ワクチン進み日常復活?行政への怒り

しばらくブログを書けないでいました。なんだろう、なぜか夜、コンピューターに向かえなかった。コロナの抗原検査が街中のいたるところでできるようになって、完璧に習慣化となったこの2ヶ月。子供たちは学校でも週2回検査。友達と会う前にも検査。でも、ずっと接触制限があって、同居家族以外プラス1人のみ、というようなルールもありました。

それと同時に、ワクチン接種もどんどん進んでいっています。最初は医療従事者、80歳以上の高齢者、老人ホーム入居者そして、79歳から年齢が徐々に下がって、学校の先生や、幼稚園の先生、放課後クラブのリーダーたちなど、不特定多数の子供と接する仕事に就く人、などが優先されました。警察や救急隊も。

ここまでは、良かったのですが、今は60歳以上の高齢者、そして、スーパーやドラッグストアの店員から社員まで、美容師さんや足のマッサージの人ときて、なぜか、税理士さんや会計士さんも枠に入っています。あとは、介護の必要のある人ひとりにつき2人まで、妊婦さん1人につき2人まで、とか。とにかくここが多い。持病も、喘息、高血圧、太り過ぎ、まで入ってきています。そして、ホームレスの人、ドラッグ中毒者、難民施設に住む難民たちも接種が終わったはずです。

そんなこんなしていたら、人口の半分以上の接種があっという間に終わって、コロナ自体も日に日に減っていき、ワクチンを接種した人は、テストの義務なく、お店に入れる、などとなり、おまけに今日からレストランやカフェも室内屋外ともにオープン!(ワクチン接種者、コロナ完治者は、その証明を見せる。そのほかの人は24時間以内の抗原検査の結果が必要)

接触制限も3家族10人までになって、ワクチンを受けた人と、コロナにかかって治った人は、その人数から除外されるということに!!

数週間前から、私は怒っています。なぜかというと、私は、これまでのどのカテゴリーにも属していないので、まだワクチンを受けていないからです。なんだかんだいって、周囲はほぼみんな接種したというのに。

死別家庭が優先されないのはおかしいと思いませんか?

子供達は既に1人の親を失っているのに。コロナでたくさんの孤児が世界中で生まれているというのに、なんで行政はこんなことに気づいてくれないのだろう?

若くして配偶者を失って子供を育てる死別シングル家庭は、先進国では本当に本当に数が少ないから、忘れられてしまったのだろうか?

地元の保健局、役所に電話しても、かかりつけのお医者さんに相談してください、申し訳ないけどガイドラインに沿って動いているだけだから、という、なんともそっけない返事で。かかりつけの医者も忙しく、なかなか予約が取れなくて、やっと来週会えるのだけど、訴えたところで、待ちのリストに入れてもらえるかどうか、といったところだろう。そうこうしているうちに、こちらではもうすぐ12歳から17歳の子供達への接種も始まるという。

おかしい。子供達は、もうパパを失っている。もうたった1人しか残っていない私を失うかもしれない、という不安を与えるべきではない。私にはワクチン接種が優先される権利があると、思うのだ。

でも、それに気づいて、私が行動するのが遅すぎた。先週から怒りまくっている長女も私も、政府、大臣、地元のトップなどに、メールやメッセンジャーで直接嘆願の長文を送ったけれど、今更政府の方針は変わらない。いくつか丁寧な返事が返ってきたけど、何も状況は変わっちゃいない。

遠くに住んでるおじいちゃんが介護の段階になってて、でも、もう親は仕事関係でワクチンを接種済みだから、と、18歳くらいの孫がワクチンを優先的に受けたり、全く人に会わず、ホームオフィスできる会計士が優先されて、死別のひとり親が優先されないのは、本当に、行政に想像力がないとしか言えない。

久しぶりに本当に悲しくて、頭にきて、行動しまくっている。

ワクチンが受けたい気持ちはもちろんだけど、それよりも、この死別家庭の存在をもう少し気づいて欲しいという気持ちの方が強いかもしれない。ワクチンを受けてない人が、だいぶ少なくなってきて、私は、セカンドクラス、サードクラスの市民なのか?というような気持ちにさえなる。

私が泣いていたら、長女も一緒に泣いて、言った。「パパが死んでから、いろんな機会に、特別悲しいなとか辛いなとか思うことがあるけど、まさに今も、そう。なんで私たちのような家庭が考慮されないの?」と。

世の中は不条理で不公平なんだよ、と長男が。

悲しい。今日は友達はレストランで食事に行ったり、ホリデーに行ったりしているようだが、まだ怖さがあり、皆と同じようにワクチンを受けられていない私は、そんな気持ちにもなれない。

コロナが減ってきていることは嬉しい。ワクチン接種者が増えていることは、私にとってもいいことなのはわかっている。順番を待っている人がまだまだいることもわかっている。ただ、悔しい。

こんな世界の危機はもうないとは思うけど、死別家庭がないがしろにされないように、今後ももう少し行政にアプローチしていきたいと思う。

久々に酷い映画を見た 笑

雪遊びで疲れ、オンラインホームスクールに疲れ、下の子供達は早く寝てしまうし、ティーンの子たちは部屋にこもるし、私の夜のひとり時間はとても長い。

また映画でも見ようと、アマゾンプライムで検索。簡単に楽に見れるのがいいなぁと探して、ピンと来たのが、これ。「恋とスフレと娘とわたし」前半30分は面白く見れた。

娘3人のうち上の2人は結婚。死別して娘を1人で育て上げた主人公は、もうずっとシングルで、娘たちと濃厚な関係を保つ。悪く言えば、すごい干渉。末っ子に彼氏がいないことを気に病み、娘の彼氏作りに奮闘する。

わたしも娘が3人いるし、3人とも性格が違うし、わたしとの関係も違うし、大人になってこんなになんでも話し合えて、いっぱい時間を過ごせたら楽しいだろうなーという気持ちで見ていたが、だんだん話が現実離れしていく。

末っ子には急にタイプの正反対の2人のイケメン彼氏ができ、なぜか結構長いこと二股を続け、2人から本気で愛される。そして、主人公の母親にも彼氏ができる。

ところどころ、品のないジョークやウケ狙いの場面があったりで、なんとも言えない気持ちになる映画だった。

せっかくだから最後まで見たし、女優さんも皆綺麗でよかったけど、久しぶりに「こりゃ酷いな」という感想の映画を見てしまった。

この数年で見た映画で、わたしの中でのベストは「ジョーカー」だ。わたし、やっぱり、もっと重たいテーマの映画が好きなのかも。

今夜は、わたしの大好きな「レミゼラブル」を娘と見る予定。楽しみだなー!

今日も泣く

長女と折りが合わず、今日も泣いてしまった。長女とは本音で話し合えるが、その分、衝突も多い。なにせ私と性格が正反対。彼女は完璧主義だし、相当な努力家だし、頑固でど真面目だ。悪くいえば融通性がなく、人に誤解もされやすい。

死別したら、どうしても亡くなった人を美化してしまうものだが、長女も、父親のことを完璧に尊敬している。私と衝突するたびに、娘は父親のいない辛さにぶち当たる。そして私も夫のいない辛さを痛感する。共倒れだ。

夫だって厳しい面はあったから、反抗的な娘をしかったはずだと思うのだが、娘の中ではパパは完全に優しいパパのままで残っている。

どうしたって私には分が悪い。私はママであり、パパの役割もしつつ、一家をまとめていかなくてはならない。長女はしっかりしている分、ついつい頼ってしまって、かわいそうなことをさせていると分かっているのだが、だから、こうやって子供らしく反抗しているのは悪いことではないと分かっているのだが、心が折れる。疲労する。

同じシングルマザーでも、離婚の場合だったら、特にこちらでは、子供達はパパと十分に時間を過ごせるので(週末は父親のところで過ごす。週の半分は父親と住むなど)そういう難しい面も協力したりできるのかなーと想像する。別の難しい面はあるとは思うけれど。

ティーンエイジャーは難しい。ホルモンのバランスと、コロナのストレスと。

引きこもり生活23日目(日曜)

晴天の日曜日。オンラインで礼拝を聞いた後、子供達と今日1日どうやって過ごすのか相談。だって、今日はものすごくいいお天気になるらしいのだ。

どこかちょっとだけ遠出してハイキングに行こうか?という私の提案は、結構あっさり拒否され、その代わり、全員で近所の林をゆっくり散歩して、昨日の夜に娘たちが作ったケーキを食べよう、そして、夜はバーベキューしようということに決まった。

お昼ご飯は、それぞれパンやご飯の残り物で済ませることにして、14時に全員で散歩に出発。15時半までゆっくり外に出た。風が適度にあってすごく気持ちいい。子供達の機嫌も良く、家族5人でいい時間が持てた。子供達については、あまりここまでブログで詳細を書いてこなかったけど、いつか、それぞれの性格や面白いポイントについてまとめて書いてみようとは思っている。4人それぞれ違って面白い。

家に帰ってコーヒーを入れて、娘たちの作ったケーキを食べる。見た目はバッチリなんだけど、甘すぎた。私にはとっても甘すぎたけど、少しだけこっそり残したけど(汗)美味しくいただきました。

ケーキを食べたばかりなのに、30分もしないうちにバーベキューの炭の準備。せわしない。シングルマザーになってからできるようになった事の一つがバーベキューだ。4人も子供がいたら、普通におかずを作るよりもバーベキューにした方が簡単なので、夏は結構頻繁にやっている。今日は今年初めてのバーベキュー。

炭を待つ間に、ポテトサラダとアボカドディップを作り、ソースやお皿の準備。なんで私一人でバタバタやっているんだろう?なんで子供は誰も手伝いにこないんだろう?と私のイライラが募り、子供に説教。4人全員あっという間にお手伝いモードになって、色々やってくれたら、あっという間に準備が終わった!

本当に初夏のような陽気になったので、楽しいバーベキューになった。長女も長男もお肉を返すのを手伝ってくれたりして、だいぶ頼もしくなってきた。私のビールの量も進み、機嫌も良くなる。

仕上げは焼きおにぎりと、焼きチーズと、焼きマシュマロ。まだほろ酔いだ。

また新たな1週間。本来ならこちらは春休み1週目。学校からの課題も全くなくなってしまう。子供達とどうやって時間を過ごすかが、私の課題だ。

姪の結婚が決まる

夫の弟の娘の結婚が決まった。まだ大学生だけど、妊娠しているわけでもないけれど、丸5年付き合っている年上の彼にプロポーズされ、決めたらしい。

嬉しい。夫はこの姪っ子のゴッドファーザーだったから、とても可愛がっていた。嬉しい。嬉しいけど、なんか、自分が老けてしまった気持ちにもなる。

ステージが変わってしまった、といえばいいだろうか?私の世代が終わって、次の世代が華やかな人生のステージに入っていることを感じてしまった。

わがままなのかな、こんな気持ち。

私は30代で4人の子持ちシングルマザーになった。まだまだ独身だっていっぱいのこの年代に、すでに人生の1番の暗闇を経験してしまった。

どんどんどんどん自分がマイナーな部類に入ることを実感する。

あ。そういえば、友達の結婚も決まった。彼女は、私が死別したときと同じ歳。

キラキラ幸せいっぱいの彼女を見て、あぁ、私はこんなに若いときにドン底に突き落とされたんだなと思う。

やばい。嫉妬かな。いや、違うかな。焦りだと思う。

とりあえず春の結婚式に何を着ていくかなどなど、楽しいことを考えて、姪っ子と友達の幸せを一緒に喜ぼう。

今年もどうぞよろしくお願いします

12月一度も更新することなく、2019年が終わってしまいました。謎の湿疹に悩まされ、不眠と疲れで結構大変でした。今も治ってないのですが、少しマシになってきたかもしれません。

年末年始は、夫の誕生日や私たちの結婚記念日やクリスマス以上に辛いのです。ドイツでは大晦日はパーティーパーティーです。クリスマスは家族や親戚で集まって、日本のお正月のような和やかな特別感がありますが、大晦日は、友達と大騒ぎしてカウントダウンの瞬間は結構な量の花火でお祝いです。そして、シャンペンで乾杯。カップルはハグやキス。これまで何度も友達や親戚と年末年始をドイツで過ごして、この瞬間がとても辛いことを実感してきました。

また新しい一年と立ち向かうんだ。夫はいないのに。というのを究極に実感するのです。2番目、3番目に私にハグしにきてくれる親戚や友達。私は誰の1番でもないことをまた実感するこの瞬間。

これを味わいたくなくて、なんと今回は、子供達と田舎のホテルで3日間過ごしてきました!子供達も喜びそうなリゾート地を選んで、こじんまりしたホテルで部屋でくつろいでいたら、いつの間にかカウントダウンが終わっていた、という、とても穏やかな年明けでした。ホテルのレストランで朝食夕食がついている、というプランを選んだのですが、田舎のホテルなのに、すごくお料理が美味しくて、特に大晦日の特別メニューは素晴らしかったです。田舎らしく、老人の団体や、中年夫婦はいたけど、他に若い夫婦や家族連れがいなかったことも、落ち着けました。

2020年は穏やかでいい一年になりますように。

趣味のダンスについても、いろいろ書きたいことが溜まっています。今年はもう少し頻繁に書き綴っていけたらいいなと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

夏休みが終わった

なんでこんなに長い間、ブログを書いてなかったんだろう?今年の夏は、日本に帰らなかったし、時間はあったはずなのに。あったはずなのに、そこまでいっぱい出かけていたわけじゃないはずなのに、結果、適度に忙しく、充実した夏休みになった。

子供達は学校に戻っていった。新学年の始まりだ。ドイツでの生活にもすっかり慣れて、それぞれ頑張っている。わたしの毎日はそれほど変化がない。たまに在宅バイトして、ドイツ語を勉強して、友達と会って。

夫は今の私を見て、どう思うだろう?子供達がそれぞれ頑張ってるから、私のことも褒めてくれるかな?でも、私自身はどうなんだろう?イギリスに住んでいた時の方が、自分らしかったような。そして充実していた。

夫がいたから、わたしは自分らしかったのかな?夫がいたから、パートの仕事も子育ても女性としても、自分らしく生きていたのかな?

自分らしさを、この外国で作り上げる、というか、その作業がしんどい。わたしはここでは、死別したシングルマザー、子供達を異国で育て上げるために頑張っている、というだけの存在のような気がしてきた。

こういう、すぐに答えの出ない悩みをぐるぐる頭で繰り返して、疲労していく。

夏休みは、でも、楽しかったんだ。久しぶりの再会もあったし、遠出もできた。ドイツの学校は夏休みも宿題は一切ない。一回も教科書を開くこともなく、筆記用具に触ることもなく、子供達4人、それぞれ戻って行った。大丈夫なのかな?

みんな、そうだから、大丈夫なんだろうな 笑

告白された!

投稿が滞っていたのは、夏休み前の子供たちのイベントが多くて忙しかったこともあるが、どうもこのことについて書くかどうか迷っていたからだ。

実は、前に数回書いた、夫の小学校時代からの同級生の独身の男性に告白されてしまった。結婚時代からドイツに行くたびに夫と会っていて、夫の死後、ドイツに越して来てからは、何かとお世話になっていた。毎週末短い電話をしてくれて、私たちに必要なものがあるかどうか、大丈夫か確認してくれた。2、3ヶ月に一回はもう一人の既婚の同級生と私の3人で食事に行ったり、飲みに行ったりしていた。

私に好意があるのではないか?とはなんとなく思っていたけど、本当に告白されたら驚いてしまって困惑してしまった。

素直に喜べなかったのは、私は可愛くない女性だろうか?

彼は、根はいい人だけど、かなりひねくれていて、友人としてはいいけれど、男性として魅力的に思ったことはないのだ。

でも、私のようなアラフォー、未亡人、外国人、4人の子持ちを好きになってくれる人なんて、かなり稀有な存在だし、私はそもそも贅沢を言えたり、自分の気持ちを優先できる立場なのだろうか?

正直、子供たちに父親のような存在を求めてはいない。子供たちの父親は夫だし、もうシングルマザーとして毎日の生活もまわっている。

私は自分の好きな人が欲しいのだ。そしてその人にも私を好きになって欲しいのだ。恋愛がしたいのだ。

なんて貪欲なんだろう。 そして、なんて、現実見れてないんだろう。私。

とりあえず、その彼はお断りしました。これからも友人関係でいれるといいけれど。

恥ずかしい事だが頭のなかの8割くらいは。。。

彼氏が欲しい、パートナーが欲しいと考えている。

4人も子供がいて、日々忙しく、ドイツ語も苦労して勉強しているのに、本当に8割くらいはその事について妄想している。

幼稚園や子供の学校で会う大人を見ては、あぁ皆夫婦揃って仲いいんだなぁと勝手に想像し、スーパーに行って他のお客さんや店員さんを見ては、きっとみんなパートナーがいるんだろうなぁと羨む。偏見入ってるかもしれないけど、勝手なイメージで申し訳ないけど、どんな老いた人でも、とてつもなく太っている人でも、すごく感じの悪そうな人でも、あぁ、きっと皆私のように一人ではないはずだ、と羨ましくなり妬む。

それほど悪いことをした記憶はない。どちらかといえば、真面目に生きてきた。たまの喧嘩はあっても夫は私に大きな不満もなかったと信じている。それなのに、私はこんな試練、こんな状態を与えられてしまった。

レンタル彼氏やレンタル父親が日本にはあるらしい。こっちにもあるのかな。

でも、レンタルじゃ虚しくなるかもしれないな。

再婚の希望などない。夫と一緒のお墓に入りたい。なんなら今すぐにだって、入ってもいい。正直に言えば。

子供のために生きている。というか、子供たちはきっと私がいなくても、親戚たちが育ててくれると思うけど、子供たちに、再び親を失う悲しみを味わってほしくない、というその気持ちだけで生きている。

遊んでも虚しい。どこかつまらない。子供と幸せを感じる瞬間はあるけど満たされない。

私は昔から、根っからの恋愛至上主義なのだ。

どうしよう。いい歳して、母親なのに私はおかしいかもしれない。

初夏にも恋しくなる人肌

ドイツにもようやく遅い春がやってきた。陽射しの強い午後の数時間は、まるで初夏のような陽気だ。

庭で遊ぶ子供たちを見ながらコーヒーを淹れる。あぁだいぶ落ち着いたかなぁと思う。

今日の洋服。夫の知らないモノばかりだな。月日が経ってさびしい。私は老けていくのに、あなたはあの日のままだよね。私は20代の学生時代に夫に知り合い、20代前半で結婚した。12年の短い結婚生活。友達グループで1番先に結婚したけど、他の友達も、もう13年とか結婚してる人もいるよ。追い越されちゃった。

私は止まったまま。女性として一番可愛い時期を夫と過ごせて良かったけど、今じゃアラフォーで、4人のシングルマザー。

冬も寂しいけど、初夏のキラキラした日もさびしいな。いつも人肌恋しい。欲求不満だな。