日は3月だけど、ドイツは日本と同じで今日だった。日本の母には、アマゾンからお花とお菓子のセットを送っていた。土曜には着いて、母が嬉しそうに電話をくれた。

昨日は長男が家の前のスーパーに9週間ぶりに出かけたので、明らかに何か私に買ってくれたんだな、とわかったけど、子供達協力して隠したようで、今朝まで私は全く知らなかった。

9時に末っ子に起こされてリビングに降りると、子供達4人で朝ごはんを作ってくれていた。スクランブルエッグにアボカドディップにトマトの炒め物。私が毎朝のむティーもだ。嬉しい。

そして、リビングのテーブルに見えた大きな大きなバラの花束!これを昨日買ってくれてたんだ!カードや素敵な絵ももらって、幸せな気分。「最高のママ」「世界でいちばんのママ」「ずっと大好きだよ」こんな歯の浮くようなセリフもカードにしてくれるとすっと入ってくる 笑。ありがとう。

ドイツのコロナ規制は明日からまただいぶ緩和される。バーやクラブ以外の飲食店、ジムも再開。老人ホームや病院へのお見舞いも、許可だという。ダンススクールも再開するらしく、私も、ダンスパートナーのおじさんと9週間ぶりに会うことになるかな。学校も始まるということで喜んでいたけど、時間差少人数に分かれての登校で、結局夏休みまでわずか数回しか学校には行かないことが発覚。ほんと、大丈夫なのかな。

これまでは3人以上で会うのは禁止だったけど、明日からは二つの家族が会うことがオッケーに。義父母にも親戚や友達にも家族単位で会うことができるようになるということ。だけど、やっぱりちょっとまだ不安。感染者数が増えたら、すぐに閉鎖、緩和キャンセルになるそうだし、しばらく様子を見る感じかなと思う。

引きこもり生活5日目(水曜)

昨日、まだ店もカフェも空いていて、街は賑わっていると書いたが、日に日に状況が変わっていっていて、あっという間に、全てのお店、レストラン、カフェが閉まることになった。公園、動物園も閉鎖だ。

ガソリンスタンド、スーパー、薬局、銀行のみが営業できる。

本当に、どうなってしまうのだろう。見えないウイルスに怯える日々。

とはいえ、今朝は学校からの宿題を終えたあと、パスタサラダ、アボカドディップ、バゲットなどを自転車に詰めて、近くの芝生までピクニックに出かけた。もしかしたら、こんなこと、もうしたらいけないのかな?と思ったけど、そこまでは制限されていない。思ったより肌寒かったけど、やっぱり、こういうことでもしないと、気が滅入る。

家に戻ってからも、庭仕事をして、友達とひたすらワッツアップ(こっちのラインのようなもの)でやりとりした。みんなコンタクトに餓えている。近々オンラインで飲み会をしようと盛り上がった。本当、会えないって辛い。わたしは、家で大人が一人なので、本当に気が滅入る。

あ。今朝、少しだけスーパーに行ったら「できればカードで支払ってほしい」と言われた。コロナ以来、こちらでは手袋をするレジの人が増えたが、それでも、接触を避けるために、現金のやりとりではなく、カード支払いを推奨する政府の意向らしい。本当に徹底している。

書き忘れていたが、もちろん、ダンススクールも休校。パーティーは延期だと言われたけど、中止になってもおかしくない。先が見えない。おじさんとは時々ワッツアップでメッセージをやりとりしている。告白の返事はしていない。多分、断るだろう。こういう騒動の最中に心が動かない、ということは、わたしはやっぱり好きでは好きではないのだろうから。

長男がわたしに聞いてきた。「ママの小さい時とかにも、こういうことあった?」

「いや、こんな経験本当に初めてのことだよ」

同じ質問を電話で義母にもしていたが、義母も「長く生きてきたけど、こんな経験をしたのは初めてだ」と答えたらしい。

歴史に残るような一大事の真っ只中にいる。亡くなった夫はこのコロナ騒動のことも知らない。夫が知らないことが増えていく。私一人で経験することが増えていく。