紹介の話が舞い込んできた

ドイツには公営の劇場があります。ダンス、お芝居、オーケストラなどが、夏休みを除き、ほぼ毎日のように楽しめます。ダンサーや役者、声楽者や音楽家の生活が保障されているので、ドイツの劇場勤務を目指すのはドイツ人だけではないようで、外国人がたくさん所属しています。

私の住む街の劇場にも日本人の歌手、音楽家、ダンサーがいて、その中でも数人はかなり仲良くしているのですが、その中の一人の人が、私に紹介したい人がいるのだと。

なんでも、バツイチの50代のドイツ人男性の音楽家でダンスが好きな人らしい。私が好きなのは社交ダンスだけど、彼がはまっているのはサルサだという。

とりあえず、みんなで会ってみてはどうか、と、私よりだいぶ年下のバイオリニストの彼女がいうのだ。友達になるだけでもいいではないか、と。

ちょっとドキドキだな。まだ日にちは決まってないけど、私の空いてる日にちは彼女に知らせた。ドキドキだな。。。笑