ドイツ半ロックダウンへ&お墓参りの日

日本でも報道されたようだけど、ドイツは月曜から11月末まで半ロックダウンになります。学校や幼稚園は継続、店舗も人数制限して継続、美容室もオッケーだけど、カフェやパブ、動物園、フィットネスクラブ、音楽やスポーツ教室、劇場などが閉鎖されることに。レストランも閉鎖。テイクアウトのみ営業可能です。接触も制限され、2家族最大10人までしか集まることができなくなります。

この数ヶ月、少し日常が戻ってきていただけに、本当に残念。11月は日も短くなるし、ただでさえ、鬱気味になる人が多いのに、またこの状態になってしまって、色々と心配です。

今日は11月1日。ハロウィンの翌日は、聖人が復活する、死者の日とも言われるカトリックの日で、私の住むドイツの州では祝日です。この日は皆お墓まいりをする日にもなっていて、私も、昨日と今日、連続で夫のお墓に行きました。昨日は一人で行って、キャンドルを灯し、新しいお花をいけ、今日は子供達と義父母とさらにお花を持って行きました。少し暗くなり始めた夕方に行くのが、義父母の希望なので、毎年そうしています。そのあと、いつも義母の作ったケーキでお茶をするのが慣例になってきましたが、コロナが心配でうちに来れない、というので、今年はキャンセル。私が簡単なケーキを焼いて、子供達と私だけでゆっくり過ごしました。

とは言いつつ、半ロックダウン宣言が出た翌日は、「ロックダウン前に食事に行こう、夕食に出かけよう」と義父母は私たちを急に誘い、みんなでご飯に行ったんですがね。日に日にコロナに対する気持ちが変わるのも、だけど、分かるような気もします。ドイツには、このところ、また、ざわざわモヤモヤの落ち着かない雰囲気が流れています。

そうそう、日本のドラマを見始めました。「恋する母たち」です。木村佳乃が好きなのもあって、ロックダウンもあるし、時間もできるかなと思って、見始めることに。まだ2話だけですが、設定年齢的には当てはまるし、日本にいて、夫が生きていたら、こういうこともあるのかなーなんて、勝手に想像しながら見ています。恋したいなー私も。

ドイツはハロウィン翌日は休日でお墓参りの日

ハロウィンはドイツではそれほど騒がれてなくて、うちの子供たちも近所の子供たちもトリックオアトリートをすることもなく平穏に終わった。

カトリック色の強い州に住んでいて、ハロウィン翌日は聖人の霊を祝う意味の祝日になっている。死者を弔う意味があるのだろう。カトリック教会では、この日はミサが行われ、この1年間に亡くなった信者の名前を読みあげる儀式があるらしい。

そして、ほとんどの人がこの日にお墓参りに行く。ドイツのお墓は植物やお花に溢れていて 、公園のような植物園のような雰囲気がある。散歩コースにしていいような雰囲気だ。この日のためにお墓をいつも以上にきれいに整える。そしてお花もいつも以上に豪華に飾る。

夕方薄暗くなってきた頃に、子供たち全員と義父母と夫のお墓に行った。キャンドルを灯し、夫にいつものように心の中で語りかける。義母は少し涙を浮かべたが、私は今日は泣かなかった。

綺麗に整えられたお墓を見て満足だった。私もここにはいる予定だ。夫の名前の隣に私の名前が記入されるのだ。わたしはあと何年、何十年未亡人なんだろう。