映画 セブンシスターズ

ちょっと怖いけど、わたしは好きだった映画。年齢制限、こっちは16歳以上になってて残虐シーンも多かったけど、見てよかった。長女が見たいというので、一緒にネットフリックスで見た。クリスマスにネットフリックスを親戚からプレゼントされた子供達は、最近色々情報を仕入れてくる。

英語のタイトルは「What Happened to Monday」月曜日に何が起こった?の時間としての on Mondayではなくて、toになっているのがポイント。これ、名前なんです。

月曜日と名付けられた女性。

時は2073年。遺伝子組み換え食品が増えたことで、人間の生体にも影響が起き、双子や三つ子などの多胎児妊娠が増える。人口が増え続け、食糧危機になっていく中、政府は一人っ子政策を押し出す。チップで徹底的に管理され、兄弟がいる家庭の子供は1人を残し、政府に連れていかれる。政府の施設に送られた人たちは、冷凍保存され、地球の環境が整った頃にまた戻される、というのが表向きの説明だが、施設の中で本当は何が起こっているかは皆知らない。

そんな中、7つ子が産まれる。表向きには1人だけ残ったことにして、7人全員隠れて育てる決心をする医者の祖父。月曜日から日曜日までの名前をもらう7人。自分の名前の曜日になると、彼女たちは外出し、普通の暮らしをする。家に帰ると、その日の出来事を詳細に分かち合い情報を共有する。同じチップを入れられ、表向きは1人の人間に見えるけど、本来の個性や性格はそれぞれ。

ちょっとやんちゃな「木曜日」ちゃんがスケートボードで怪我をして指を失うと、他の6人の指も祖父によって切断される。そうやって、この7人は大人になっていく。もう祖父もいなくなって、30代になった彼女たちだけでの生活が続く中、「月曜日」が帰宅しない夜がある。

「月曜日」の行方を知るために、姉妹が協力するのだが、政府に正体がばれて、残虐な戦いになっていく。

ストーリーも面白いなと思ったし、このノオミラパスという女優さんが1人で七役しているところもすごいと思う!イギリス、アメリカ、フランス、ベルギーの合同作品だそう。

ちょっと怖いのが好きな人にはおすすめかも。

それにしても、こんな世の中だったとしたら、4人も産んでしまった私は地球のために最悪なことをしてしまったということになるのか。汗 とほんの一瞬だけ思った 

息子の彼女来る&ZOOMでブッククラブ

あんまり子供のことを詳しく書いてないけど、ティーンの息子には秋から彼女がいる。とっても可愛い同級生の彼女は同じく4兄弟の2番目。我が家の兄弟喧嘩や騒がしい感じにも慣れていて、私たちも気兼ねなく彼女をいつでも迎えている。ロックダウンだし、大人数で遊べないし、大抵お互いの家を行き来したり、散歩したりして、うまく付き合っている感じだ。今日もうちに来たので、一緒にランチ。しかし、彼女はベジタリアン。肉が多い我が家だけど、彼女が来た時は、いつもベジタリアンのメニューで作る。今日はちょっと疲れていたので、トマトスープとパンとチーズとサラダ。こんな感じでもいいから、まぁ楽なんだけど。

長男はませていて、女の子が好きだが、長女は真面目で男っ気も全然ない。長女が彼氏を連れてくる日はいつかなー。

こっちの子供達はオープンなので、彼氏彼女ができたら割とすぐに家に連れてくる。もう少し年齢が大きくなったら、平日でもお泊まりも普通にあるらしい。女の子の親は、彼氏がいるならピルを飲むようにいうらしいし、16以上なら婦人科で親の許可なしで無料で(確か)ピルが処方されるらしい。すごいな。。。まぁそっちの方が健全なのかもしれないけど。このまま続けば、いつか、うちでもお泊まりが始まるのかな。。私の方がドキドキする。

ま、まだまだ可愛いもので、彼女は午後には帰っていって、夜は、私はズームでミーティングがあった。学校の親しいママ友に誘われてブッククラブに入っているのだ。読書クラブ。色々な国籍の女性9人のママ友で英語で本を読んで話し合うグループ。コロナで集まれないので、今夜はズームで近況報告。そして今みんなで読んでいる本の感想を言い合った。皆とても魅力的な女性でそれぞれの分野で活躍していて、キラキラしている。私ともう一人離婚している女性以外は、皆夫婦円満で、家族も仲良し。いい刺激になる。50代がほとんどで60代も一人。40代は私とあと二人かな。私もいつかあんな素敵な大人な女性になれるように、日々やっぱり頑張ろうと思う。

アメリカのワシントンの騒動の話になったので、今からニュースを見ておこう。

アメリカの選挙システムがいまだに分からない(恥)

もういい大人なのに、いつもニュース番組やネットで学ぼうとしているのに、いまだにアメリカの選挙システムが分からない。恥ずかしいことだけど。

今この時点で、まだトランプかバイデンか決まってない。

子供達の学校にはアメリカから転校してきた人たちが数家族いる。もともとドイツ系で、アメリカで生まれ育った保護者の子供達だ。トランプが大統領になって恥ずかしくて、嫌になって、もうドイツにずっと住む。アメリカには戻らない。と公言したファミリーもいる。

でも、蓋を開けてみたらトランプもかなりの数を獲得している。

アメリカは巨大なので、パスポートを持たない、海外に行ったことがない、興味もない人が一定数いるとか、一生のうちで海を見たことがない人が一定数いるとか聞く。自分の州のニュースだけで十分で、世界情勢などほとんど見聞きしない人がいるとも聞く。

アメリカ大陸にまだ一度も行ったことのない私。憧れはあるけど、いつか行く機会はあるのかなー。大好きな従兄弟がアメリカで結婚しているので、夢みたいな話ではないと思うけど。

さぁ、いつになったら大統領が決まるんだろう。

引きこもり生活14日目(金曜)

今日のトップニュースはやはり、イギリスの首相ボリスジョンソンがコロナ感染したことだろう。彼のビデオをB B Cのサイトで見たけど、普通に喋れていたし、それほど病気な風には見えなかった。もちろん、発熱や咳の症状はあるのだろうけど。これがこのウイルスの怖いところだな、と思う。症状が軽くても、たとえ全くなくても、知らないうちに感染していて、他の人に感染させる可能性がある。もう誰にだって可能性はあるのだと実感。

今日は、朝から色々と買い出し。アメリカも混乱していて、今後どうなるかわからないし、いつもはイタリアの日本米を買っているけど、イタリアの今の状況で、出荷がされず、この1ヶ月アメリカの日本米を食べている。今後、どうなるか不安で、もう一袋約10キロのアメリカのお米を買いに行った。他にも、納豆を作るための大豆やら買い出した。

そのあと末っ子と近所を散歩。インラインスケートもだいぶ上達した。

お昼は、アジアショップで買った、トルコのパンに、色々好きなソースやら野菜をのせて。夜ご飯はカレーだ。

あまりに退屈で、次女と末っ子が余ったダンボールを利用して、巨大すごろくを自作した。止まったマスによっては、罰ゲームがあったり、「右に座っているプレーヤーのいいところを5個いう」とかいう可愛いものもあったりして微笑ましい。

これを家族全員で遊ぶ夜。我が家は平和だ。

夫の名前が出ても大丈夫。みんな普通に話してよ

友達とお喋りしてて、家族や旦那の話になって、ふいに友達が私の夫のことを話して、あ!まずかったかな、私が困ってるかな、という顔をする時が時々ある。

私は夫の名前をみんなが出してくれて、普通に夫の出来事を話してくれたら嬉しいです!夫は若く亡くなったけど、確かに生きていたのだし、周囲に影響を与えたのだし、今も変わらず私の中にいるんです。

だから。普通に話してほしい。

ソーシャルネットワーク上の死別者グループに入っている。アメリカ人がほとんどだが、毎日数人が、自分と幸せだった頃の配偶者とのラブラブ写真を投稿し、「こんなに愛してあっていたの。こんなことになって、苦しくて寂しくてたまらない」と訴える。私たち死別経験者はとてもつらい暗い道を歩いている。だけど、その前には幸せな幸せな時間があったのだ。

だから夫のことをみんなにも覚えていて欲しいし、夫の思い出話もしてほしい。

夫の名前が会話に出ると嬉しいのだ。