入院してました。。。。。

なんと、ドイツで初めての経験、私、緊急入院になってました。

コロナではありません。

湿疹です。

そう、湿疹が原因で、大学病院の皮膚専門病棟に入院していました。成り行きはこうです。。。話は3週間以上前に遡ります。

光線治療が効いていたと思っていたのに、やりはじめて4週目くらいからあんまり効果を感じず、5週目に差し掛かり、時間も5分半を超えるほどになっても、湿疹は増えるばかり。あまりの醜さに、かかりつけの皮膚科の先生に訴え、先生も納得、次の段階「皮膚検査」へ。皮膚の一部を切り取って、研究所に送る検査です。皮膚科で背中2箇所の小さな「手術」の処置を受け、傷跡も縫われて、2週間後に抜糸の予約を取り、帰宅。結果が出るまでどのくらいかかるのかも聞き忘れたし、何より、今ある、この、痒くてたまらない醜い湿疹をどうにかして欲しいのに、どの薬もきかない。

家にあるクリームや薬でごまかして、ちょっとした睡眠薬を処方してもらって、なんとか過ごしていたのですが。皮膚検査翌日の夜に、足の脛と腕の一部がすごい状態に。皮膚がなくなって、肉片が見えるような状態になり、その部分が盛り上がって足全体がむくんでいる。腕も傷だらけ。それなのに、その部分は痛みも痒みもない。だけど、汁も出るし、どうしようと思って、子供達に久しぶりに皮膚を見せたら、長女がパニック状態に。

そして、すぐに救急センターに電話。このままだったら、感染の危険もあるだろうし、消毒応急処置が必要だと言われ、すぐに家のそばの緊急病棟へ。そこで、応急処置を受け、大学の皮膚クリニックに行くように言われる。

22時を過ぎて、皮膚科に着くと、夜勤の若い女性の先生が、私の肌の状態を見て衝撃を受けて、すぐに入院だという。

そこからの話はまた次回に書くとして。。。

というわけで、思いがけず皮膚科に入院していました。もう肌自体はだいぶ治りはじめて、家に戻っていますのでご心配なく。

ドイツの入院経験もいろいろと勉強になったので、近々書いていこうと思います。

7月突入。夏休み突入。日本恋しい

私の住む州はもう夏休みに入ってしまいました。はやっ!子供達は最終日に今学年最後の通知表をもらって来ましたが、コロナで休校状態が続いていたので、通知表の評価がちゃんと出せず、前回と同じ通知表の結果、ということに。子供のやる気も削がれる感じです。

だらだら状態のまま夏休みに突入。

本当だったら今頃は機上の人。日本に向かっていたはずなのに。コロナは落ち着いているようで、全然落ち着いてない。ドイツでは精肉工場の会社で大規模なクラスターが発生し、周辺の町もロックダウンになりました。2000人感染とか、規模が大きくてびっくりします。

従業員の多くは東ヨーロッパからの出稼ぎの人も多くて、住居環境もよくなかったそうです。そういうことを全て改善していく必要があり、そうなると必然的にお肉の値段もグッと上がるそうです。

コロナが収まったあとも、値上がりやら失業やらで、いろいろ大変なことは間違えなし。

日本は国民一人当たり10万円支給されたそうですが、こちらは、子供一人に対して300ユーロ(感覚的には3万ちょっと)が支給されるらしいです。うちは4人だから1200ユーロ。

旅行に行こうか、テレビを買い替えようか。いや、貯金して、お肉代に消えていくのか。

これから6週間の夏休み。どうなるんだろうなー。日本に帰りたかったよ。とほほ。