引きこもり生活17日目(月曜)

昨夜(日曜の夜)は全く寝付けずにいたら、夜中の3時ごろに、志村けんさん死亡のニュースを知った。あまりにもショックすぎて、ボロボロ泣けてきた。こんなに泣いたのは久しぶりだ。信じられない。あっけなさすぎる。コロナと分かってからほんの1週間しか 経ってないじゃないか。

そのあとほとんど眠れず朝を迎え、どんと落ち込む。日本語で、このショックの気持ちをソーシャルネットワークに書き込み、みんなとショックを分かち合った。

10時ごろ、ふと電話が。教会のインドネシア人の友達だ。彼女は、本当にバイタリティあふれ、愛がいっぱいのクリスチャンだ。「元気?」と明るい声で私に尋ねる彼女、条件反射的に「うん、元気」と言ったものの、彼女には正直に言えるな、と思い、すぐに「いや、実は元気じゃない」と答えた私。

「うん、そうじゃないかなーと思ってた。今日夕方もう一回電話してもいい?一緒にお祈りしよう」と彼女が言う。彼女の祈りは温かく強く、信仰の深い彼女から学ぶことはいつもとても多い。きっと、私の日本語の投稿を翻訳して、私がコロナで落ち込みすぎていることを気にかけてくれたのだろう。こんな優しい友達に感謝の気持ちで、少し心が落ち着いた。

お昼ご飯はピザシートを使った簡単ピザ。

午後は、次女の算数を長女と長男と一緒にヘルプ。どうも算数が苦手な次女。いつも助けが必要で、どれだけ説明しても、練習しても、なかなか身につかない。見ていていつもイライラしてしまうのだが、仕方ない。向き不向きがあるのだろう、と思うしかない。

お茶の時間に、昨日の残りのケーキと、塩気の強いドイツのポッキーのようなお菓子を食べた。そのポッキーを使って、私が算数の問題を次女に出す。拒否反応が出て怒るかな、と思ったけど、いやいや、面白がって身を乗り出して考えてる。とりあえず、今日教えたことは分かったようだ。ポッキーを使った算数が意外に盛り上がり、結構な時間、みんなでテーブルを囲んだ。こういう時間は、本当に貴重で、ささやかな幸せを感じる。

夜ご飯は、そぼろご飯とお味噌汁。我が家の定番だ。

インドネシア人の友人から電話があったのは、結局夕食後。彼女も、もちろん、私の不安な気持ちはよく分かるという。私がネガティブな情報ばかり探すように追ってしまって落ち込んでいくのも想像ができるという。彼女もそういう時期があったからだという。彼女は、そんな事態を変えたくて、1時間ネットでコロナのニュースを見たら、その2倍、2時間、聖書を読んでイエス様と対話して祈る時間を設けることにしたという。フルタイムで仕事をしていて、夜寝る前に読む聖書の時間が2時間もかかったら、寝不足でやっていけない!ということで、必然的にコロナのニュースを追いかける時間を自分で短くしたのだという。賢い。そして、ちゃんと真面目にできるところがすごい。外国に住んでいる私たち、いま、母国の家族に何かがあっても、すぐには飛んでいけない。なんの助けにもならない。だからこそ、彼女は毎日数回実家に電話して、今できることをやっているのだという。私たちは、まだ外出もできるし、買い物だって行ける。毎日の生活の心配をすることもなく、子供達も家族も健康だ。まずはそのことに感謝しよう、ということになった。色々小1時間話して、私の気持ちも楽になった。そして、電話越しに一緒に祈った。彼女の祈りは温かい。彼女は自分が新生児だった時に父親を病気で亡くしている。上にはお姉さんが二人。未亡人として3人の娘たちを育ててきたお母様を見てきたから、知り合った時から、私に温かい。そして、私の子供達にあたたかい。こういう友達がいて、よかったな、と心から思う。

半ロックダウン状態になって、17日目。2週間を超えた、この時期が最初の辛いところだという。頑張ろう。できるだけ文句を言わずに、ポジティブな気持ちでがんばろう。

そして、志村けんさん、たくさん笑わせていただきありがとうございました。安らかにお眠りください。