久々に酷い映画を見た 笑

雪遊びで疲れ、オンラインホームスクールに疲れ、下の子供達は早く寝てしまうし、ティーンの子たちは部屋にこもるし、私の夜のひとり時間はとても長い。

また映画でも見ようと、アマゾンプライムで検索。簡単に楽に見れるのがいいなぁと探して、ピンと来たのが、これ。「恋とスフレと娘とわたし」前半30分は面白く見れた。

娘3人のうち上の2人は結婚。死別して娘を1人で育て上げた主人公は、もうずっとシングルで、娘たちと濃厚な関係を保つ。悪く言えば、すごい干渉。末っ子に彼氏がいないことを気に病み、娘の彼氏作りに奮闘する。

わたしも娘が3人いるし、3人とも性格が違うし、わたしとの関係も違うし、大人になってこんなになんでも話し合えて、いっぱい時間を過ごせたら楽しいだろうなーという気持ちで見ていたが、だんだん話が現実離れしていく。

末っ子には急にタイプの正反対の2人のイケメン彼氏ができ、なぜか結構長いこと二股を続け、2人から本気で愛される。そして、主人公の母親にも彼氏ができる。

ところどころ、品のないジョークやウケ狙いの場面があったりで、なんとも言えない気持ちになる映画だった。

せっかくだから最後まで見たし、女優さんも皆綺麗でよかったけど、久しぶりに「こりゃ酷いな」という感想の映画を見てしまった。

この数年で見た映画で、わたしの中でのベストは「ジョーカー」だ。わたし、やっぱり、もっと重たいテーマの映画が好きなのかも。

今夜は、わたしの大好きな「レミゼラブル」を娘と見る予定。楽しみだなー!

大雪2日目積雪30センチ

こんなに雪を見たのはスキー場以外で初めてです。一昨日の夜中から降り始めた雪はすでに積雪30センチ以上。今も降り続けています。昼間の最高気温ですらマイナス8度とか。

ドイツでは車のタイヤを冬は冬タイヤに替えるけど、こんな雪は想定外なのでしょう。今朝、雪で遊びたい末っ子と散歩に出たら、スコップで雪をかき分けながら止まりながら悪戦苦闘する車を何台か見ました。バスもストップ。パン屋も閉店してました。こんなの初めてです。

雪かきはドイツでは義務です。雪かきしてなくて、家の前で人が転んで怪我をしたら、その家の人が責任を負うことになるのだそう。だから、今朝も雪かきしている人だらけでした。うちは、隣の人が道までやってくれるので、隣の人の玄関から、うちの玄関前をすればいいので、それほどの距離はないのだけど、昨日も今日も朝晩2回やりました。

まぁ、子供は元気元気。すっぽり膝上まで雪に埋もれる形に大興奮で、山のように積もった庭で半日遊んでいました。まだまだ吹雪いているのに。明日明後日は、少し晴れ間も見えるそうだけど、終日氷点下の日々はまだまだ1週間以上続くそう。ヒェ〜。

湖が凍って、氷が12センチだったかな、そのくらい張ったら、市がオッケーを出して、その上でスケートや、ホットワインの屋台が出るらしい。あ。でも、コロナだから、そんなこともきっとないか。家に閉じこもって、子供が雪遊びするのを眺めることにします。クリスマスの時に買いだめしたホットワインがまだあるので、それでも飲もうっと。

映画「マザー」を見た

埼玉で起こった少年が祖父母を刺し殺した実話をもとにしたと言われる映画「マザー」を見た。ちょっと苦しくなるような、暗い映画、実は好きだ。

見てよかったけど、心が重たくなる映画だった。今の日本でこんな親子がいるなんて。悲しすぎる。行政の関与もあり、生活保護を受けていた時期もあったのに、危うい方向へ自ら進み、母親は働く様子は微塵もなく、前夫からの養育費も入っていたのに、息子を使い、幾らかばかりのお金を借りまくり、そのうちに息子の仕事を当てにし、最後は息子に自分の親を殺させる。

こんな親がいるのだろうか。自分も息子も刑を受ける段階になっても、「息子が勝手に殺したこと。指示したことはない」と反省の様子もない。親だったら、子供を庇うのが普通じゃないのか?この息子は、どうして母親の元を離れなかったのか?

母子の共依存っていうのかなぁ、こういうのを。

主人公の少年を演じた役者さんは、「恋する母たち」にも出ていた奥平大兼さん。こんな酷い母親役は長澤まさみさん。わがままで、誰とでもエッチをして、子連れでホームレス状態になって路上生活をするような自堕落な女性だけど、やっぱり長澤まさみは手足も長いし、綺麗すぎて、ちょっと現実味がなかったけど、綺麗だったから見れたのかもしれない、とも思ってしまった。

邦画大好き。コロナの自粛はまだまだ続きそうなので、もっと見ていきたいな。

今日も泣く

長女と折りが合わず、今日も泣いてしまった。長女とは本音で話し合えるが、その分、衝突も多い。なにせ私と性格が正反対。彼女は完璧主義だし、相当な努力家だし、頑固でど真面目だ。悪くいえば融通性がなく、人に誤解もされやすい。

死別したら、どうしても亡くなった人を美化してしまうものだが、長女も、父親のことを完璧に尊敬している。私と衝突するたびに、娘は父親のいない辛さにぶち当たる。そして私も夫のいない辛さを痛感する。共倒れだ。

夫だって厳しい面はあったから、反抗的な娘をしかったはずだと思うのだが、娘の中ではパパは完全に優しいパパのままで残っている。

どうしたって私には分が悪い。私はママであり、パパの役割もしつつ、一家をまとめていかなくてはならない。長女はしっかりしている分、ついつい頼ってしまって、かわいそうなことをさせていると分かっているのだが、だから、こうやって子供らしく反抗しているのは悪いことではないと分かっているのだが、心が折れる。疲労する。

同じシングルマザーでも、離婚の場合だったら、特にこちらでは、子供達はパパと十分に時間を過ごせるので(週末は父親のところで過ごす。週の半分は父親と住むなど)そういう難しい面も協力したりできるのかなーと想像する。別の難しい面はあるとは思うけれど。

ティーンエイジャーは難しい。ホルモンのバランスと、コロナのストレスと。