寂しくて泣く夜&死別の悲しい統計

子育てってうまくいかないなぁ。反抗的だけならまだしも、兄弟喧嘩が頻繁すぎて、なんとも生意気で、かと思ったら覇気がないんじゃない?というような子供達に囲まれ、本当にたまに本気でイライラする。ホームスクールだし、友達とも遊べないし、みんなのストレスもピークなのかもしれない。雨も多いしなぁ。

なんだか、本当に寂しくて、私、一人で何やってるんだろう?なんで夫はいないんだろう?と久しぶりに結構泣いた。泣いたらスッキリしたけど、目が痛い。

そして、フェイスブックで死別に関する統計を見てしまった。アメリカの死別者向けグループのページが発表したものだ。

「毎年80万人の人が配偶者と死別しているって知っていましたか?そのうちの70万人が女性だと知っていましたか?多くの死別者が貧困に苦しんでいると知っていましたか?配偶者との死別はストレスレベルで最高のレベルとみなされていることを知っていましたか?配偶者と死別した60%の人は12ヶ月以内に大きな病気をすることを知っていましたか?死別経験者のほとんどが睡眠障害に苦しむことを知っていましたか?ほとんどの死別経験者は75%のサポートを配偶者を亡くした後失うことを知っていましたか?ほとんどの死別経験者が、一年以内に配偶者の家族や親戚と関係が希薄になることを知っていましたか?配偶者を亡くした悲しさから、本当に死に至るケースもあることを知っていましたか?配偶者と死別した30%の人は、6ヶ月以内に大きな死の危機にあっています。周りの死別経験者に優しくしてください。彼らがどんな苦しみを一人で味わっているか想像もつかないでしょう」

というメッセージだ。

私は妊婦だったし、夫の実家の近くに引っ越してきたので、夫の家族とは希薄になるどころか関係は密になったが、睡眠障害は当てはまるし、歯も抜く羽目になったし、ストレスレベルは本当に最高だった。

今日のように子育てで疲れ悩み、一人泣く夜。夫が恋しい。

FFP2マスクなどの医療用マスク着用義務化

ロックダウン延長が最低でも2月14日まで延長されることが決まり、先日書いたバイエルン州では始まっていたF F P2マスク(サージカルマスクなどの医療用マスクでも良い)の義務化がドイツ国内全体で始まりました。

毎日2万人前後の新規感染者がいて、千人前後毎日コロナで亡くなっていっています。異常な状況。

友達とも会えないし、もう結構精神的に限界。週末は仲良しの日本人数人でオンラインで飲み会をすることにしました。

今日の夕食はカツ丼。豚肉が安くて美味しいので、ドイツにきてから豚肉料理が増えました。生姜焼きかとんかつにすることがやっぱり多いのですが、子供達のリクエストで、今夜はカツ丼に決まりです。

実家の親とライン電話をしていたら、なんと骨折したそう。家の中でこけただけで、骨折。親も老けてきたのだなぁと思います。今年帰れるのかな。私たち。日本に飛べるのかな。多分無理だろうなぁ。

マスクの話 布マスクなんてアウト!

コロナが猛威をふるうドイツ、今日からバイエルン州では公共交通機関、スーパーマーケット、薬局、病院、食べ物のマーケット、とにかくロックダウン中の今普通の生活をしている中でのほとんど全ての外出において、15歳以上のF F P2マスクの着用が義務化となりました。ごっつい見た目の医療用防護マスクです。サージカルマスク(不織布マスク)でもダメ、布マスクなんてとんでもない!という状態になっています。

私はバイエルン州には住んでいなくて、この3ヶ月くらい、スイスのメーカーのリビングガード というマスクを使用しています。布マスクですが、特許をとっていてF F P2マスクと同様の効果がある、週に1回水洗いすれば10ヶ月程度使えるので、経済的というのが売りです。でも、どうやら、バイエルン州では、このマスクが今後公に認められるかどうかはわからないようです。

私の州でも、きっとF F P2マスクの義務化が進むでしょうから、今日子供達の分も買いこみました。一つ2ユーロ弱。使い捨ては勿体無いので、オーブンで80度で殺菌できるという裏技も、先ほどドイツ人友達から教えてもらいました。

秋までは、家の古い洋服でマスクを手作りして楽しんでいたのに、状況がどんどん悪くなる中、布マスクじゃ怖いな、と自分でも思っていたので、この流れは自然といえば自然です。すでにクリスマス前には、65歳以上の高齢者にはF F P2マスクが確か一人当たり3枚、無料で配られたはずです。

でも、街の中で全員がごっついごっつい防護マスクつけてるって、ほんと、異常事態。すごい時代にいるんだなと感じます。

昨夜、医療に関心を持つ長女が心臓のことを色々聞いてきて、夫の解剖結果を経ての死因について尋ねてきました。あの時のことがまた蘇ってきて、きつかったけど、正直に伝えました。私の中では、死というのは遠いテーマじゃないだけに、この変異型コロナがすごい脅威となってヨーロッパーに広まってくることに恐怖を覚えます。

夫の死後の私の人生は子供を育て上げるため、ある意味、私の半分は夫と一緒に亡くなってて、今の私の人生はある意味ボーナス、っていうような気持ちもあるけど、コロナで重症化にはなりたくない、本当に怖い、という気持ちもあります。

心配性の夫が生きていたら、彼は本当に私以上に気をつけまくって神経質になってるかもなぁと思います。夫の知らないことがどんどん世界で起こっている。月日は確実に立っている。

ホームスクールのストレス

息子にイラついた。信じられない時間管理能力の乏しさ。今朝は久しぶりに学校に美術の課題を持っていくというので、自転車では大変だろうと思い、車で送っていく約束となっていた。先生の締め切りは11時。少し早くつくためにも10時半には家を出ようということに。

昨日の時点でほぼ完成していたなと思っていたのに、朝8時、まだまだ色々部品を切っている。「間に合うの?」と聞くと、大丈夫大丈夫と余裕の返事。10時10分には次女がオンラインで授業があるので、私のコンピューターを部屋に持っていくという段取りに。念のために、長男にもそれを伝える。長男はiPadを愛用しているが、印刷類は、私のコンピューターからやるので、もしもプリントアウトするものがあるならと念のために聞いてみたら、「うん、あるよ、いっぱい」と平然と答える。その時点で9時過ぎ。美術の模型は未だ完成していないし、朝食も食べてないし、シャワーも浴びてない。一体どういうことになってるの??あなたの時間管理はどうなってる???!私の怒声が響くのに、大丈夫だいじょうぶと、変な余裕。

結局9時半過ぎに完成し、庭に持って行き、写真を撮り、それをコンピューターからプリントアウト始めたのは10時。しかもいっぱいあって、カラーだし、時間がかかるかかる。私はイライラしているのに、次女のオンラインレッスン前直前に終了。ホッ。

イライラしたまま、長男を学校に送る。車の中で「もしも、インクがなかったり、プリンターが動かなかったりしたらどういうつもりだったの?少なくとも前日の夜には全て完成しておくべきでしょう?冬休みもゆっくりあったんでしょう」と説教。「うん、でも、どうにかなると思って」という長男。「でも、うん、ごめん」という素直な部分もまだ、ある。

生意気で正義感溢れる長女、優しくて社交性たっぷりの長男、個性的だけど気が強くできることも多いけど苦手なことも多い次女、そして末っ子の三女はさらりとなんでもやってのけそうなタイプで悠々としている。4人それぞれ。得意なことも、成績も性格も皆違う。

学校のことは、基本的に子供達に任せているし、成績や宿題に色々口出ししないが、最低限の締め切りは守って欲しいし、本人なりの努力をして欲しい。

ホームスクールでずっと家に子供がいるって本当にめんどくさい!学校で習って欲しいことも、家でやっているから、本当に先生方には頭がさがる。早く学校再開してーーーーー!!

肩激痛5時起き

何と4時55分から起きている。肩が痛くて痛くて目が覚めてしまったのだ。

ホームスクールだから8時まで寝れるはずなのに。寝返りも打てず動けないほどの左肩の痛み。まだ早いし、とにかくじっとしよう、騒いでも仕方ない、と自分に言い聞かせ、寝る努力をし、でも結局ねれずに超スローモーションでストレッチをして、なんとかベッドから起き上がった。痛かったー。

次女に特別ソフトバージョンで肩もみをお願いし、朝からお風呂に入りあったまって、とにかくゆっくりゆっくり行動して、ストレッチをして、何とか午前を乗り切った。

寝違えたのかな。こんなの初めて。午後からは大丈夫だったけど、変な肩こりの後、という感じ。

もうすぐベッドタイムだけど、寝るのが怖い。明日もこんなだったらどうしよう。身体が痛いって、ほんと辛いな。

ホームスクール初日

冬休みも終わって、今日から学校。とは言っても、ロックダウン中。学校も幼稚園も閉鎖で、キーワーカーと呼ばれる職業(病院関係、警察など)に就いていて、他に家で子供を見る人をアレンジすることができない家庭の子供のみ、幼稚園や学校の特別クラスに通うことができる。

そのほかの大多数の子供達は、家でホームスクールだ。大きな子供達はオンラインで授業やミーティングがあったが、うちの子の小学校はオンラインプログラムはほんのわずかで、あとは、プリントがどっさり渡された。結局、新しいことは、自分で家で親と学べ、っていうことだよねとおもった。まだ小学校だから、ドイツ語以外は、私が教えることも可能だが、ホームスクールって、すごい親の負担だ。

印刷類もいっぱいあるし、紙やインクもすぐになくなりそうな勢い。

私のコンピューターも子供が使うから、なかなか思うように自分の時間が取れないし、慣れるまではみんなちょっとストレスかも。

寒いし、小雨だし、ちょっと気が晴れなかったから、夕食はちょっと豪華にしたいなと思って、クリスマスに食べて美味しかったラム肉を少量買いに行った。それで、カレーを作って、ナンブレッド(市販品)と一緒に夕食にしたら、子供達大喜び。

ロックダウン中の楽しみは食事がすごい割合を占める。

映画「ヘルプ 心がつなぐストーリー」

名画。ちょっと下の子供たちには難しいかなと思うけど、もう5、6回家で見ているDVD。1960年代のミシシッピ州で黒人メイドたちの状況と、それに興味を持つ白人ジャーナリストとの交流と騒動が描かれる。

難しいテーマだけど、メイドの一人が、人種差別甚だしい、ひどい白人雇い主の女性にい不当に解雇されたあと、ちょっとした復讐のつもりで、自分の大便を入れた(!!)彼女が一番大好きなチョコレートケーキを持って、後日挨拶に行き、彼女がケーキを食べるのを眺める、というシーンが、下の子供達にはウケるようだ。

名優ぞろいだし、エマストーンは可愛いし、重たいテーマだけど、大事なことが描かれているので、ぜひオススメしたい。

明後日からドイツではホームスクール。8時過ぎにはオンラインレッスンが始まるので、また早起きの日々になる。今日から早寝させなきゃな。

下腹

下腹がやばい。コロナになって社交が減って、お酒の量もぐっと減ったはずだが、年末年始のだらけた生活もあり、下腹がやばい。

子供達からも笑われる始末。長女だけは、私に気を遣っているつもりで、4人目産む前までは痩せてたのにね、と、フォローにもならないことを言う。

もともと小さい胸も4人の授乳でさらに小さくなり、下腹は出て、本当に、こんなんじゃ終わってるなと思う。恋もしてないし、キスもしてない。

子供達がやっているバレエを私も子供から教わろうか、ごくたまに連絡を取っているサルサ好きな音楽家と一回だけやったサルサをユーチューブで始めてみようかな、と思う週末。地道な筋トレやヨガは向いてないなと、これまでの経験で感じている。エアロビクスだけは結構好きで続いていたことがあるから、またエアロビクスでもいいけど、家の中でやるには、うるさいかなぁ。

このコロナで、自分が結構インドア派だったことに気づいてしまった。人に会わなくても割と大丈夫になったし、動画や映画を見ていたら一人でも全然幸せだと思えてしまう。だから自分の下腹もそんなに気になっていなかった。

まずはビールを休もう。そしてチョコレートを断とう。体重よりも、見た目。ゴムのスカートとパンツはしばらく着ないでおこう。

義母のアップルケーキ

コロナで、高齢者が小さな子供や若者と接することが避けられるようになってからというもの、義母は週に最低2回は我が家のためにケーキを焼いて持って来てくれるようになった。

玄関の外に立って2メートルの距離を保ち、ケーキを私たちに渡して、子供達と2、3分話す。今日は小雪も舞い散る寒さで、それでも、こうやって子供達に少しでも会いたくて、やって来てくれる二人に感謝だ。

今日のケーキはアップルケーキだった。私はそのままで、子供達は少し温めてバニラアイスと一緒に食べた。外は本当に寒くて、今日も子供達は、三女が少し外で自転車に乗った以外は、みんな家に閉じこもっていた。

運動不足、刺激不足、行事も友達付き合いも減って、本当に子供達もかわいそうなものである。

ドイツのコロナ規制だが、11日の月曜からは接触制限も厳しくなる。屋内屋外にかかわらず、同居家族プラス一人までしか会ってはいけない。また、コロナ感染者の多い地域(1週間の新規感染者が人口十万人あたり200人を超える地域)に住んでいる人は、通勤などの事情を除き、15キロメートル以上移動することが禁じられる。

とにかく具体的に決まって指示がわかりやすいのは助かる。まぁ、そうでないと、きっと統一が取れないのだろうけど。しっかり決まればルールを守る、というドイツ人の国民性にもあっているのだろうな、とは思う。

息子の彼女来る&ZOOMでブッククラブ

あんまり子供のことを詳しく書いてないけど、ティーンの息子には秋から彼女がいる。とっても可愛い同級生の彼女は同じく4兄弟の2番目。我が家の兄弟喧嘩や騒がしい感じにも慣れていて、私たちも気兼ねなく彼女をいつでも迎えている。ロックダウンだし、大人数で遊べないし、大抵お互いの家を行き来したり、散歩したりして、うまく付き合っている感じだ。今日もうちに来たので、一緒にランチ。しかし、彼女はベジタリアン。肉が多い我が家だけど、彼女が来た時は、いつもベジタリアンのメニューで作る。今日はちょっと疲れていたので、トマトスープとパンとチーズとサラダ。こんな感じでもいいから、まぁ楽なんだけど。

長男はませていて、女の子が好きだが、長女は真面目で男っ気も全然ない。長女が彼氏を連れてくる日はいつかなー。

こっちの子供達はオープンなので、彼氏彼女ができたら割とすぐに家に連れてくる。もう少し年齢が大きくなったら、平日でもお泊まりも普通にあるらしい。女の子の親は、彼氏がいるならピルを飲むようにいうらしいし、16以上なら婦人科で親の許可なしで無料で(確か)ピルが処方されるらしい。すごいな。。。まぁそっちの方が健全なのかもしれないけど。このまま続けば、いつか、うちでもお泊まりが始まるのかな。。私の方がドキドキする。

ま、まだまだ可愛いもので、彼女は午後には帰っていって、夜は、私はズームでミーティングがあった。学校の親しいママ友に誘われてブッククラブに入っているのだ。読書クラブ。色々な国籍の女性9人のママ友で英語で本を読んで話し合うグループ。コロナで集まれないので、今夜はズームで近況報告。そして今みんなで読んでいる本の感想を言い合った。皆とても魅力的な女性でそれぞれの分野で活躍していて、キラキラしている。私ともう一人離婚している女性以外は、皆夫婦円満で、家族も仲良し。いい刺激になる。50代がほとんどで60代も一人。40代は私とあと二人かな。私もいつかあんな素敵な大人な女性になれるように、日々やっぱり頑張ろうと思う。

アメリカのワシントンの騒動の話になったので、今からニュースを見ておこう。