ワクチン進み日常復活?行政への怒り

しばらくブログを書けないでいました。なんだろう、なぜか夜、コンピューターに向かえなかった。コロナの抗原検査が街中のいたるところでできるようになって、完璧に習慣化となったこの2ヶ月。子供たちは学校でも週2回検査。友達と会う前にも検査。でも、ずっと接触制限があって、同居家族以外プラス1人のみ、というようなルールもありました。

それと同時に、ワクチン接種もどんどん進んでいっています。最初は医療従事者、80歳以上の高齢者、老人ホーム入居者そして、79歳から年齢が徐々に下がって、学校の先生や、幼稚園の先生、放課後クラブのリーダーたちなど、不特定多数の子供と接する仕事に就く人、などが優先されました。警察や救急隊も。

ここまでは、良かったのですが、今は60歳以上の高齢者、そして、スーパーやドラッグストアの店員から社員まで、美容師さんや足のマッサージの人ときて、なぜか、税理士さんや会計士さんも枠に入っています。あとは、介護の必要のある人ひとりにつき2人まで、妊婦さん1人につき2人まで、とか。とにかくここが多い。持病も、喘息、高血圧、太り過ぎ、まで入ってきています。そして、ホームレスの人、ドラッグ中毒者、難民施設に住む難民たちも接種が終わったはずです。

そんなこんなしていたら、人口の半分以上の接種があっという間に終わって、コロナ自体も日に日に減っていき、ワクチンを接種した人は、テストの義務なく、お店に入れる、などとなり、おまけに今日からレストランやカフェも室内屋外ともにオープン!(ワクチン接種者、コロナ完治者は、その証明を見せる。そのほかの人は24時間以内の抗原検査の結果が必要)

接触制限も3家族10人までになって、ワクチンを受けた人と、コロナにかかって治った人は、その人数から除外されるということに!!

数週間前から、私は怒っています。なぜかというと、私は、これまでのどのカテゴリーにも属していないので、まだワクチンを受けていないからです。なんだかんだいって、周囲はほぼみんな接種したというのに。

死別家庭が優先されないのはおかしいと思いませんか?

子供達は既に1人の親を失っているのに。コロナでたくさんの孤児が世界中で生まれているというのに、なんで行政はこんなことに気づいてくれないのだろう?

若くして配偶者を失って子供を育てる死別シングル家庭は、先進国では本当に本当に数が少ないから、忘れられてしまったのだろうか?

地元の保健局、役所に電話しても、かかりつけのお医者さんに相談してください、申し訳ないけどガイドラインに沿って動いているだけだから、という、なんともそっけない返事で。かかりつけの医者も忙しく、なかなか予約が取れなくて、やっと来週会えるのだけど、訴えたところで、待ちのリストに入れてもらえるかどうか、といったところだろう。そうこうしているうちに、こちらではもうすぐ12歳から17歳の子供達への接種も始まるという。

おかしい。子供達は、もうパパを失っている。もうたった1人しか残っていない私を失うかもしれない、という不安を与えるべきではない。私にはワクチン接種が優先される権利があると、思うのだ。

でも、それに気づいて、私が行動するのが遅すぎた。先週から怒りまくっている長女も私も、政府、大臣、地元のトップなどに、メールやメッセンジャーで直接嘆願の長文を送ったけれど、今更政府の方針は変わらない。いくつか丁寧な返事が返ってきたけど、何も状況は変わっちゃいない。

遠くに住んでるおじいちゃんが介護の段階になってて、でも、もう親は仕事関係でワクチンを接種済みだから、と、18歳くらいの孫がワクチンを優先的に受けたり、全く人に会わず、ホームオフィスできる会計士が優先されて、死別のひとり親が優先されないのは、本当に、行政に想像力がないとしか言えない。

久しぶりに本当に悲しくて、頭にきて、行動しまくっている。

ワクチンが受けたい気持ちはもちろんだけど、それよりも、この死別家庭の存在をもう少し気づいて欲しいという気持ちの方が強いかもしれない。ワクチンを受けてない人が、だいぶ少なくなってきて、私は、セカンドクラス、サードクラスの市民なのか?というような気持ちにさえなる。

私が泣いていたら、長女も一緒に泣いて、言った。「パパが死んでから、いろんな機会に、特別悲しいなとか辛いなとか思うことがあるけど、まさに今も、そう。なんで私たちのような家庭が考慮されないの?」と。

世の中は不条理で不公平なんだよ、と長男が。

悲しい。今日は友達はレストランで食事に行ったり、ホリデーに行ったりしているようだが、まだ怖さがあり、皆と同じようにワクチンを受けられていない私は、そんな気持ちにもなれない。

コロナが減ってきていることは嬉しい。ワクチン接種者が増えていることは、私にとってもいいことなのはわかっている。順番を待っている人がまだまだいることもわかっている。ただ、悔しい。

こんな世界の危機はもうないとは思うけど、死別家庭がないがしろにされないように、今後ももう少し行政にアプローチしていきたいと思う。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です