ホームスクール初日

冬休みも終わって、今日から学校。とは言っても、ロックダウン中。学校も幼稚園も閉鎖で、キーワーカーと呼ばれる職業(病院関係、警察など)に就いていて、他に家で子供を見る人をアレンジすることができない家庭の子供のみ、幼稚園や学校の特別クラスに通うことができる。

そのほかの大多数の子供達は、家でホームスクールだ。大きな子供達はオンラインで授業やミーティングがあったが、うちの子の小学校はオンラインプログラムはほんのわずかで、あとは、プリントがどっさり渡された。結局、新しいことは、自分で家で親と学べ、っていうことだよねとおもった。まだ小学校だから、ドイツ語以外は、私が教えることも可能だが、ホームスクールって、すごい親の負担だ。

印刷類もいっぱいあるし、紙やインクもすぐになくなりそうな勢い。

私のコンピューターも子供が使うから、なかなか思うように自分の時間が取れないし、慣れるまではみんなちょっとストレスかも。

寒いし、小雨だし、ちょっと気が晴れなかったから、夕食はちょっと豪華にしたいなと思って、クリスマスに食べて美味しかったラム肉を少量買いに行った。それで、カレーを作って、ナンブレッド(市販品)と一緒に夕食にしたら、子供達大喜び。

ロックダウン中の楽しみは食事がすごい割合を占める。

引きこもり生活16日目(日曜)

今日からこちらは夏時間。10月末まで時計を1時間ずらすのだ。夜中に時間が変わるので、朝起きたら、時間が違って昔はびっくりしていたが、この数年は携帯が勝手に時間を変えてくれているので、焦ることも少なくなった。今朝は目覚めたら9時40分、となっていたが、昨日までなら8時40分。炊飯器や、壁時計などの時計を手動で1時間進めて、変更おしまい。夏時間のおかげで、日が長くなって、真夏だと22時くらいまで明るいので、気持ちがいい。

朝は、先週同様、また教会の礼拝をオンラインで視聴した。悪くないなと思う。私は朝が弱いので、パジャマのままでだらだらオンラインで済むのはありがたい。昨日の私の義母に対する黒い気持ちを反省して悔やむ。もう少しいい人間になりたい。

そのあとは、ドイツ語の自習。そして子供達と卓球。お昼ご飯は一昨日の残り物のカレーと決めていたので、準備が楽だったのだ。

日本で桜が満開なのに、雪が降ったというニュースに驚いていたら、こっちも少し雪が降ってびっくりした。昨日まで毎日天気が良かったのに、今日は暗くて、雪というよりは雨混じりだ。

午後は、読書にコロナ関係ニュースの動画を追う。フランスで16歳の健康だった少女が亡くなったという記事などを読み、落ち込む。ウイルス自体が変化しているのだろうか?素人の私には何も分からないけど、怖い。

午後、お菓子づくりの得意な長女がチェリーケーキを焼いてくれた。私は全くできないので、本当にありがたい。おかげで美味しいコーヒーの時間が持てた。

ケーキで満たされていたので、夜ご飯は簡単にお好み焼き。今日は誰もどこにも出かけず、誰からも電話もなく、静かな1日だったな。こんな日常がまだまだ続く。やっと2週間終えたばかり。予定ではあと3週間、これが続くけど、みんな、もっと長引くだろうと思っている。怖く寂しい。

引きこもり生活14日目(金曜)

今日のトップニュースはやはり、イギリスの首相ボリスジョンソンがコロナ感染したことだろう。彼のビデオをB B Cのサイトで見たけど、普通に喋れていたし、それほど病気な風には見えなかった。もちろん、発熱や咳の症状はあるのだろうけど。これがこのウイルスの怖いところだな、と思う。症状が軽くても、たとえ全くなくても、知らないうちに感染していて、他の人に感染させる可能性がある。もう誰にだって可能性はあるのだと実感。

今日は、朝から色々と買い出し。アメリカも混乱していて、今後どうなるかわからないし、いつもはイタリアの日本米を買っているけど、イタリアの今の状況で、出荷がされず、この1ヶ月アメリカの日本米を食べている。今後、どうなるか不安で、もう一袋約10キロのアメリカのお米を買いに行った。他にも、納豆を作るための大豆やら買い出した。

そのあと末っ子と近所を散歩。インラインスケートもだいぶ上達した。

お昼は、アジアショップで買った、トルコのパンに、色々好きなソースやら野菜をのせて。夜ご飯はカレーだ。

あまりに退屈で、次女と末っ子が余ったダンボールを利用して、巨大すごろくを自作した。止まったマスによっては、罰ゲームがあったり、「右に座っているプレーヤーのいいところを5個いう」とかいう可愛いものもあったりして微笑ましい。

これを家族全員で遊ぶ夜。我が家は平和だ。