映画 セブンシスターズ

ちょっと怖いけど、わたしは好きだった映画。年齢制限、こっちは16歳以上になってて残虐シーンも多かったけど、見てよかった。長女が見たいというので、一緒にネットフリックスで見た。クリスマスにネットフリックスを親戚からプレゼントされた子供達は、最近色々情報を仕入れてくる。

英語のタイトルは「What Happened to Monday」月曜日に何が起こった?の時間としての on Mondayではなくて、toになっているのがポイント。これ、名前なんです。

月曜日と名付けられた女性。

時は2073年。遺伝子組み換え食品が増えたことで、人間の生体にも影響が起き、双子や三つ子などの多胎児妊娠が増える。人口が増え続け、食糧危機になっていく中、政府は一人っ子政策を押し出す。チップで徹底的に管理され、兄弟がいる家庭の子供は1人を残し、政府に連れていかれる。政府の施設に送られた人たちは、冷凍保存され、地球の環境が整った頃にまた戻される、というのが表向きの説明だが、施設の中で本当は何が起こっているかは皆知らない。

そんな中、7つ子が産まれる。表向きには1人だけ残ったことにして、7人全員隠れて育てる決心をする医者の祖父。月曜日から日曜日までの名前をもらう7人。自分の名前の曜日になると、彼女たちは外出し、普通の暮らしをする。家に帰ると、その日の出来事を詳細に分かち合い情報を共有する。同じチップを入れられ、表向きは1人の人間に見えるけど、本来の個性や性格はそれぞれ。

ちょっとやんちゃな「木曜日」ちゃんがスケートボードで怪我をして指を失うと、他の6人の指も祖父によって切断される。そうやって、この7人は大人になっていく。もう祖父もいなくなって、30代になった彼女たちだけでの生活が続く中、「月曜日」が帰宅しない夜がある。

「月曜日」の行方を知るために、姉妹が協力するのだが、政府に正体がばれて、残虐な戦いになっていく。

ストーリーも面白いなと思ったし、このノオミラパスという女優さんが1人で七役しているところもすごいと思う!イギリス、アメリカ、フランス、ベルギーの合同作品だそう。

ちょっと怖いのが好きな人にはおすすめかも。

それにしても、こんな世の中だったとしたら、4人も産んでしまった私は地球のために最悪なことをしてしまったということになるのか。汗 とほんの一瞬だけ思った 

2021年は毎日更新したい

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします

閲覧に来てくださっている方が増えると励みになります。2021年は、あまりネタがない日でも、とにかく日々更新して何か投稿することを目標に頑張りたいと思います。

今年はコロナが収束しますように。ドイツでは老人ホーム入居者や職員へのコロナ予防接種が始まりました。これから一般の人に行き渡るまでには、まだまだ時間がかかるでしょうが、本当に、早く落ち着くことを願うばかりです。

年末年始にかけて暴飲暴食しました。クリスマスイブはラム、クリスマスはローストビーフ、そして26日は鹿肉をいただきました。こちらではこの3日間がクリスマスです。いつもなら親戚の家を回って交代でお祝いですが、今年は、家族だけで過ごしました。だけど、25日の午後に、義父母と散歩に行くことができました。

友達の中には、簡易コロナテストを受けて、祖父母の家に行く人もいましたが、うちは、義父母と距離が近いので、クリスマスじゃなくてもいつでも会えるし、コロナに恐怖を覚えている様子なので、会わない選択になりました。だけど、外で会う分はリスクが減るので、マスクをつけて、距離をとって1時間ほど林の中を散歩できました。

27日からは色々な片付けないといけないことをやって、31日はチーズフォンデュで新年を迎えました。ダラダラと食べ、子供達とカードゲームをやって、ネットフリックスで映画を見て、カウントダウンの時にはクラッカーを鳴らしました。

あぁ、そうだった。年末にはお餅を作りました。わたしは餅つき機を持っているのです。元旦は朝寝坊して、お餅。ドイツでもイギリスでも、元旦はカウントダウンのパーティーの翌日で、ダラダラしている人が多いのです。

元旦の午後にSNSを見ていたら、今回はコロナで帰省できなかった友達がいっぱいで、日本でもドイツでもイギリスでも、おせちを自分で作った人が多くて感心しました。

子供向けではないし、自分だけのためにおせちを作るのはなぁ、と、これまで一回も作ろうとも思ったことのない私ですが、ホームシックもあいまって、本当におせちが恋しくなりました。来年は絶対絶対に作ろう!

ドイツでは5日の会議で、10日までのロックダウンが解除になるか継続になるか決まるそうです。絶対継続だろうな。感染者数、この冬休みの間にグッと上がったに決まってる。どうなることやら。

皆様にとっても笑顔多い2021年となりますように。

コロナウイルス変異種出現

これまでよりも7倍も強い感染力を持つと言われるコロナウイルスの変異種がイギリスで結構な数が確認され、オランダやデンマークでも見つかったということで、クリスマス前にまた、ドイツはざわざわしている。

イギリスからの渡航は禁止。飛行機は飛ばないし、車も検査が強まるようだ。今日のラジオで聞いたが、かなりの数のトラックが足止めされていて、このままだと、イギリスでは日用品や食料などの物資がクリスマス前にちゃんと届くのか不安もあるという。

きっとイギリスでは、また買い占めが起こるかもしれない。みんな不安だろうなと思う。

そして、こちらはクリスマス直前。我が家も買い出しが進んでいる。明日の23日に最後の買い物をする。ドイツでは、スーパーは24日の14時くらいまで開いている。25日と26日はクリスマスなので完全に閉店。そして、今年は27日が日曜日なので、また閉店。28日までは買い物に行くことができないので、相当焦る。

明日は早起きして、スーパーを3つくらい回る予定だ。お肉屋さんにも行きたいし、お米ともち米を買いに、アジア食料品店にも行く。早起きしよう。

今日、夫の両親が手作りのクリスマスのクッキーを持ってきた。義父母は医療用のごついマスク着用して、玄関の外で、3分くらい喋った。子供達の顔を見て、義母はまた泣いていた。抱きしめたい、一緒に遊びたい、一緒に食事がしたいと。

ドイツに来て初めてのバラバラのクリスマス。本当に、大変なことになってしまった。先日夫の命日があったのだが、その時も、マスク着用で一緒にお墓まいりをしたのみ。正味10分も一緒に過ごせなかった。

クリスマスカードが毎日届く季節になったのだが、今年の書き出しはほぼみんな一緒だ。「What a year!!」ほんと、なんという一年だったのだろう。今年は。

日本の姪っ子の七五三

姪っ子が七五三のお祝いをしたそうだ。母から写真が送られてきた。私は学生時代にクリスチャンになって、国際結婚して、外国暮らしして、私の子供達は七五三とは無縁で育っているから、そういうイベントをちゃんと他の孫と味わうことができて、母よかったね。というのを最初に思った。

イギリスに住んでいた時は、ドイツ語がほぼ喋れなかったので、ドイツの祖父母よりも、私の親の方にずっとずっと懐いていた私の子供たち。でも、ドイツに住んでからは、やっぱりドイツの祖父母に頻繁に会うので、私の親はちょっとヤキモチを焼いている節があった。

私が死別して、それでも、日本に帰らずにイギリスに残るかドイツに引っ越すかで悩んでいた時のことは、前にも書いたけど、その時、実は日本の親の友達のなかには、「引っ張ってでも、日本に連れ戻しなさい!」と言った人が数人いたそうだ。後で聞いたことだけど。

私の当時の気持ち、決心を尊重してくれた親には今でも感謝している。夫がいないのに、夫の家族に助けられて、ドイツの生活にすっかり慣れた子供達、そして、私もこの場所が居心地よくなってきていることを思うと、あの時の決断は間違ってなかったと思える。

もちろん、今思えば、私も一人っ子だったら、親のことが心配だろうし、日本に帰っていたかもしれない。兄弟がいたから好き放題できたのかもしれない。

一枚の七五三の写真で、また色々考えてしまった。コロナで家に閉じこもっている。あんまり精神的にはよくない。

コロナ増加中 秋休み

秋休み中だけど、遠出もしないで、おとなしい毎日を送っている。コロナが増えてきているのだ。周辺のヨーロッパ諸国に比べると、ドイツはまだ保たれている方なのだろうが、確実に第2波がきていると思われる。

子供達とボードゲームをして、DVDを見て、のんびり読書をして、たまに散歩やサイクリング。好きなだけ眠って好きな時に好きなものを食べる。

私、以外にインドア派かもしれない。友達とも随分集まっていない気がするが、なんだか大丈夫だ。義父母には頻繁に会ってるからかな。

音楽家の彼とは、あれから、もう一回友達含め4人で会いました。友達の家で、サルサと音楽談義。難しい話も出てきたけど、退屈することなく聞くことができました。

今日は薄暗く小雨模様。上の子供達は友達と会うというので、下の子供達を連れて、久しぶりに夕食は外食にしようかなと思っているところ。

そうそう、ずっと書くことが躊躇われて、遅くなってしまったけど、昨日、ようやくイギリスの知人にお悔やみのカードを送りました。数日前がお葬式だったそうです。ありきたりの文章じゃ、同じ死別者として、ちょっと足りないかな、と思ったり、でも、悲しみはそれぞれなのだから、お節介なことも書けないし、すごく悩みました。ただ、悲しみを想像すると言葉が見つからずに、すぐにカードを書けなかったこと、これからの寂しさを思うと胸が痛むこと、もしも、吐き出したい想いや何かあったらいつでも連絡ください、ということだけを書きました。死別直後なんて、その日1日を生きるので一生懸命だった。その日その日、目の前の数分を頑張って過ごすことでいっぱいいっぱいだった。本当に、人が亡くなるって悲しいことだ。寂しい。

ちょっとイラっときたこと

心が狭いのかもしれない。私は死別してからさらにわがままになったのかもしれない。だけど、悲しさよりも、イラっときてしまった自分にも自己嫌悪だ。

イギリス時代の日本人知人からメッセージがきたのだ。数回お話ししたことがある別の日本人女性のご主人が1週間前に倒れて亡くなったというのだ。56歳。大学生のお子さん達と奥さんを残されてあっという間に亡くなったと。

すぐに思ったのは、たとえ私は数回しか会ってなくても彼女のことをなんとなく覚えてるし、あちらが覚えてないとしても、カードは送ろうかな、これから大変だろうな、本当に残されたご家族のことを思うと心が痛いな、ということだった。

そういう気持ちを知人に簡単に返答したところ、彼女から、「あなたの旦那様が亡くなった時、どういうことをしてもらったら嬉しかった?」「どんなことが助かった?」「もうお悔やみを言いに行ってもいいだろうか?」から始まって、私も今でも辛い思い出を思い起こしつつ、人によって全く違うだろうなと思いつつも、私の経験を簡単に述べた。

そこまではまだ良かったのだが、「ところで、ご主人の死因ってなんだったの?」「高血圧だったんだっけ?」「亡くなったばかりの人も、持病とかなかったらしいの。不公平よね」というメッセージ。

これら3つのメッセージが辛くて、デリカシーにかける気がして、既読無視してしまった。半日。

どうも彼女も言いすぎたと思ったのか、「遠くからだけど応援してます。大好きです」ときたけれど、「ありがとう」とだけしか返事できなかった。

私はもう死別して数年経っているけど、こういうダイレクトな質問は大丈夫な時と大丈夫じゃない時がある。雰囲気によっては、全然大丈夫で、どんどん話してしまいたい時もある。雰囲気、タイミング、相手との親密度によって全然違う。

心が敏感になりすぎているな、とは思う。

それにしても。海外で、ご主人に急死され、お子さん達はもう家を出ていて。まだ50代だろうと思われるその方もこれから辛い日々が続くことだろう。お葬式もこの状況でとても小規模なものになるのだろう。心が揺れる。

なんて素敵なダイヤモンド婚式

https://www.instagram.com/p/CEmUmA1sM7H/?fbclid=IwAR2JyZAPwc2VOVIkBIw8VQ0Qb7yf4x6kAUE0c0WbyJipFVLDguinZl6beGM

結婚式で着たドレスで結婚60周年を祝う老夫婦の写真。なんて素敵なんだろう。

20代前半で結婚した私だって、夫が急死しなければ、こんなチャンスはあったはずなのにな。でも、ここまでくると、羨ましいとかいう気持ちを超えて、あっぱれ、素晴らしいな、と思う。

おじいちゃん子おばあちゃん子だった私は、だいたい老人に甘い。年老いていたら、少しくらいワガママでも怖くても、面倒臭くてもいいじゃないか!と思っている。

でも、この写真の老夫婦は、あったかい雰囲気があって、本当に素敵だと思う。

母の日

イギリスの母の日は3月だけど、ドイツは日本と同じで今日だった。日本の母には、アマゾンからお花とお菓子のセットを送っていた。土曜には着いて、母が嬉しそうに電話をくれた。

昨日は長男が家の前のスーパーに9週間ぶりに出かけたので、明らかに何か私に買ってくれたんだな、とわかったけど、子供達協力して隠したようで、今朝まで私は全く知らなかった。

9時に末っ子に起こされてリビングに降りると、子供達4人で朝ごはんを作ってくれていた。スクランブルエッグにアボカドディップにトマトの炒め物。私が毎朝のむティーもだ。嬉しい。

そして、リビングのテーブルに見えた大きな大きなバラの花束!これを昨日買ってくれてたんだ!カードや素敵な絵ももらって、幸せな気分。「最高のママ」「世界でいちばんのママ」「ずっと大好きだよ」こんな歯の浮くようなセリフもカードにしてくれるとすっと入ってくる 笑。ありがとう。

ドイツのコロナ規制は明日からまただいぶ緩和される。バーやクラブ以外の飲食店、ジムも再開。老人ホームや病院へのお見舞いも、許可だという。ダンススクールも再開するらしく、私も、ダンスパートナーのおじさんと9週間ぶりに会うことになるかな。学校も始まるということで喜んでいたけど、時間差少人数に分かれての登校で、結局夏休みまでわずか数回しか学校には行かないことが発覚。ほんと、大丈夫なのかな。

これまでは3人以上で会うのは禁止だったけど、明日からは二つの家族が会うことがオッケーに。義父母にも親戚や友達にも家族単位で会うことができるようになるということ。だけど、やっぱりちょっとまだ不安。感染者数が増えたら、すぐに閉鎖、緩和キャンセルになるそうだし、しばらく様子を見る感じかなと思う。

引きこもり生活24日目(月曜)

月曜の夜中です。イギリスのボリスジョンソン首相が集中治療室に入ったというニュース。本当に心配です。

今日も晴天で初夏のように気持ちよかった。今日はほとんどの時間を庭で過ごした。本当に平和な1日。引きこもって家族だけで過ごしていたら、お天気のいいこんな日は、コロナでもう信じられない人数の人が世界中で命を落としているなんて、別世界のような気持ちに一瞬なってしまう。だけど、これは現実だ。今日ニュースを色々読んでいたら、エクアドルかどこかでは、棺の数が足りなくなって段ボールを使っているとか、外出禁止令が出ているロシアで、若者が集まっていることに腹を立てた男性がバルコニーから発砲して若者数人全員亡くなった、とか本当に驚くような悲しいニュースが実際に起きているのだ。コロナのせいで。

みんな遅く起きて、遅い朝ごはんを食べたので、ランチは特に作らなかった。子供達は昨日のバーベキューの残りのお肉をトーストに挟んで食べ、私は納豆ご飯で済ませた。あまりにもまったりな1日で、長女とゆっくりおしゃべりすることもできた。反抗期だし、私と性格が正反対と言ってもいい長女とは、なかなか難しいことも多い。パパを失った悲しさを真正面から受け止め、今も苦しんでいる長女。私のことをすごく理解してくれて、心優しいけど、警察官のような厳しさもあり、超正論で論破しようとしてくることも多く、家族の中ではダントツ恐れられている存在。今日はくだらない昔話で笑ったり、勉強のこと、友達のことなど結構いっぱい喋れて、喧嘩にもならず、嬉しかった。

ボードゲームをして、庭で三女と簡単なストレッチやエクササイズをして、本当に信じられないくらい平和な時間を過ごした。次女と長男はまたサイクリングへ。

夜ご飯は鳥ミンチでそぼろご飯とお味噌汁とサラダ。お味噌汁にピーマンを入れたら、なんだか昔の母の味を思い出した。

そのあと、みんなでまたゲームして、今日はおしまい。

明日は買い出しに出かける。そして、去年から苦しんでいる肌の痒みがまだ治らないので、薬局に行ってみようと思う。今は、病院に行くのは避けたい気分。

何もしていないのに、同じことの繰り返しの毎日なのに、4月も1週間経とうとしている。信じられない。

引きこもり生活14日目(金曜)

今日のトップニュースはやはり、イギリスの首相ボリスジョンソンがコロナ感染したことだろう。彼のビデオをB B Cのサイトで見たけど、普通に喋れていたし、それほど病気な風には見えなかった。もちろん、発熱や咳の症状はあるのだろうけど。これがこのウイルスの怖いところだな、と思う。症状が軽くても、たとえ全くなくても、知らないうちに感染していて、他の人に感染させる可能性がある。もう誰にだって可能性はあるのだと実感。

今日は、朝から色々と買い出し。アメリカも混乱していて、今後どうなるかわからないし、いつもはイタリアの日本米を買っているけど、イタリアの今の状況で、出荷がされず、この1ヶ月アメリカの日本米を食べている。今後、どうなるか不安で、もう一袋約10キロのアメリカのお米を買いに行った。他にも、納豆を作るための大豆やら買い出した。

そのあと末っ子と近所を散歩。インラインスケートもだいぶ上達した。

お昼は、アジアショップで買った、トルコのパンに、色々好きなソースやら野菜をのせて。夜ご飯はカレーだ。

あまりに退屈で、次女と末っ子が余ったダンボールを利用して、巨大すごろくを自作した。止まったマスによっては、罰ゲームがあったり、「右に座っているプレーヤーのいいところを5個いう」とかいう可愛いものもあったりして微笑ましい。

これを家族全員で遊ぶ夜。我が家は平和だ。