付き合うまでのプロセスに困惑

バツイチの例の彼とキスをしてから、ほぼ毎日のように短い時間でもあっている。お茶をしたり、ご飯に行ったり。そして、家に帰っては「ドイツ 付き合い プロセス 告白」などとググっている。

というのも、これって、もう付き合っているのかな?というのが分からないからだ。もちろん、お互い好意があるのはわかる。だけど、どういうスタンスでデートしているのか、今後どうしていきたいのかという話になっていないのだ。

久しく恋愛してないし、同じドイツ人と言っても、夫と会ったのは日本だったし、お互い若かったし、変な障害などもなかったし。

今回はお互い大人。子持ち。バツイチと死別。キスを重ねて、デートを繰り返して、でも、どうなの?これに将来性はあるの?と、一人悩み。。再婚したいとか、そういうことじゃないんだけど。私って面倒くさいかな?

ドイツ生活の長い日本人友達にいろいろ相談したところによると、こっちは、告白→デート→キスというよりも、デート→キス&エッチ(!)→友達や親に紹介される→付き合っていることの確認(告白?)という順番が割と普通だというのだ。衝撃。

私は、それは嫌なのだ。別に生娘を装っている訳でも、自分を高値にしているつもりも、もちろんないけど、ちゃんと付き合っているという確認がないと、このまま進めない。

明日は聞いてみるつもりだ。怖いな。でも、下手に進んでしまって、向こうは真剣に付き合うつもりがなかったら、もっと嫌だもんね。なかなか難しい。

夫以外の男性とのキス

自分でもびっくりしているのだが、恋に落ちてしまった。ワクチンが進み、コロナ規制がほぼなくなって、日常が復活したこの夏。気持ち的にも色々あって、なかなかリアルタイムでブログに書くことができなかった。。。。本当は、こういうことこそ、即書くべきなんだろうけど。。

この夏は、ドイツにいた。子供達と国内で小さなホリデーをしたけど、基本はこっちにずっといた。そして、前に書いた、友達に紹介されたバツイチの彼と定期的に会うことが増え、好きだな、思ってしまった。2週間ほど前、ご飯を食べに行った帰り、ついにキス!!!!思わず確認してしまった私「ほかに、いないよね?」 もしかしたら、他にも同時で誰かと会ったり、デートしたりしてるかもしれないし、そういう関係の人もいるんじゃないかと、思ってしまったのだ。。。汗

「誰とも付き合ってないし、キスしたのも3年ぶりくらいだよ」という彼。

とりあえず、じゃあ、私のことも好きなんだなと、両思いになれた喜びを感じた。死んだ夫の笑顔が浮かんだ。都合よく解釈しただけかもしれないけど、この人ならいいんじゃない?と言われてるような気がした。 

英語圏の人の死別関係の本では、新しい出会いや、人のことを、「チャプター2」ということが多い。第2章。。と。。死別した相手が第1章で、新しい次の人を第2章だと。

これは、どうも私的には、まだピンとこない。死別した夫は私の一部で、もう私の中に夫が含まれている感覚なのだ。私自身が、もう前の私とは違っている。今後、私の気持ち、この彼の気持ちがどうなっていくのか、子供たちはどう反応するのか。など、色々、怖い。

まだ子供たちには伝えていない。まだ始まったばかり。どうなるか、自分でもわからないし。

今年もどうぞよろしくお願いします

12月一度も更新することなく、2019年が終わってしまいました。謎の湿疹に悩まされ、不眠と疲れで結構大変でした。今も治ってないのですが、少しマシになってきたかもしれません。

年末年始は、夫の誕生日や私たちの結婚記念日やクリスマス以上に辛いのです。ドイツでは大晦日はパーティーパーティーです。クリスマスは家族や親戚で集まって、日本のお正月のような和やかな特別感がありますが、大晦日は、友達と大騒ぎしてカウントダウンの瞬間は結構な量の花火でお祝いです。そして、シャンペンで乾杯。カップルはハグやキス。これまで何度も友達や親戚と年末年始をドイツで過ごして、この瞬間がとても辛いことを実感してきました。

また新しい一年と立ち向かうんだ。夫はいないのに。というのを究極に実感するのです。2番目、3番目に私にハグしにきてくれる親戚や友達。私は誰の1番でもないことをまた実感するこの瞬間。

これを味わいたくなくて、なんと今回は、子供達と田舎のホテルで3日間過ごしてきました!子供達も喜びそうなリゾート地を選んで、こじんまりしたホテルで部屋でくつろいでいたら、いつの間にかカウントダウンが終わっていた、という、とても穏やかな年明けでした。ホテルのレストランで朝食夕食がついている、というプランを選んだのですが、田舎のホテルなのに、すごくお料理が美味しくて、特に大晦日の特別メニューは素晴らしかったです。田舎らしく、老人の団体や、中年夫婦はいたけど、他に若い夫婦や家族連れがいなかったことも、落ち着けました。

2020年は穏やかでいい一年になりますように。

趣味のダンスについても、いろいろ書きたいことが溜まっています。今年はもう少し頻繁に書き綴っていけたらいいなと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

初夏にも恋しくなる人肌

ドイツにもようやく遅い春がやってきた。陽射しの強い午後の数時間は、まるで初夏のような陽気だ。

庭で遊ぶ子供たちを見ながらコーヒーを淹れる。あぁだいぶ落ち着いたかなぁと思う。

今日の洋服。夫の知らないモノばかりだな。月日が経ってさびしい。私は老けていくのに、あなたはあの日のままだよね。私は20代の学生時代に夫に知り合い、20代前半で結婚した。12年の短い結婚生活。友達グループで1番先に結婚したけど、他の友達も、もう13年とか結婚してる人もいるよ。追い越されちゃった。

私は止まったまま。女性として一番可愛い時期を夫と過ごせて良かったけど、今じゃアラフォーで、4人のシングルマザー。

冬も寂しいけど、初夏のキラキラした日もさびしいな。いつも人肌恋しい。欲求不満だな。

嫉妬

週末は特に最悪だ。どこに行っても家族連れやカップルが目につく。見ないようにしても、聞こえないふりをしても、気づいてしまう。カップルの何気ない目配せ、買い物袋をたくさん持つパパ、どこかの子どもが「パパ〜」と呼ぶ声。そして、ここは外国。至るところで軽いキスが交わされ、パーティーに呼ばれれば夫婦同伴。

まだドイツへの引っ越しを決めた事も子供たちの学校の色々も書いてないけれど、それはまた今後にしよう。

ドイツに来て1年後、親友のご主人の50歳のお誕生日パーティーに招待された。もちろん一人で行った。親友は優しく、周りの友だちも気をつかってくれたのだろう、私は一人でぼーっとなることはなく、常に誰かとおしゃべりできた。それでも、私は心の中で泣いていた。

夫は50になれなかった。私はもう夫の誕生日を祝えない。私は愛する人の横に立ってパーティーを楽しむことは出来ない。「奥さん」じゃあない。

その日私は新しい服を着ていた。夫の知らない服、靴、バッグ。夫の知らない物が増えるたび、さびしくなった。でも買い物をすることでのささやかな僅かな喜びは私に必要なものだった。

日本人友達が現地のご主人と軽くキスをするのを見てしまった。私はその後3週間は落ち込んだ。知ってる人のこういう場面は特に凹む。

嫉妬は深く心を疲れさせる。

死別して優しい人間になれると思っていたけど、私の心の奥はまだ醜いものが沢山ある。