夫以外の男性とのキス

自分でもびっくりしているのだが、恋に落ちてしまった。ワクチンが進み、コロナ規制がほぼなくなって、日常が復活したこの夏。気持ち的にも色々あって、なかなかリアルタイムでブログに書くことができなかった。。。。本当は、こういうことこそ、即書くべきなんだろうけど。。

この夏は、ドイツにいた。子供達と国内で小さなホリデーをしたけど、基本はこっちにずっといた。そして、前に書いた、友達に紹介されたバツイチの彼と定期的に会うことが増え、好きだな、思ってしまった。2週間ほど前、ご飯を食べに行った帰り、ついにキス!!!!思わず確認してしまった私「ほかに、いないよね?」 もしかしたら、他にも同時で誰かと会ったり、デートしたりしてるかもしれないし、そういう関係の人もいるんじゃないかと、思ってしまったのだ。。。汗

「誰とも付き合ってないし、キスしたのも3年ぶりくらいだよ」という彼。

とりあえず、じゃあ、私のことも好きなんだなと、両思いになれた喜びを感じた。死んだ夫の笑顔が浮かんだ。都合よく解釈しただけかもしれないけど、この人ならいいんじゃない?と言われてるような気がした。 

英語圏の人の死別関係の本では、新しい出会いや、人のことを、「チャプター2」ということが多い。第2章。。と。。死別した相手が第1章で、新しい次の人を第2章だと。

これは、どうも私的には、まだピンとこない。死別した夫は私の一部で、もう私の中に夫が含まれている感覚なのだ。私自身が、もう前の私とは違っている。今後、私の気持ち、この彼の気持ちがどうなっていくのか、子供たちはどう反応するのか。など、色々、怖い。

まだ子供たちには伝えていない。まだ始まったばかり。どうなるか、自分でもわからないし。

肩激痛5時起き

何と4時55分から起きている。肩が痛くて痛くて目が覚めてしまったのだ。

ホームスクールだから8時まで寝れるはずなのに。寝返りも打てず動けないほどの左肩の痛み。まだ早いし、とにかくじっとしよう、騒いでも仕方ない、と自分に言い聞かせ、寝る努力をし、でも結局ねれずに超スローモーションでストレッチをして、なんとかベッドから起き上がった。痛かったー。

次女に特別ソフトバージョンで肩もみをお願いし、朝からお風呂に入りあったまって、とにかくゆっくりゆっくり行動して、ストレッチをして、何とか午前を乗り切った。

寝違えたのかな。こんなの初めて。午後からは大丈夫だったけど、変な肩こりの後、という感じ。

もうすぐベッドタイムだけど、寝るのが怖い。明日もこんなだったらどうしよう。身体が痛いって、ほんと辛いな。

サルサの踊れるパブへ

週末のことなんだけど。今週末はココとココとココで踊れるところがあるんだけど、もしも興味があったら来てみたら?というメッセージが、先日紹介された彼から来た。私の町と、近郊の町で、気軽にいけるところだという。

こんなコロナの中でも、いつもよりも気をつけて踊れるのだという。手を消毒したり、換気したり、連絡先を主催者に残したり、というルールがあるらしいが。

なんかすぐに誘いに乗るのも、ちょっと焦ってる感じがするかな?笑 とも思ったが、素直に興味があったし、行ってみることに。

22時ちょっと前から24時くらいまでいるから、というので22時15分ごろ行ってみたら、彼は学生のような若い子とサルサを踊っていた。曲が終わって、私に気づいて私の元へ。簡単な挨拶のみで、早速基本ステップを習う。とにかくどうも教えたいらしい。基本はとても簡単なので、私ももともと踊り好きだし、とりあえず1曲一緒に踊った。

そして一緒にノンアルコールビールを飲みながら、少し会話。子供のこと、ドイツのこと、サルサ、社交ダンスのこと。1時間くらい経って、私はもう帰ろうと思った。遅いし、そんなに基本ステップだけで踊れないし。

彼はまだ残っている感じだった。知り合いも多そうだし。

もうそろそろ帰るね、と告げると、あ、そう?じゃあまたね。次に踊れるところあったら知らせるから。と。

すごく近くに車を停めていたけど、暗いなか2分くらい歩いた。どこに車停めてるの?と聞いてくれなかったし、送ってもくれなかったから、私に好意があるわけじゃないな、と思った 笑。

だけど、久しぶりの夜遊びは楽しかったし、サルサの世界も全く健全で、若い学生から70近いだろうな?という人までいて、いい雰囲気だった。

コロナの前はもっともっともっと混雑していて週に何度も踊れるところがあったらしい。

また次回ぜひ!というメッセージが短く翌日来た。また会うだろうな、と思う。私としては、彼のことは好印象なのだ。フレンドリーだし、コミュニケーション力が高い人だな、という印象。

それにしても、コロナが少しずつ増えて来ていて、近くの学校も自宅待機になるところが出て来ている。感染者が生徒や先生に出た場合、その学年全部が2週間の自宅待機になるらしいのだ。どの学校も、いつ、そういう事態になってもおかしくないらしい。

その彼も、もう少し経つと大事なコンサート(彼はバイオリニスト)があるから、その前の期間はサルサは控えると言っていた。みんな気をつけながら、自己責任で行動しているなというドイツの雰囲気がある。

春の自粛期間はお天気も良かったし、日も長くて、人に会えなくても、子供達となんとか充実して過ごすことができたけど、これからどんどん日が短くなって、もう寒いし、こんな気候で自粛期間になったら、本当に辛そうだ。本当に、本当に、早く前の日常が戻って欲しい。

紹介の件

友達の日本人ピアニストとバイオリニストが、バツイチのドイツ人バイオリニストを紹介してくれる、という話がとうとう実現して、今日の午後、みんなでお茶をしてきた。

みんなはお互いをもう長いこと知っていて、私もその彼の顔を見たことはあるし、彼もどこかの機会で私のことを見かけたことはあったらしい。

紹介、と聞いてドキドキしていたのだが、とてもカジュアルな雰囲気でみんなで普通の会話をしてきた。彼の第一印象は、フレンドリーなおっちゃんだな、という感じ 笑 素直そうな人だな、とコロコロ変わる表情を見ながら思った。

彼はサルサにハマりまくっていて、週に何度もサルサのイベントに行きまくっているらしい。今は、コロナのために、屋外の小規模なイベントしかないらしいけれど。私は社交ダンスが好きなのだけど、彼は昔初歩コースを取ったのみだという。というのも、音楽家、ということで、夜遅くまでコンサートがあったりして、自由になる時間が22時以降とかで、その時間からできる趣味は限られてしまい、夜遅くまでやっていて、週に何度もイベントのあるサルサに落ち着いた、というのだ。

ドイツのこんな小さな地方都市でサルサイベントがそんなにあることに驚いた。私はサルサは、社交ダンスのコースでパートナーのおじちゃんと数回やった程度。くるくる回るのが目が回るなーという印象くらい。

2時間ほど、みんなで喋って、最後にワッツアップ(こっちでいうラインのようなもの)を交換してバイバイ。

どうなるのかなー 笑。少なくとも、私は彼に対して、好印象を持った。

メッセージとか送ってないけどね。彼からも来てないけどね 笑。

それにしても、この数日、私の街でもコロナが増えて来ている。こんなに増えたのは3月以来だという。ちょっと気が緩んでいたのかも、みんな。もうすぐ2週間の秋休みだけど、どこにも行かないでゆっくりしようと思う。

その彼とお茶くらいまた出来たらいいな。

だいぶ遅れてコロナの結果がわかった

ようやく娘のコロナ検査の結果が出た。

陰性 でした。

ほっ。

子供達の学校では、冬に向けて、確実にコロナ感染が増えて陽性者が学校内で出て、学校閉鎖になることが確実に見込まれるということで、オンライン授業へ向けて着々と準備が進んでいる様子。春のロックダウン(ドイツは半ロックダウンだったけど)中は、オンラインレッスンといっても、課題が渡されただけだったけど、今回はちゃんとした授業をオンラインでも可能にしたいようだ。

近くの学校でも2週間閉鎖しているところがあるし(教師に感染者が出たため)、いつ閉鎖になってもおかしくない。

コロナの話題が収まるのはいつだろう。

ドイツで初めて入院

大学病院の皮膚科専門病棟に10日間入院していました。緊急入院扱いだったのですが、夜遅かったので、一旦家に戻って荷物をまとめて、翌日朝一番にくるように言われました。パジャマ、スリッパ、タオル、洗面道具、本、携帯、イヤホンをとりあえず3日分くらいまとめました。

初日、まだ部屋ができてないというので、荷物は看護士さんの部屋に置いて、検査から。コロナチェックも受けました。血液検査、血圧、そしてひどくなったスネの部分のケア(洗浄してガーゼを取り替える)を受けました。そしてドクターの検診。全ての状況をもう一度説明します。

部屋ができたというので、自分のベッドへ。二人部屋で50代後半くらいの女性が同室でした。だけど、私のベッドは大きな窓側だったし、おとなしそうな女性で安心しました。

荷物を開けてパジャマに着替えると、看護士さんに、書類を持って別の階に行って、写真撮影とレントゲンに行くように言われました。自分一人で大きな大学病院を移動です。写真撮影では、本当に醜い皮膚の全身写真をパンツとブラのみで。部分アップもあり、とにかくたくさん写真を撮られました。これが研究材料になったり、診断に使われるんだなぁと、もう恥も何もなく、とにかく治して欲しい一心でした。レントゲンはシャトルバスに乗って、大学病院のメインビルへ。パジャマでの移動にも抵抗なく、もうどうにでもなれ!の気分でした。

お昼ご飯は12時半。夜ご飯は17時半。朝は7時半くらい。朝と夜はパンとチーズとハム類で、一応パンの種類とチーズとハム類を選べます。お昼は温かい一般的な食事で3つの中から毎日選べて、向こう数日分まとめて頼みます。

それなりに美味しいのですが、私は毎日基本白米なので、パンばかりが辛かったです。

コロナで、身内のお見舞いも禁止。子供達に会いたい、洗濯と新しい衣類との交換はどうしたらいいの?と聞くと、受付に預けるか、病院の外のお庭で会うことができるということ。要は、私が外に出ればいいのだと。というわけで、毎日午後、義両親、子供達、友達とお庭で会っていました。体は病気ではないので、この時間は本当にありがたかったです。羊羹を持ってきてもらったり、日本の本を持ってきてもらったり、おにぎりを頼んだり。ありがたいなーと思いました。

皮膚の検査は続き、体全体の超音波検査、皮膚を取り切って行う皮膚検査も足と背中の2か所行われました。

光線治療が効かなかったので、クリームと飲み薬、とにかく休養でなおしていくことに。

数日後には新しい皮膚ができてきて、スネの部分のガーゼがとれ、回復に向かっているのか?と思いましたが、今度は手の甲と足の甲に新たな湿疹が。これがとにかく痒くて痒くて。

新たな湿疹ができている間は退院できない。検査結果が出るまでは退院できない、ということで、結局10日間。

最後の診断は、「ひどい湿疹」

内臓の病気ではありませんでした。今後は2週間に一度注射を打つ、注射治療になるということで退院。

最初の注射を退院前夜に打たれたのですが、この注射が一本10万円近くするという。もちろん保険でカバーされるので関係ないといえばないのですが。そして、自己注射だというのです!!自分で打て、と!!!

いや、それは無理です、私は打てません。というと看護士さんもお医者さんも笑う。簡単よ。お腹にブスッと打つのよ。と。いや、できません。と本当に心から入院中で一番焦りました。結局、診療所に駆け込めば、看護士さんがやってくれると納得させられ、よく考えてみれば、ドイツ人友達にお医者さんも看護士さんもいるのだから、頼めばいいのか、と心がホッとして、10日ぶりに退院。

久しぶりのお家はとにかく嬉しかった。病院のシャワーとトイレは古くて汚かったので、家のバスルームがありがたかった。整理整頓好きの長女がキッチンのいろいろを片付けてくれていたのも、すごく嬉しかった。

肌自体はまだまだ醜く、痒みもまだまだあるけど、薬とクリームと注射でゆっくり治していくことに。

湿疹の原因は最後まで不明。結局ストレスなのだろう。と。やっぱりセラピストに行った方がいいのでは?死別、シンママのストレスがあるのでは?ヨガをやった方がいいのでは?とにかくもっと休養するべきでは?などと言われるけど、とりあえずこの皮膚をなおして、再発しないようにストレスも溜めないように、気をつけていきたいなと思っているのみです。

入院してました。。。。。

なんと、ドイツで初めての経験、私、緊急入院になってました。

コロナではありません。

湿疹です。

そう、湿疹が原因で、大学病院の皮膚専門病棟に入院していました。成り行きはこうです。。。話は3週間以上前に遡ります。

光線治療が効いていたと思っていたのに、やりはじめて4週目くらいからあんまり効果を感じず、5週目に差し掛かり、時間も5分半を超えるほどになっても、湿疹は増えるばかり。あまりの醜さに、かかりつけの皮膚科の先生に訴え、先生も納得、次の段階「皮膚検査」へ。皮膚の一部を切り取って、研究所に送る検査です。皮膚科で背中2箇所の小さな「手術」の処置を受け、傷跡も縫われて、2週間後に抜糸の予約を取り、帰宅。結果が出るまでどのくらいかかるのかも聞き忘れたし、何より、今ある、この、痒くてたまらない醜い湿疹をどうにかして欲しいのに、どの薬もきかない。

家にあるクリームや薬でごまかして、ちょっとした睡眠薬を処方してもらって、なんとか過ごしていたのですが。皮膚検査翌日の夜に、足の脛と腕の一部がすごい状態に。皮膚がなくなって、肉片が見えるような状態になり、その部分が盛り上がって足全体がむくんでいる。腕も傷だらけ。それなのに、その部分は痛みも痒みもない。だけど、汁も出るし、どうしようと思って、子供達に久しぶりに皮膚を見せたら、長女がパニック状態に。

そして、すぐに救急センターに電話。このままだったら、感染の危険もあるだろうし、消毒応急処置が必要だと言われ、すぐに家のそばの緊急病棟へ。そこで、応急処置を受け、大学の皮膚クリニックに行くように言われる。

22時を過ぎて、皮膚科に着くと、夜勤の若い女性の先生が、私の肌の状態を見て衝撃を受けて、すぐに入院だという。

そこからの話はまた次回に書くとして。。。

というわけで、思いがけず皮膚科に入院していました。もう肌自体はだいぶ治りはじめて、家に戻っていますのでご心配なく。

ドイツの入院経験もいろいろと勉強になったので、近々書いていこうと思います。

告白された

ダンスのパートナーのおじさんが、どうも私のことを好きになったらしい。「好きになってしまった」と昨日告白されてしまった。びっくりしてしまって、「いやいやいやいや、そんなことないでしょ」と誤魔化した私。「いや、ちょっと考えてみてくれ」と言われて、ぎこちなく他愛のない話してバイバイ。次に会うのは来週のレッスンかな。

そのダンスパートナーのことは嫌いではない。紳士的だし、控えめだし。だけど、好きになれるのか分からない。価値観が違うような気がしている。

でも、何度も言うけど、こんな悪条件(外国人、たくさんの子持ち、死別という複雑な状況)を受け入れてくれる人なんて、なかなか貴重な稀有な人だと思う。

そして、私は人恋しく、また恋愛がしたいと思っている。どうしようかな。

久しぶりに泣いた凹んだ

私は子育てに失敗しているのかも。一生懸命、4人がそれぞれ好きなことができるように、個性と得意なことを伸ばせるように、ひとり親だけど、私がパパの分まで頑張れるように、努力してきているつもりだ。

でも、子供たちは兄弟げんかを繰り返し、私に反抗的な態度をとる。私も大人なのに、母親なのに、たまに我慢できずに大人げなく厳しく冷たい態度で子供に接する。

今日は最悪だった。

ついに長女がお昼ご飯の焼きそばを床に投げ散らし、長男は叫んで壁を殴り、私は子供たちに「顔も見たくない。みんな何も喋らずに私の前から出てってくれ」と叫んだ。

最悪だ。最悪の親子関係。

出て行きたい。一人になりたい。もうこんなのやめてしまいたい。

一人で頑張ってるのに。うまくいかない。

うまくいかない。私は一人じゃ何もできない。

今年もどうぞよろしくお願いします

12月一度も更新することなく、2019年が終わってしまいました。謎の湿疹に悩まされ、不眠と疲れで結構大変でした。今も治ってないのですが、少しマシになってきたかもしれません。

年末年始は、夫の誕生日や私たちの結婚記念日やクリスマス以上に辛いのです。ドイツでは大晦日はパーティーパーティーです。クリスマスは家族や親戚で集まって、日本のお正月のような和やかな特別感がありますが、大晦日は、友達と大騒ぎしてカウントダウンの瞬間は結構な量の花火でお祝いです。そして、シャンペンで乾杯。カップルはハグやキス。これまで何度も友達や親戚と年末年始をドイツで過ごして、この瞬間がとても辛いことを実感してきました。

また新しい一年と立ち向かうんだ。夫はいないのに。というのを究極に実感するのです。2番目、3番目に私にハグしにきてくれる親戚や友達。私は誰の1番でもないことをまた実感するこの瞬間。

これを味わいたくなくて、なんと今回は、子供達と田舎のホテルで3日間過ごしてきました!子供達も喜びそうなリゾート地を選んで、こじんまりしたホテルで部屋でくつろいでいたら、いつの間にかカウントダウンが終わっていた、という、とても穏やかな年明けでした。ホテルのレストランで朝食夕食がついている、というプランを選んだのですが、田舎のホテルなのに、すごくお料理が美味しくて、特に大晦日の特別メニューは素晴らしかったです。田舎らしく、老人の団体や、中年夫婦はいたけど、他に若い夫婦や家族連れがいなかったことも、落ち着けました。

2020年は穏やかでいい一年になりますように。

趣味のダンスについても、いろいろ書きたいことが溜まっています。今年はもう少し頻繁に書き綴っていけたらいいなと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。