引きこもり生活32日目(火曜)

学校が来週から再開になるのかどうかの会議は今日じゃなくて明日だそうだ。どこかで勘違いしていた。

お昼はキッシュを食べたいと思い、まずは生地を作った。材料はバターと小麦粉と少しの水だけだ。今日の生地は特別よくできたなと自己満足し、キッシュ皿に入れて、まずは生地だけを軽くオーブンで焼く。その間に茄子とネギとマッシュルームを炒め、別のボウルに卵とチーズと牛乳を混ぜたものを用意する。さぁ、そろそろオーブンから取り出して、具と中身を流し込もうと、無意識に熱くなったキッシュ皿をコンロの上においた。今日は本当によく出来たなぁと自分を褒めながら、中身を入れていったら、突然、パン!!という音とともに、中身がコンロの上に溢れ出してきた。私は本当にばかだ。我が家のコンロは電気だ。そして、スイッチを切っても、すぐには温度が冷えない。無意識に、今まで野菜を炒めていたまだ熱いコンロの部分にキッシュ皿を置いたため、ホーローのお皿はあっという間に割れてしまった。キッシュの中身も流れ出し、どうしようもない状態に。一人でワーワー大騒ぎして、「せっかくの美味しいキッシュがダメになった、今日のランチはまたパンだ。こんな悲惨な状態、どうやって片付けたらいいの」と言いまくる私を心配して、子供達が駆けつけてくれたけど、大笑いするばかりで、もちろん、危ないし手伝ってももらえないし、大きな分厚いガーデン用のゴミ袋の中に、全てを捨てた。その際にホーローの破片で指も切った。危ないから拭くのに使ったフキンも捨てた。卵と牛乳の汁がいたるところにこぼれたので、掃除が本当に大変だった。なんてこった。せっかく一番よく出来たキッシュになるはずだったのに。

午後は、気を取り直して読書。そして子供達とゲーム。ドイツの子供達は本当によくゲームをする。コンピューターゲームをするのは、うちでは長男だけだけど、私が言うゲームとは、ボードゲームのことだ。うちにも基本的なものはいくつか揃っていて、モノポリーや人生ゲーム、オセロ、そして、毎日やっているのが、リグレット(Ligretto)というカードゲームだ。これは本当に本当に盛り上がる。日本でも売っていたら、ぜひやってほしい。言葉は関係ないので、世界中で流行ってもおかしくないのに、と思うほど面白いゲームで、年齢差も関係なく遊べる。末っ子が勝つことだって普通にある。

今日は散歩にも出ず、庭に座ったくらい。そして夜ご飯は、気を取り直して、みんなの大好物、唐揚げ丼にした。

食後は、またみんなでゲーム。負けるとイライラして攻撃的になる長男、ふざけてばかりでみんなにいつも怒られる次女、生真面目な長女と末っ子。そして、負けたくない私。

明日はドイツ人友達とまた散歩の約束をした。お天気もいいし、体も鈍っている。楽しみだな。

引きこもり生活13日目(木曜)

ほんとに何もしなかった。怠惰な1日。なんと顔も洗わず、一日中パジャマで過ごした。こんなママでごめん。

子供とはトランプしたり、オセロしたりして、少し遊んだけど。なんだか疲れてしまった。お墓も行けてない。本当は昨日行くはずだったのだけどな。

お昼はペストのパスタ。ペストソースは市販のものだから、これも超手抜き。

夜は、ジャーマンポテトに、ゆで卵に、ソーセージにサラダ。ドイツだったら、これは立派な夕飯だ。

明日はもう少し建設的な1日にしなきゃな。