かなり落ちていて皮膚も悪化の気配

半ロックダウンになって、接触も減らすような雰囲気。子供達はそれぞれ一人ずつ親友に会うのみ、私はドイツ人の友達と週に一度会うのみ。義父母もかなりの距離を開けて、外で会っているだけの日々。

毎日日に日に暗くなるこの季節。16時半も過ぎれば本当に真っ暗。今年はクリスマスマーケットも開催されないし、本当に精神的に辛い日々だ。

紹介された音楽家の彼とも毎日やり取りするような仲でもないし、日本人友達もそれぞれみんな家庭があるし、本当に寂しい。

やっぱり皮膚が悪化してきた。夜になるとかゆみがまた出て来たのだ。夏に入院して、注射治療を続けていましたが、もらっていた分の注射がなくなったので、皮膚科にまた行って来たところ、注射治療の延長が決定しました。というか、先生が言うには、最低でも向こう1年は2週間に一度の注射を続けないと、また再発して、大変なことになるのだと!

ストレスが大きく関わっているのだろうとは、わかります。ヨガや呼吸法を習ったほうがいいかなぁとも思い始めてきました。私のストレス解消はお友達とのおしゃべりや飲み会でした。それか、ダンス。全部できない今、子供達とのみ向き合う、この暗い日々。あーぁ。

読書と動画で息抜きしています。ドイツではコロナの予防接種がもうすぐ可能になるということで、かなりの希望を多くの人が持ち始めています。もちろん、最初は医療関係者や高齢者、持病のある人、となるので、全員に行き渡るには当分かかるでしょうし、本当にリスクや副作用が長い目で見たときにないのかどうかは、不安なところです。

とにかく私も気持ちを暗く保たないように、上げていきます。とりあえず大好きなティーでも淹れようと思います!

光線治療効いてる。数ヶ月ぶりに薬なしで寝た!

光線治療を始めて3週目。効いてる!確実に効いてる。90秒で始まった治療は、紫外線の量が少しずつ毎回増えて、今日は2分46秒の照射だった。感覚としては、なんとなく身体の中からほのかに温まって、湿疹部分が焦がされるようなイメージ。醜い湿疹部分が乾燥していく感覚。

昨日は、昼間の痒みもなかったので、思いきって抗ヒスタミン剤の薬を飲まないで夜を迎えた。そして朝までぐっすり眠った!!本当に久しぶりのことだ。

毎晩毎晩夜中に、かゆみで目を覚まして眠れず、抗ヒスタミンに頼る毎日が数ヶ月も続いていたのに。信じられないくらい嬉しい。

とはいっても、まだまだまだまだ先は長い。いろんな酷い湿疹のあとがかさぶたになってきて、大きさもかなり大きいものも多くて、この跡が治るには半年以上かかると思う。もっと若かったら、もっと早く治ったのかなー。治っただろうな。もう仕方ない。地道に治すしかない。

健康に気をつけ、好きなビールも控え、毎週納豆を手作りして、毎朝納豆とお味噌汁を食べている。 今まで敬遠していたビタミン剤なども飲み始めた。

皮膚も治して一気に健康になりたい。健康第一。生きていればなんとかなる。楽しいこともいっぱいある。

皮膚科で光線療法が始まった&ロマンス終了

もう半年以上苦しんでいる湿疹。寝不足にもなるし、手足背中ひどい状態で、薄着もできない。1ヶ月ぶりの検診で訴える。ステロイドを飲んでも塗っても改善しなかったので、先生も少しがっかり。光線療法を始めることになった。

週に3回、わずか1分半の照射だが、これに期待しよう。これで無理だったら、本格的な検査になるらしい。

こんな汚い手足で踊るのも嫌だし、ダンススクール、せっかく再開したけど、なかなか気が進まず、久しぶりに会ったダンスパートナーのおじさんとも、ちょっと変な雰囲気。ロマンスは、お互いに何もないまま終了した。のだろうと思う。

私の今の一番の希望は、早く湿疹が治って、不眠症状がなくなること。

でも、夫に一瞬でも会えるなら、この湿疹と一生付き合っていってもいい。当たり前だけど。

シラミ発生

信じられないかもしれないが、ちょっと恥ずかしいけれど、定期的に我が家の子供はシラミをもらってくる。 アタマジラミだ。耳の後ろやうなじのあたりを掻いているなぁと思って見てみると、白くぷつっとした卵が見つかる。もしくは、幼稚園や学校から「クラスにシラミの子がいます。みなさん、家で確認してください」というお手紙がくる。

卵が数個のうちで気付けば、それほど大したことはないけれど、成虫まで数匹いたら、あっという間に痒くて大変なことになる。

今回は油断していた。末っ子に成虫まで数匹いた!!

対策としては、専用の薬を買って、髪の毛と地肌全体にスプレーするか、普通のシャンプーの後大量にコンディショナーをつけて専用の櫛で一匹一匹退治して取り除くかだ。コートや帽子、枕カバーはもちろんシーツも全て洗って、本当、この週末は思いがけず家事が増えた。

数週間は毎日シラミチェックだな。

そういえば、イギリスに住んでいた時、私が2番目を妊娠中に、長女が初めてシラミをもらってきた。学校の手紙で気づいて、焦って初めてのシラミ退治をしたのだが、なんと、妊婦の私にも成虫がいたのだ!妊娠中、いろいろ身体が痒くなってて、頭までかゆいなぁと呑気に思っていたら、まさかのシラミで本当に参った。毎日毎晩シラミ対策の私と長女を見て、夫も一生懸命自分の髪を専用櫛でチェックしてた。「なんか僕にも(シラミが)あって欲しいような気持ちになってきた」と変なことを言ってたな。